今のご時世では、株・不動産投資の不労所得で収入を得た…

近頃、株式・不動産投資の不労所得、もしくは独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株や不動産投資等の不労所得、あるいは独立や起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりもあり、「会社の下で働く以外は怖い」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長の時代には、将来的に不安定な個人事業という生き方よりも雇用されて働くほうが手堅いとされ、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般常識化していました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」とも言われています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職しました。

新卒で入った会社を辞め、悩んだ結果、転職しました。実際に転職する前は、想像以上に悩んでいましたが、しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、多くの人が中途採用で働いていることを自身の転職活動で知り、自然と不安な気持ちが無くなりました。また1回転職をすれば、自然と体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」といったような意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の転職活動は転職をやって良かったと思っています。

はじめて「失業保険」を受ける際、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が…

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人がとても多いですが、それは誤りです。実際は、希望通りにもらうためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上に、月に一度はハローワークに行く必要があります。毎月担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に不参加だった場合は、有無を言わさずに給付してもらえなかったり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために十分気を付けましょう。

退職|2,3ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐに辞めてしまうことを決断する人が…

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期に退職を決意してしまう人がずいぶん多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると私見ですが職場で勤務を始めてみたものの、「考えていたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「会社独自のルールになじめない」と考えてしまって退職してしまうのじゃあないかと思います。でもこういった転職における失敗をしないためには、まずは転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな…

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。これはあなたが働いている会社側できちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、働いている企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このときの、支給される失業手当の金額は辞めた月の直近の給料を基準に手当の額を計算されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

新たな仕事でこれまでに培われてきた能力を活用できれば、…

新しい仕事で、今までに身に付けた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐ職場内に自分の居場所ができ、同時に雇い主としてもスキルを持つ人材は常に必要なので、時期さえあえば、簡単に採用されるでしょう。更に過去の業務内容と同じ業務内容なら転職はとても楽になるでしょう。でも、即戦力になれるとはいっても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)は今も昔も中々の難関であることは間違いないでしょう。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。多くの企業は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。単に穴を埋めることにとどまらず、記載内容が充実していることも必要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などかなり具体的に書いていきます。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。自分にプラスになるように活用をはかることも転職を成功させるための一つの手です。

大手転職エージェントに限って、多数の案件を抱えて…

大規模な転職エージェントは、様々な案件を扱っているという強みがあるといえますが、同時に転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が無理だと判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、あなた以上に転職の可能性が高い適正人物が他にいたら、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大手のエージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりなかなか難しいので、発想を変更して中小クラスのエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると転職希望者のために働きかけてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

『今すぐ転職したい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、退職届けを出せたのは同年の11月です。希望ではちょうど年度末を区切りにしたかったのに、大変驚きました。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに心の底から困ってしまいました。

派遣の会社に登録をしています。

派遣の会社に入っています。サイトを見ていてなにげなく気になる仕事を見つけ問い合わせてみると「その仕事はすでに他の方が採用されました」という答えが返ってきて一瞬サイト上からもお仕事情報がなくなるのですが、翌日にチェックすると消えたはずの情報が掲載されています。それって結局私ではよくないのだっていうことですよね。そうであるならば初めからトラブルにならない程度に正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはまたひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

今現在の自分の職場・業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。

現在の自分の仕事や勤め先に関して、何かしらの不満があるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を正しく評価してもらえない」そのため、「月給は平行線だし、将来昇格する見込みもない」と言う愚痴を漏らす人もいます。けれど、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自分の才能を「過大評価」している事が少なくないのです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と仕事をしないブランク期間が長引くおそれがあるので、要注意です。可能性も少なくありません。そういうわけで転職活動で良い成果を出すためにも、あなた自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

この話は兄の話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動で…

こうした話は従兄の話です。始めに新卒の際にどうしても勤務したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、そのためやむを得ず他の会社に入りました。その後約1年半経過した頃に派遣の求人サイトを見ていた時偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見して、気持ちを抑えることができなくなって当時働いていた会社をすぐに退職し、A社での派遣就業を開始、思い切った行動ですね。懸命に頑張ってその先憧れのA社で正社員になれて、今では仕事のやりがいを感じながら楽しく仕事しています。

退職|「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほう・・

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される会社も豊富なため、興味のある2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に適合する案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。しかしながら、初回に限っては登録するのが非常に大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録を行う初回時、少々時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、最初にしっかり準備することを頭に入れておきましょう。

退職|仕事を変えた際には、だいたいの場合は前職の大方の出来事は美化されます。

職を変えた場合には、高確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。本来は今の会社に合っていないと思ったから、そういった思いをどうにかするために、再就職を決めたはずなのに、過去を振り返るとどういうわけか転職した会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と思うことは多いです。極めて当然のことで、前職は仕事の手順に慣れていて、簡単に毎日仕事がたやすくこなせていたのが、理由にあるはずです。実際は「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に後悔するほど、以前の仕事の方が人間関係や居心地が良かった場合も考えられます。

就職のため職探しをする場合に注意したほうがよい求人は・・

就職活動するときに注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがよくあります。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間という風に求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料形態に残業代を組み込む、といった仕組みです。(違法ではありません)もし『みなし残業代30時間込』というのは、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という意味になります。しかし、悪質な求人情報では『みなし』を記載していないこともあるのでよく注意をしておきましょう。

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトで自身の能力を思う存分発揮できるよう・・

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自分が新たなチャレンジのできる魅力的な仕事情報を調べているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介される求人は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比べ物にならないくらいとても質がいいといえます。さらには、あなたの希望に相応しいものを調べたうえで、紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近い理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、ひとりの力で最初から探す労力を考えれば、何倍も効率がいいです。そのうえ転職を成功させる近道といえます。