仮に再就職しようとしても何もかもがうまく進行するかどうかはわかりません。

退職|再就職を考えたとしても、あらゆることが首尾よくいく確証はありません。

  • 仮に転職するにもすべての人が思ったとおりの成果をあげられる保証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職しようと考えているなら若いうちに出来るだけ早く変えてしまった方が良いです。それには少なくとも20代の若いうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職というのは相当に厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職を考えていても現在の仕事を続けるということを選択肢に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を始めるよりも、現在の会社には残ったまま慎重に探す方が良いということです。

  • 近い将来、社会では段々と簡単な労働は機械化が進行し、…

  • 私たちの労働環境は、今後一段と思考を必要としない仕事は機械に差し替えられていきそれに伴い、そういう仕事をする人手はカットされていきます。単純労働では、ヒトよりも機械のほうが圧倒的に分があるからです。数をカウントしたり、同じ作業をずっとリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句は言わないし、疲れ知らず、不正をすることもないし、正確だしそれを均一化できます。付け加えて、給料が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化が自然の結果といえます。

  • 自分のスキルや資格を有効活用しながら、再就職する際は・・

  • 自分のスキルや資格をふまえて転職する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておきましょう。転職が容易な業界としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」の分野が代表でしょう。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、諸事情によって、他の業界に転職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • これから転職活動しようと考えるのなら、今現在の業務の何に不満を感じているのか・・

  • 今から転職をするのなら、今現在の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかをリストアップしてみる必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々不満があるから転職したいと考えているのは分かります。でも「しっかりと存在する仕事・業務の客観的にみた問題なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事が容易になるはずです。

  • 最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」…

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、先ずは面接だからといって焦らずに対応しましょう。たとえばお見合いをする姿勢で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接に進むともっとも最初にあなたの人柄や人間性を判定してもらうのでマイナスな印象につながる態度は注意しやめましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を手渡された・・

  • 転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた時、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、たいていは差し出さないもの、と考えておきましょう。面接は仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一環なわけですから、大方は名刺をやりとりする時ではありません。さらに、あなたは会社の人間としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。要するに、もし相手側から名刺を渡されても、こちらに関しては、ただ受け取るだけでよくて、相手に渡すことはまったくないと思います。

  • 転社を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。そんな、時に転職とは関連性のないことでも、メンタル面は強化できます。それは、ズバリ外国に行くことです。外国は、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ですが、退職して間もない頃は精神面がダメージを受けやすいのでその後のために休業期間も必要です。

  • 退職|趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、過去には、料理店(レストラン)で仕事をしていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまいました。ということが理由で、職場を去ったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供していた食べ物も苦手になり、似たような店には今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の大好き、を仕事にしたいと夢見るのは素敵なことです。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。

  • 退職|政治による影響がでつつある転職事情ですが、今の安倍政権下・・

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界や民間企業間においても今までにない社会的な変化が具現化されてきています。その変化が加わり、民間企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人の労働者」の数を増加させ人材確保に務めていくと現内閣は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった変化によって、国内の雇用状況や転職事情も大きく変わっていくのは確実といえます。

  • 退職|自らが仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても様々あってその多くは納得のいく対応をしてくれない担当者でした。私にとってはかなり重要なことことだからもっと一生懸命に臨んでほしいという気持ちが膨れ上がりそのことが契機となって自らキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーの資格取得には支出が増えたし勉強面においてもかなりヘビーだったわけですが、仕事を探している人たちから頼ってもらえる存在になるべく頑張っています。

  • 転職活動の最後の難関として、現在勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして引き留めようと説得してくる可能性もあります。そのようなケースでは、障害を乗り越えて退職する、という強固な気持ちを保つことが大事といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動で大切な要素となります。

  • 転職の際に欠かせない会社の面接に関して、よく思い違いがあるので・・

  • 転職活動中の採用面接では、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、思いのほか逆効果になります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接の際は「有給取得率」など、通常ならかなり質問しづらいことを思い切って尋ねておいた方が、結果的にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると最終選考に落とされるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、しかし、意外なことに、悪い印象を持たれる可能性が高いのです。この手のお金や労働環境に対する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、面接結果に影響するのを恐れ、普通は質問できません。けれど、あえて踏み込んでおいたほうが、「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。

  • 転職を進めるには、然るべき準備は必須です。

  • 転職活動する場合、それなりの準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、重要なことだと感じてしまいます。しかし、最近の採用面接については私服がOKな企業があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に臨まなくても良い場合があります。とくに創業間もない会社などは、柔軟性に富んだところが多く、がちがちの服装で行くよりも印象が良くなります。また、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。そして私服だと、面接中、洋服の話もしやすくなりますから、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今後、転職にトライするなら創立した年で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 転職活動を始めるときに、とにかく会社を辞めてからと思っている人もいるでしょうが・・

  • 転職をしようとするときに、今の会社を退職してからという考えを持つ人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナス支給がある企業は山ほどありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが振り込まれる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスをもらった後で辞める意向を伝えるという手も良い手です。ボーナスってある程度大きな額なので、手に入れなければ損ということも考えることもできるでしょうから、退職をする際にはボーナスが支給される時期についてまず確認しておいた方が賢いやり方です。

  • 転職する際、とても要となるのが「面接」です。

  • 再就職では、かなり重視されるのが間違いなく「面接」になります。普通、面接の場合は当人に対して転職を決めた理由や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接を終えるあたりで転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。例えば、「なにか弊社について疑問点はありますか?」と言ってくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人は急なことなので慌ててしまうと思います。こういった場面に備えて、面接を受ける前に面接官からの質問に対する、質問の内容を用意しておいた方が良いかもしれません。冷静に考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|転職することを成功させるためには、計画的な情報を集めることを徹底してみましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初から情報収集を徹底してみましょう。最近はまったく無名の小規模な会社にもかかわらずホームページに会社の紹介を書いている場合がほとんどですから、ネット上で色々と必要事項をチェックしておくとそれとその会社について疑問点を解消しておくと転職の助けになってくれます。それと公式サイトに加え、「転職サイト」にログインするのも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より転職の候補している職場を自分自身で見て判断するのも大事です。