あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(OR 業種)…

今から転職活動をするという時は、気になる求人(OR 職…

転職活動をしているなら、気になる求人(もしくは業種)を見るたびにマメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナスにあたる箇所は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索でカンタンにおおまかな実態を理解できます。そのような現実を知らずに入社してしまうと、あとから落胆してしまう可能性もあります。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合が多くを占めます。気になった案件について、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

退職|これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日…

シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方については前もって尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私自身、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日…

とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。けれども、当日行ってみると手違いがあったのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始終驚くほどだるそうな対応の状態のままひとまず面接は終わりました。でも、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、しかし、これも未達なので仕方がないので再度質問したところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用になりました」、とすぐに電話を切られてしまったのです。しばらく言葉も出ませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったとホッとしています。

退職|転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はたくさんいます。とはいえ、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、それに加えて転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運べば多くの企業の情報が得られ、それに加え、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する機会があった場合、面接を受けるのと同じようにしっかりと自分をアピールしましょう。仮にフェアを通して企業から気に入られれば、その後応募して面接に進む際に非常に有利となるからです。

求人サイトをチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人…

求人に係る情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういった人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしていたりします。実際に、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類されるお仕事もたくさんあります。ですが、製造業の勤務場所自体、オフィス街から距離があるので、そこがマイナスに感じられるかもしれません。しかし、こだわりを捨てて、良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

退職|転職するにあたり、今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません・・

転職を目前にしているなら、今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、仮にあなた自身が退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースではすぐさま失業保険が出るわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業が認定されれば直ちに失業保険がもらうことが可能です。

転職時の面接で着用するスーツの色においては、新卒の就職活動…

職を変える時に必要なスーツの色については、新卒の学生が就職活動の時に身に付けている色合いが無難です。要するに、紺や黒などのような落ち着いた色合いになるわけです。それは再就職の面接においても、ビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなカラーが多く、他の色のスーツの人はほぼ見かけることはありません。あえて言うならば、ごくたまにグレーを着ている人がいるくらいで、全体的には紺色や黒色のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、人事部から見てもそういった色であるほうが違和感なく見えますから、見た目の印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。

退職|再就職の面接での身なりは会社側からクールビズでもOK…

転職時の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズの格好で面接するのは本当は悪いのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する迷いを背負いこんでいる人たちに言っておきたいことが、企業側からクールビズでも良いとされている面接は言われたことを実行したほうが大丈夫です。疑心暗鬼になり、真夏なのにびしっとスーツを着込んでいくと暑苦しく感じられます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

退職|転職の採用面接を受けに行ったときのことです。

転職の面接を受けるため向かいました。会社の会議室が空きがないというわけで外のある場所で待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも自宅最寄駅が一緒。ですから電車の中においても面接官と一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、緊張が解けて面接よりお話が弾んで、それが原因か何の問題もなく採用を掴み取ることができました。

退職|今の時代の労働環境の慌ただしい変化において、働きざかりの世代の中で…

現在の会社や企業の雇用形態の激しい変移をにおいて、社会人の中で若者たちほど注目度が高いといわれています。転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そんなわけで、サラリーマン・労働者などの「流動化」が顕著になっているため、加えて、後々転職への関心度が強くなっていくのだと思われます。「流動化」が進むことで転職は当然のことと認識されていくでしょう。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「会社を辞めて転職」はそれだけで印象が悪く、事実、転職するのが困難な時代でもあったようです。けれども、時流が変わったせいもあり、現在の会社に執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業している間もらえる…

失業によって得られる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、驚くことに知らないでいつまでも遊んでいる人がいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで転職活動をしても条件のよい仕事を見つけるのは至難の業です。会社の面接官もアホウでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった内容はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接の時に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

この前仕事を探すために人材会社へ登録に行きました。

3日ほど前転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。そのときカウンセリングのために現れた担当者が見た感じ大学卒業後まもない社員のようで、こちらが説明していることの5割もわかってはいない感じです!それにもかかわらず「キャリアデザインに問題があります」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておく必要性があります」とか、私のことをすべて理解しているかのように偉そうに言うのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングをする人は多少はカウンセリングのスキルがある人にしてほしいと感じます。

退職|就職活動において、年収はとても大切な要素です。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際の年収より多く言って、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこでウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職での年収を正確に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

最近スマホで調べればネットで見られる世界では要する・・

近頃パソコンやスマホを使えばわかるけどネット上には、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分自身の目的にあった転職先と思えるのを見つけるには何よりも情報が大事ですから収集が欠かせません。こういうサイトをきっちり活用することで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

退職|在職中であるのなら、可能ならば、同僚に気づかれないように…

在職期間にあるときは、できたら、周囲が気づかないように、(自身のときは)在職中に転職したいという気持ちのみをはじめのうちに会社内で言ってみたことがありました。けれど、その後求人サイトを色々と見たものの、思いとは裏腹に就職先もタイミングすら何一つ進めていたので、いつの間にか時間を空費する結果に。そして一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経て次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

退職|もしあなたが転職したいと考えているなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしも転職を考えているなら、先に資格を取得することで選択肢が増えます。また、仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職の際でそれを生かせることができるので、新しい仕事を見つけやすくなります。というワケで、在任期間中に資格取得をするのが良いといえます。将来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を退職後も悔やむことなく次に進めます。そして、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で面接担当者に「即戦力」と見なされ、活躍しやすいのも特徴です。