これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(業種・・

退職|将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業界…

今後転職活動をされるなら、気になった求人(もしくは業種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界のデメリットなどは、知ることができる確率は低いです。ネットで調べればインターネット検索を活用することでいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういう実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、のちに入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそも求人が出ていた理由が「内容がキツイから人が辞めて穴が開く」という場合が少なくないため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

シフトの仕事についての話です。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休む方法については、確認しておいたほうが良いです。以前に私自身が、出産のため休む人の代理として正社員として働き始めたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば「よく耐えたな」と。

ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格しました。す…

とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。その後面接の日時について担当者から連絡をもらい、ですが、当日、指定場所まで行ってみると、どうしてか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんに面倒くさそうな態度を見せて淡々と面接が終了しました。が、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もどかしくなり、私のほうから問い合わせてみると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、仕方なくまた質問したところ、驚くことに、「残念ですが不採用になりました」、とその直後、電話を切られてしまいました。しばらく絶句してしまったのですが、率直に、採用されなくて良かったと痛感しています。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動することは今では当たり前のことです。しかしながら、転職活動の成果をもっと高めたいなら、並行して転職フェアに行くのがよいでしょう。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことにより複数の企業に関する情報に触れることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、1次面接に行くつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それが功を奏してフェアでの交流を通じて、企業側から欲しい人材と思われれば、後日応募して面接等に進む時に有利になることが期待できます。

退職|求人情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、…

求人に関係する情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている可能性が高いです。実際に、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される仕事が結構な数あります。ただ、製造業の仕事場自体、ビジネス街から遠いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。ですが、自分の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時・・

転職をするために現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自分のほうから退職願を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの職員さんと口論していたのを以前見たことがあります。因みに自己都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けて即座に失業保険が給付となります。

退職|転職の面接で着るスーツの色は、新卒の人たちが就職活動の・・

転職時の面接で着用するスーツの色合いについては、新卒の就活の際にに身に付けているカラーが無難です。ということは、黒系や紺系などのような暗いカラーになります。それが、再就職の場面であっても、着ていくスーツの色に関しては黒系や紺系のダークカラーが圧倒的多数であって、他の色のビジネススーツの人はほとんど見ることはありません。あえて言えば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、一般的には黒や紺のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接担当者もそのような色であるほうが当たり前であるかのように感じます。ですから、身だしなみ、という観点においてはおすすめということになります。

退職|転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫です・・

再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと書いてあるケースもあるようですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは失礼に当たるのでは?と思いがちです。クールビズについての迷いを心に抱いている方に進言したいのは、会社側からクールビズでも良いとされている面接については言われた内容を素直に聞き入れたほうが堅いです。疑心暗鬼になってしまい、真夏であるのも関わらずスーツを着込んでいくと不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

退職|転職のための面接を受けに伺ったときのことです。

転職の面接を受けにとある会社に出向きました。その会社にある会議室が空いていないというわけで外の会場で人事部の方と待ち合わせて面接を行い、その場で解散、面接を行った方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも面接を行った人とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰宅することになり、そのためお互いリラックスして面接の時よりも込み入った話ができて、それが功を奏したからなのかなんと採用を掴み取ることができました。

今の時代の企業の雇用事情の激しい変移をについて、全世代の中・・

昨今の会社や企業の雇用形態の慌ただしい変移をに当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど鋭く感じ取っているようです。十中八九転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。サラリーマンや労働者といった人たちの労働市場の「流動化」が活溌になっているので、それに応じて今後、若年層以外の層にも転職の関心が増えると考えられます。「流動化」が進んでいく結果、転身することは当然のことと認識されていくでしょう。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、転職者というとそれだけで評価が下がるとも言われて損をしてしまうこともありました。時代が変わりずっと同じ会社に勤める意味も益々無くなったともいわれています。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが…

失業した人がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とか決められるのですがこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで就業先を探しても好条件の仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたか位は大よその想像が付く。相手によっては、面接官から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。しどろもどろになると受かるのは難しいでしょう。

退職|昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

一昨日転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、私が話したことの3割も理解できていない感じ。それでいて「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが大事でしょう」とか、何もかもわかっているかのように横柄にしゃべるからとても不快でした。カウンセリングを担当する人はそれなりにカウンセリングの経験がある方にしてほしいです。

就職活動において、ポイントになるのが年収です。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になる状況も考えられます。

退職|今ではスマートフォンを使えばわかるけどネットの世界では・・

近頃はパソコンは便利でネットの世界では、「転職のためのサイト」と呼ばれるものが数限りなく点在しています。その多くのサイトから自身の目的にあった転職先というのを探すためにも、何よりも情報を収集することから始めましょう。このような「転職サイト」をきっちり活用することで、スムーズな転職が実現します。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。

退職|雇用中は出来るだけ会社内の人に気づかれないように、…

在職期間にあるときは、極力水面下で(ちなみに私のときは)雇用中に転身したいという気持ちだけを活動初期の段階で同僚に言ってみたことがありました。けど、その後転職情報を色々とチェックしてみたのですが、予想に反して働き先のあても仕事を変えるタイミングすら何一つ進めていたので、ズルズル時間だけが経過してしまいました。一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。

もしあなたが転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もしあなたが転職したいと考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取得するのがベストです。転職には有効活用することができますから、転職先を探すのが楽になります。ですので、資格取得するなら、在職期間中に一番最適です。あなたが将来のために、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。さらには、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の時には面接官に戦力になると判断してもらえ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。