これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(または業…

転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業界…

  • 将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業界)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のマイナス点は教えてもらえない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索で多くの事例に触れられるはずです。そのようなチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとになって後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出ていた理由が「仕事がキツイから入っても続かない」という場合も多いので、目に留まった案件・業種については、下調べをしてから応募しましょう。

  • 退職|これはシフトの仕事についての話です。

  • シフトのある仕事についてです。毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休む手順については、面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として勤めることになったのですが、土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。振り返ると本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • 退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格したので・・

  • とある古物商にて、書類選考に受かりました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日行ってみると相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、たいへんにだるそうな対応の状態のまま淡々と面接が終了しました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達でもう一度連絡をしたところ、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れて言葉を失いましたが、本当は、不採用で良かったと痛感しています。

  • 転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。そうとはいえ、転職の幅を広げたいのであれば、並行して転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、一度足を運べば複数の企業について知ることができ、その上、説明担当の企業スタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。仮に、転職フェアに参加する場合は、面接を受ける心構えでしっかりと準備をしておきましょう。その結果フェアに参加している間に、自分の能力や長所を企業が評価すれば、その後面接の本番時に非常に有利になると予想されます。

  • 求人をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」という人は…

  • 求人情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業に目を通さない人がいます。そのような人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。製造業での求人であっても製造マンだけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される仕事も結構多くあります。とはいえ、製造業は往々にしてビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、とはいえ、自身のこだわりを捨てることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

  • 転職に先立って今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もし自分から退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合はすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因でハローワークの担当者と口喧嘩をしているのを見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険が給付される。

  • 退職|転職時の面接で着るスーツの色合いは、新卒の就職活動の・・

  • 転職の時の面接で着るスーツの色においては、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けているカラーがベストです。要するに、紺色や黒色といった感じのようなダークな色合いになります。転職でも、スーツの色味はこういったような暗い感じのカラーが圧倒的に多くて、他の色のビジネススーツの人は少数です。それ以外だと、まれにグレー系を着ている方がわずかにいるほどです。全体的には紺色や黒色のスーツ派がほとんどを占めているので、人事側からしてもそのような色であるほうが自然に見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

  • 転職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと事前に言われる時もあります。ですが・・

  • 再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズで来てくださいとと書かれている場合もあります。ですが、クールビズで面接に行くのは駄目なのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている人たちに進言したいのは、企業側からクールビズでも良いとされている面接においては伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが大丈夫です。迷いすぎて、猛暑の中クールビズでないのは逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 転職のための採用面接に転職したい会社へ出向きました。

  • 転職のための採用面接にとある会社に向かいました。その日に限って会社の会議室や応接室が空いておらず外の会場で面接官と待ち合わせて採用面接を行い、そのまま解散して、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車内でもずっと世間話をしながら帰宅することになり、結果として打ち解け面接よりお話が弾み、それが奏功したのか幸運にも採用を勝ちとることができました。

  • 退職|今の時代の労働環境が目まぐるしく変わってきたことにおい…

  • 現在の雇用形態が慌ただしく変わってきたことについて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代は敏感に感じ取って自らの将来を見据えた動きなのでしょう。このため、サラリーマン・労働者といった層の労働市場の「流動化」が顕著になっているため、一層、今後、世代に関わらず転職についての関心が増加していくと思います。労働力の「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」があった時代には、「転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、事実、転職が難しい時代でもあったのです。けれども、今ではこの事も全く当たらず今現在の会社に固執する意味が段々と薄れてきています。

  • 退職|失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になります…

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、このような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。期間の制限ががないと思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから慌てて職探しを始めてもロクなところが見つからない可能性が高い。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。運が悪ければ、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受かりません。

  • 数日前転職のために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 仕事を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の方がどうも入社間もない新入社員のようで、こちらが説明をしていることの半分もわかっていない感じでした。にもかかわらず「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが必要です」とか、一人前の話を横柄に言うからすっごく不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人を経験している人にしてほしいです。

  • 就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

  • 就職活動において、必ず話題になるのが年収です。現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。ここで実際の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、もし一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

  • 退職|この頃はパソコンやスマホで調べればネットで見られる世界では…

  • 最近PCを使えばわかるけどインターネット上では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに点在しています。サイトから自分自身の目的に合った転職先を見いだすにはなんといっても情報が大事ですから収集です。こんな「転職サイト」を上手く活用することで、効率的な転職を叶えられます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、しっかりチェックしてみてください。

  • 雇用中はなるべく社内の人間にバレないよう(自身の経験談です…

  • 雇用期間中なら、可能ならば、周りの人にバレないように(自身の場合)雇用中に転職する意図だけをはじめの時期に周りの人間に話してみました。だが、その後転職サイトを色々とチェックしてみたのですが、結局転職先も仕事を変えるタイミングも計画も立てずに進めていたので、ズルズルと時間を空費する結果に。その一方で、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経て次の就職先を探すことになりました。

  • もしも転職したいと考えているなら、前もって資格を取るのがおすすめです。

  • もしも転職を視野に入れているなら、資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、在職中に資格を取っておけば、転職時には有効活用することができますから、仕事を探しやすくなります。こういった理由から、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適といえます。将来を見据え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。それに加えて、資格を取得した後では、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に担当者に「即戦力」と認められ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。