『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

退職|『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。ここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、実際では退職を受け入れられたのは同年11月です。本音は年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての職場に対して愛想が尽きました。

退職|このところ私は派遣会社に入っています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイト上で気の向くままに自分にぴったりの仕事を発見し問い合わせたところ「そのお仕事はもうすでに他の方で話が進んでいます」と言われ瞬間的にウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になれば元に戻っています。これって結局私だとダメっていうことですよね。そういうことであれば最初からカドが立たない程度ではっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。そうでなければもしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

今の自らの勤め先や仕事に対する少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在の自らの仕事や職場に関して、不満の中に、「自身の持っている資格やスキルを誠実に評価してくれない」そして、「年収は平行線だし、将来的な昇進も期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自分のスキル・能力を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と休職期間が伸びる可能性が高くなってしまいます。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから再就職を円滑に行うためにも、自身のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

この話は知人から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は兄の知人の話です。就職活動を始めて新卒でどうしても入りたかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、それから後仕方なく他の会社につきました。それから1年経過した頃に派遣の求人サイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなりその時の会社を直ちに退職し、A社での派遣の就業を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってその後予定通りにA社で正社員として仕事をすることができ、今となってはやりがいを持って元気に働いています。

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件の量も多いので、…

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される求人情報が豊富なため、関心のある2~3社を、とりあえず転職サイトに登録した上で、年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることができます。でも、初めだけは登録するのが少々大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを頭に入れておきましょう。

退職|仕事を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。

職を変えた場合には、だいたいの場合は前の仕事はたいていは美化された記憶となります。実を言えば今の会社に合っていないと思ったから、前向きな思いでどうにか転職したはずにも関わらず、時の流れとともにどうしてかわからないけれど転職した会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じることが増えてきます。というのもそれもそのはず、前の職場では仕事に慣れ切っていて苦労なく日常の業務ができていたからが、もっとも根底にあるはずです。実際は「退職などするべきでなかった」と心底感じるほど、前の会社のほうが報酬も仕事に対してやりがいがある可能性もあります。

退職|転職するため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容…

転職するため職探しをするときに注意して欲しい求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めであるというものです。こういった求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料形態に残業代を組み込むというシステムになります。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という話になります。けれども、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』を記載していないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。

退職|今あなたが、「転職サイト」を活用して自身の希望条件にマッチした…

あなたが今、「転職サイト」を利用して自らの能力を思う存分発揮できるような将来性のある企業情報をあれこれ見ているのなら、有効な手段といえるのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。それは、比べようがないほどにとても高品質といえます。かつ、あなたの希望にに合ったものを調査しながら紹介してくれます。そのおかげで、あなたの希望の職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに調べていくことと比べれば、とても効率的ですし、転職を成功させる近道といえます。

退職|派遣というかたちで働いています。

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法の関係で不本意にも長い期間働いた就業先での就業を終了しなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣で働いている会社で正規社員としての契約をゲットした方もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事の能力というよりは派遣先上司へのあしらいがうまい方でそれが採用の決め手となった模様。仕事を遂行する能力よりもおじさん転がし能力の方が大切なんだねーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と派遣先の会社で毎日文句を言ってます。

転職のための活動をしているときは、まずゼッタイに内心・・

転職をする活動中はとにかく、なにはともあれゼッタイに心のうちが沈着であることをとても忘れないようにしたいものです。働きながら転職のための活動を行う場合はたいして気にしなくても良いですが、退職後に行うのであれば、かなり心が焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そして、候補の職場と比較してみて、それらが合致してるか、徹底的に見極めましょう。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。

退職|転職の面接で決まっているかのように問われるのは会社を辞…

転職時の面接で高い確率で問われるのは前の職を辞職したのかという話です。このような質問になった時には話の内容を退職した会社に向けない方がベストです。退職理由が話の中心となって進んでいくと必然的にマイナス面を伴った話題になってしまうので。どういう風に進めればいいかというとどうして前の会社を辞めたのかという事をぜひともこちらの会社に入社したかった理由があるといった感じに進めるべきであり、今、自分が入社したい会社にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消し良い面を押し出した辞職の訳にすることができます。

転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではない・・

転職するための期間中は、知らず知らずのうちに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そういった生活に慣れてしまうのは危険です。というのも、だれた生活が当たり前になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。気づけば、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困ってしまうかもしれません。そんな状態になると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先が決められません。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えるようになるからです。給料を最優先事項に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動と向き合うことで、…

期待をもって転職活動と向き合っていけば、メンタル面での重荷が減るので、転職活動の間に堕落はしないですみます。そのうえメンタル部分が損なわれていない分、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。そのためには、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが大切です。現在の会社に勤務しながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが理想的です。隙間のない探し方をすることで、今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうすると、働いていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、転職の時に不利になることがないということです。先を見据えて、円滑に転職活動を進めてみましょう。

転職をするにあたっては前もって、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たり…

転職活動を始めるとき、最初に、求人票やパンフレット、WEBサイトなどでその会社のことを調べるのですが、とはいっても、当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の「社長インタビュー」などに関しては、それを事実として見るのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて辞めさせないよう仕向けてきます。この種のブラック企業には気を付けましょう。

転職したい会社の会社見学ができれば、かなり参考になります。

転職しようと考えている会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。特に、技術を必要とされる業種なら、腕を見るのが楽しくもなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、普段の仕事現場を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社するまで、本来の姿は伺えないものです。そのため、仕事=見学で知った内容と解釈しないことが無難です。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですから選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証がないため、仮に、勧められてもていねいに断るほうが良いでしょう。

退職|新しい就業先では「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい仕事についてすぐはすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、はじめの年度は大概研修期間が含まれているというのが可能性が高いです。自らの転職では、やっと手にした仕事なのに、期待とは裏腹に前いた会社での年収とあまり差がありませんでした。それにプラスして、業務内容は多様で忙しく、かなり責任が伴うものだったので、最初の1年は、ひどく厳しかったです。そのような経緯から転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、可能ならば転職するよりも以前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。