仮に再就職するにも全部が首尾よく運ぶ確証はどこにもありません。

退職|再就職しようとしてもあらゆることが首尾よく運ぶという保証はありません。

  • 仮に再就職するにも全部が順調にいくと断言はできません。もしも転職するのなら、可能なら年齢が若いうちにできるだけ早く行動しておくべきです。平均としてみると、20代の若いうちはとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職そのものがかなり厳しいといえます。重要なポジションに就いているのなら、転職を考えていても会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社には残ったまま転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が後悔がないはずです。

    近い将来、社会ではぐっと単純な仕事は機械化が発展してい…

  • 将来、私たちの社会的環境において段々と思考を必要としない仕事は機械に切り替えられて必要な稼働人口は減っていきます。なぜかというと短絡的な労働はヒトよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。数量を計測したり、同じ作業をずっと反復したりすることは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人間とは違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給与が発生しないのもメリットといえます。なので、生身の人間を使う意味がまったく無いので機械に移行していくのも無理もありません。

    今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職をしていく場…

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をしようと考えているのなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足に陥ってる医療や介護系のジャンルが最たる例です。医療・介護の職種では看護師、介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、とある事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性は決して高くはないのです。ですので、容易に考えないことが重要です。再就職を本気で考えるのであれば、異業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけましょう。

    今からでも転職活動しようと考えるのなら、今の職場や…

  • 転職することを予定しているのなら、現在の業務や業務での納得いかない部分をハッキリとさせておきましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満なことがあるから転職しようと思われているはずです。しかし「きちんと現状である業務の客観的にみた満足できないことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗を防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

    転職とは、希望している企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」と・・

  • 転職活動では、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが重要です。面接で成果を出すためにも、先ずは普段通りを意識して焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いするかのような姿勢でいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接に進むともっとも最初にあなたの中身を判定してもらうので悪い印象を与える態度は注意し避けましょう。なおかつ良識ある社会人らしく綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

    再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を渡された…

  • 再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきか?と対応の仕方に悩んだら、大体の場合は差し出すことはないと思っておきましょう。転職のための面接は仕事の延長ではなく、採用活動内のことなのです。ですからほとんどは名刺をやりとりする時ではありません。かつ、会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。それゆえ、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらにおいては名刺を受け取るだけで問題なくて、担当者に相手の方に渡す必要はまったくないと考えられます。

    転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今では精神面を鍛えるコツは誰でもカンタンに拾えます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、精神面を強化することが可能です。たとえば「海外に行くこと」です。海外に行くと、文化も生活習慣も違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職後は精神的にまいっている人も多いので休暇も必要です。

    自分の大好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが高じてレストランで仕事をしていた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しかったのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまいました。ということが原因で、仕事をやめる羽目になりましたが、同時に、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供していた食べ物すら嫌いになり、その系列の飲食店にはしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の大好きなことを仕事にしたいと思い、実現させることは本当に素敵なことですが、その『好き』のレベルはどれくらいなのか、改めて自分自身に問いただした上で行動するべきです。

    最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界や企業間では今までとは違う変化が増えつつあります。そういった変化が加わったことで、企業の側でも労働人口減による人手不足が社会では多いな問題として取り上げられています。最近では「外国人労働者」の割合を今以上に高めていくと現政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、こうした変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

    自らが仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自らが仕事を探していた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーのレベルも本当に様々で大体の場合、不満を感じる方ばっかりでした。私とっては大切なことなのにもっと真剣に臨んでほしいという願いが積もりました。そんなことがあり自らキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格を取るためには費用も掛かりました。また、資格取得のための勉強の面に関しても大変ですが、就活中の人たちから頼られる人になるべく努力しています。

    退職|転職活動を行う上での最後の問題として、現在の会社の退職があります。

  • 転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の企業がOKしたとしても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして慰留するというのもよくある話です。仮にそうなったとしても、何があっても退職をあきらめない、という強い信念を保つことが重要といえます。仮に引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を確認し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきます。そのあとに、決定権のある上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とハッキリと伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動の重要な要素です。

    転職活動中の面接に関して、勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職の際に欠かせない採用面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、予想に反して悪い結果につながります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「休暇」など、通常であればかなり質問しにくい内容を勇気を持って率直に聞いておくと絶対に自身のためになります。実際には「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、選考結果に落とされてしまうのでは?」と気になるかもしれませんが、けれども面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的にはいい場合が多いようです。これらの労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、面接の場では不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「ほかの人とは違うな」ということで自己アピールになるのです。

    退職|転職活動を進めるには、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「服装」は、重要なことだと感じてしまいます。でも、ここ数年の、企業面接に関しては形式ばらない服装が良い企業もあるので、スーツ(正装)で行く必要はありません。とくに創業してすぐの歴史のない企業ほど、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接の間に、ファッションの話題に発展しやすいですから、うまくいけばポイントが残るでしょう。ですので、転職活動は企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

    新しい仕事を探すのに、まず今の会社を辞職した後でという考えを持っている人もいるようですが、…

  • 新しい仕事を探すのに、とにかく今働いているところを辞めてからという人もいるでしょうが、それならボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業は多く存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが振り込まれる日まで長くないのであれば、ボーナスが支給されてから退職届を提出するというのも良い手です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、絶対もらったほうが良いと考えることもできるでしょうから、会社を辞めようと思ったらボーナスが支給される時期について最初に調べておいた方が良いです。

    転職活動では、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。

  • 転職をする場合、比較的重要なのが間違いなく「面接」というものです。多くの場合面接の場合は当人に対して転職の経緯や退職理由などいろんなことを尋ねられると思います。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「なにか弊社で働くことについて、疑問に感じることはありませんか?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に緊張状態で、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも前もって面接官からの質問に対し、答えを準備しておくのも良いでしょう。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

    良い転職する先を見つけるためには、行動する前に情報を収集することを徹底してみましょう。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の行動をするようにしなくてはいけません。そうしようと思うのならインターネットを見ると中小零細企業でも公式ホームページで会社のことをわかるケースが普通だから、ネットの機能を駆使して自分が知りたい情報を手に入れるとまたよくわからないことなどをチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。実際に何よりもその職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。