あなたが転職活動中に、良いと思う求人(または業種)を見つけた・・

転職活動の際に、気になった求人(または職種)を見つけたら…

今後転職活動をするのなら、良いと思える求人(または業種)があれば、きちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索で一発で本来の姿を理解できるでしょう。そのような現実を知らずに会社に入ると、直後に痛い目に合うおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、入っても続かない」といったケースも多いので、気になった案件について、きちんとチェックした上で応募しましょう。

これはシフトがある仕事についての話です。

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、前に私は産休で休む人の代役として、正社員として就職したのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が土日に必ずでれる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。振り返ると異常な職場だったんだと思います。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパス・・

ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格したので、相手方から面接の日時を教えてもらいました。ところが、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、淡々と面接が終了しました。けれども、予定日になっても合否連絡が一切来ず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそこでまた問い合わせたところどういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて何も言えませんでしたが、本当は、採用されなくてよかったです。

転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいえ、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、同時に転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することで企業の情報に直接触れることができますし、加えて、そこで説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接と同じ緊張感を持って企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。フェアの最中に企業から気に入られれば、正式に応募して本格的な面接時にかなり有利になると予想できます。

退職|求人に係る情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほ・・

求人サイトを見る際、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。実際に、製造業の求人でも、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する職も多数あるのです。製造業がある場所はビジネス街のような華やかな感じではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。でも、自身のエゴをなくすことで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

退職|転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが…

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もしあなたの意志で退職願を書いて会社を去る、いわゆる依頼退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業が認定されれば即座に失業保険を受けとることができます。

転職の時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の就職活…

転職時の面接で着るスーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付ける色が一般的なルールとなっています。要するに、黒や紺色などのような暗いカラーになるわけです。それが、転職の場面であっても、ビジネススーツの色はこのような暗めのカラーが大方を占めそうでない色のスーツの人はあまり見かけることはありません。それ以外の色と言うと、グレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。たいていの場合は黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、面接を行う人事部から見てもそのような色が違和感なく感じます。ですから、第一印象という観点ではおすすめです。

退職|職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズで良いと…

再就職の時にする面接では企業側からクールビズでもOKとと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズで行くのは減点対象になるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズを指定された面接なのであれば、言われたことをそのまま行動に移したほうが堅いです。色々悩みすぎて、夏の真っ盛りの時期にしっかりとスーツを着用すると相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

転職における採用面接に転職したい会社へ向かいました。

転職における採用面接に訪ねました。その日に限って会社の部屋がすべて他の客でつまっているということで外のある場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接を行って、その場所で解散をして、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が一緒だったのです。そのため電車内においても面接官とずっと会話をしながら帰ることになり、おかけで緊張がほぐれ面接より話が弾み、それが奏功したのか問題なく採用も獲得することができました。

今現在の企業の雇用に対する考え方の変移に関して、働きざかりの世代の中で…

このように今現在の雇用形態が目まぐるしく変わってきたことに当たって、全世代の中で若い世代は鋭敏に感じ取って、多分、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。このため、労働者やサラリーマンの労働力の「流動化」が活溌になっているので、より将来、世代に関わらず転職への関心が増えていくのでしょう。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が普通に機能していた頃には、転職者は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思うようにいかず、困っていた人もあったようです。ところが、社会的な変化とともに現在の会社に固執する意味も必要性も減っているように感じます。

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業状態でなければもらえません・・

失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。それまで勤務してきた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、世の中には知らないで失業中である限りもらえると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り慌てて就職先を探し始めてもよい会社を探すのは難しいです。面接に応じる担当者もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ときには、面接の時にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた採用されません。

退職|先日転職先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

3日ほど前人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社してから間もない新入社員で、こちら側が説明している話の5割ほどもその社員は理解できてない感じでした。さらに悪いことに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「自分の強みをはっきりと知る必要性があります」とか、大上段から横柄に話すのですごく不愉快でした。カウンセラーはいくらか社会人経験がある方にしてほしいものです。

退職|就職活動において、ポイントになるのが年収です。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。面接では、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。現実の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性は普通はありません。もし、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

近頃パソコンを見ればネットのエリアには、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるもの…

この頃パソコンを使えばわかるけどインターネットのエリアには、要するに「転職のためのサイト」に類するものが数多くあったりします。サイトを見て自身の目的に合った転職先を見つけるためには、まず、情報を集めることが必要です。こんなサイトをしっかり利用することで効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

退職|雇用期間中は、できるだけ同僚にバレないよう(ちなみに私自身のと…

就労中は可能ならば、周りの人に気づかれないように、(私の例ですが)就労期間中に転身する気持ちのみを早いタイミングで周りの人間に仄めかしたことがあります。ところが、その顎、求人情報を散々探してみたのですが、転職先も仕事を変えるタイミングさえも何も煮詰まっていないままあっという間に時が過ぎてしまい、一方の会社の方も業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。

退職|もし転職するのなら、事前に資格を取得しておくことをお勧めします。

もしも将来、転職したいと考えているなら、考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、在職中に資格を取ると転職の際でそれを生かせるので、転職先の候補が増えるのです。ですので、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストな時期といえます。あなたが将来のために、実際に役に立つ資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。それに、資格取得後は転職先の面接で「即戦力」と見なされ、待遇も良くなる可能性があります。