もしも、現職からの転職を決断したのであれば、完全に周りの人間に・・

例えば、転業を決意したのなら、まったく会社の人間には…

  • 例えば、転職を決断したなら、まったく周りの人には内密にその気持ちを悟られないように、うまく転職活動していき、現職期間中は、なるだけ周りの人間に悟られないよう淡々と仕事をするのがもっとも良い形といえます。現職中、そのスタンスでいけば、希望通りの希望に沿う転職先を難航したとしても、転職時期を見合わせながら、現在の職をそのまま続けてもトラブルがありません。でも後先考えず口にしてしまったら社内の人間は、それに合わせて応対します。そして周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、「あの人は転職する人」と受け止められます。ですがもしも、転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををすることもあるでしょう。

    友人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介を通じて転職の先を見付ける人がいます。そうはいっても転職をした先の労働環境やその他の労働条件といったポイントを知っている人からの口コミを鵜呑みに判断してしまうと後々問題になることが多いです。どうしても個人の口コミというのは、性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。つまり友人にとっては、今よりずっとベターな働く場所に思えても、、自分には、そうではない可能性だってあるのです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自身の目でしっかり確認しておきましょう。

    退職|再就職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計です・・

  • 再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計について申し上げますが、どう見ても目立つものは着用をやめた方が最善です。腕時計で目立つものというのは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは真逆で安物の腕時計に見えてしまうとか、そういう意味であって両極端で目を惹くのだと理解しておいてください。再就職の面接のときに着用する腕時計においてはネクタイやスーツと同じで、適切なものを着用して行った方がベストだと言えます。とはいっても、年齢にあっているということも大切なことで、新卒の時に面接で準備した腕時計よりはほんのちょっとでも値が張る腕時計にした方が間違いないということは断言できます。

    ほとんどの場合大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、…

  • たいてい大手企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。そして、郊外~地方となるとそのチャンスが容易ではないでしょう。例外的に、製造業の場合には、都市部でない地方の工業団地を運営していることが多々あります。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大の際に中途採用する事がよくあります。そういったチャンスを見逃さないようにするのです。地方の工場を転職に考えるなら、希望する会社についての予備知識を事前に仕入れておきましょう。ホームページを見て、人員募集の予定がないかしょっちゅう確認しておきましょう。

    退職|いい転職をしようと転職活動時、「私はかつて、このような価値のあるの…

  • いい転職をしようと転職活動中に、「私はこれまでこういう価値のあるの仕事に尽力しました」「これまでに手にした経験は、、、です」と自分の実績などを強調する人はとても多いです。ですが、志願し再スタートを狙う企業で「機会があればこういったことをしたい」「このような内容ならできれば貢献できるに違いない」と未来の姿を話してアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

    退職|転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールで何度も連絡が入ります。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、何回も電話やメールをしてきます。これに関して何も知らずに利用しはじめた人はとても驚くケースが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事なため、本当に積極的に行動します。その中でも大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金がもらえる仕組みであることから、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが多いものです。転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職しないように気を付けなければいけません。

    クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接にチャレンジする際には…

  • クールビズ(軽装)で転職の面接場に出向くときには、ジャケットは着込まなくても安心であるとはっきりと言えますけど、ネクタイに関してはつけて行った方が印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもする必要ないと思っている企業もある場合もあります。ですが、ネクタイに関してだけはクールビズであっても必ずつける必要があると思っている会社があります。そんな訳で、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイを着用してから面接に行った方が良いというのは知っておいてください。

    転職をするとき、U・J・Iターンで都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、・・

  • もしあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と思っている方も少なくありません。ネット社会の今では求人情報サイトを見れば、地方での求人情報も簡単にアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人情報では、都市部のような選択肢は期待できないのが難点でもあります。そのため、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所のサイトもきちんと確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポート系のイベントについても注意してみておきましょう。

    退職|将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職…

  • 今から転職活動をされるなら、気になった求人(もしくは業界)を見つけたら、逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらえないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、簡易的なインターネット検索によってすぐにおおまかな実態を理解できます。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、後々に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ていた理由が「仕事がキツイからすぐに人が辞めてしまう」というケースも多いので、目に留まった案件・業種については、きちんと調べたうえで応募しましょう。

    シフトの仕事についての話です。

  • シフトの仕事についてです。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人をよく目にするのですが、休む方法やシフトの提出方法については尋ねておいたほうが良いです。私は過去に、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として仕事をすることになったのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた人が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すと「よく耐えたな」と。

    とある古物商のお店で、書類審査を通過しました。す…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。ですが、面接日当日、行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待つと、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、終始驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、何とか面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、待っていられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。そこで再度電話をしたところ、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と勝手に電話が切られてしまいました。私はしばらく言葉も出ませんでしたが、採用されなくて良かったと痛感しています。

    転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動を行う人は大勢います。とはいえ、よりよい転職先を見つけたいのであれば、同時に転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風がある程度わかります。仮に、転職フェアに参加する場合には、これも面接のうちだと思って自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェアの中で、自分の能力や長所を企業が評価すれば、後日応募して本格的な面接時にかなり有利になります。

    求人情報を見る場合、オフィス系の仕事が希望だからと・・

  • 求人に関係する情報を見るとき、例えば、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解している可能性が高いです。現に、製造業であっても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった人材募集に加え、購買、営業管理といった「オフィス系」の部署も結構多くあります。製造業の大半はビジネス街から遠いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがデメリットに感じられるかもしれません。そうした事には自らのエゴをなくすことで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

    転職に先立ち今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません・・

  • 転職を行うにあたって、今働いている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしあなたの側から退職届を書いて退職する、いわゆる依願退職の場合は、失業保険をすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則について誤解している人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってその結果ハローワークのスタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。因みに社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付されます。

    退職|転職時の面接でいるビジネススーツの色味は、新卒の就活の時…

  • 転職時の面接でいるスーツのカラーは、新卒の就活の時に準じた色味が良いとされています。ですので、紺や黒といったような暗めの色、ということになります。それが、転職のケースにおいても、着ていくビジネススーツの色に関してはこういうダーク色が圧倒的に多くて、他の色のビジネススーツの人はほとんどいません。他のカラーで言えば、まれにグレーが少しいるほどで、ほとんどが黒や紺が多く、採用担当の人も多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめです。

    転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでお越しくだ・・

  • 再就職の時にする面接ではクールビズでお越しくださいと書いてあるケースもあるようですが、なかには、クールビズの格好は実際は印象が悪いのではないか?と思いがちです。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている人に言いたいのが、企業側からクールビズでも良いとされている面接のときは書かれている内容を実行したほうが確かです。色々迷うことによって、暑い時期にスーツをびしっと着ると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。