励んでいる転職活動の際、「今までずっとこういった種類の…

がんばっている転職する活動の際、「私は振り返るとこういう内容…

転職する活動の際、「私は振り返るとこういう内容の仕事に尽力しました」「過去の仕事によって、このような経験を身につけました」と成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はとても多いです。でも、希望する再スタートを狙う企業で「こうありたい」「こういった内容の事ならぜひ貢献したい」と将来のプランで自己を売り込むほうがはるかに効果的だったりします。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

退職|転職サイトで登録したあとに、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

「転職エージェント」では、登録後、電話・メールがしつこく掛かってきます。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は結構びっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事だといえるので、非常に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金が入る仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定がでた直後に、入社を強くすすめてくることがよくあります。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職することがないように要注意です。

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接を受けに行く際に…

クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接に臨むときには、ジャケットに関しては羽織って出向くことはないと間違いなく分かるわけですが、ネクタイはして面接を受けた方が印象が良いです。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている企業もある可能性はあります。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズでも必ず着用しければならないとしている会社がいくつかは存在します。したがって、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイだけは着用して面接した方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。

退職|もしあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合…

再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と考えている人が、近年増えています。今では転職サイトの地域指定をするだけで、郊外・地方での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。ただ、地方での求人については、都市部ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。なので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポート系のイベントについてもアンテナを張っておきましょう。

将来転職活動をされるなら、気になる求人(OR 職種・・

これから転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業種)を見るたびにマメに「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス部分について教えてはもらえません。もしブラックな面があるなら簡易的なネット検索によって瞬時に実態を知ることができます。そうした検索をしないまま、入社してしまうと、あとになって痛い目に合うおそれがあります。そもそもその求人募集が出ている理由が「内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」ということもかなり多いため、目に留まった業種について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜・・

「シフト制」の業務についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細をあらかじめチェックしておきましょう。以前に私自身が、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員の仕事についたのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみると本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐ…

とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。2、3日して担当者から面接の日時を教えてもらいました。当日行ってみるとどうしてか全く面接が予定されていませんでした。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、だらしない態度を見せられ、何とか面接が終わりました。でも、予定日になっても結果連絡が一切来ず、気になったので、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で再度連絡をした結果、どういったわけか、「残念ですが不採用」ということで、有無を言わせずに電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、内心、採用されなくて良かったとホッとしています。

退職|転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動する人は年々増加しています。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。だとしても、より確実に良い仕事を探したいのであれば、転職フェアに行くのがよいでしょう。多くの企業が一堂に会することから、参加すればいろんな企業について知ることができますし、さらに、そこで説明してくれるスタッフから、その企業の社風がある程度わかります。転職フェアに参加するのであれば、面接を受けにいくつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。フェアでの交流を通じて、自分の能力や人柄が評価されれば、その後の面接に進む際に非常に有利となるからです。

退職|求人に関係する情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人を見る場合、「デスクワークがしたい」と思っている人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と早合点しているこ可能性が高いです。事実、製造業の求人であったとしても、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材・購買や営業管理等の事務系の部門もかなりの数あります。ただ、製造業の勤め先はオフィス街から外れたエリアにあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。そうした事には自らの執着をなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、…

転職のために現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、仮に自分の希望により退職届を出して会社を去る、いわゆる依願退職の場合は、失業保険は即座に給付されるのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。そのため、会社を辞めた翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を理解していない人が、手続きに不手際があると勘違いしてその結果としてハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。因みに社員側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

転職時の面接で着るビジネススーツのカラーは、新卒の学生が就職活動…

仕事の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の際にに準じた色がベストとされています。つまり、黒や紺などのような暗い色合いになります。それが、転職の場面においても、スーツのカラーはこういったダーク色が多数で、黒色や紺色以外の色の転職者は少数派です。あえて言うならば、グレー系が少しいるほどです。全体的には紺や黒がほとんどを占めているので、人事側からしても黒や紺色のスーツの方が自然に見えます。ですから、身だしなみ、という点においてはおすすめしたいのです。

退職|再就職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださいと…

転職時の面接に関してですが会社側からクールビズでお越しくださいと書かれている場合もあります。ですが、クールビズで赴くのは良くない印象になるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する迷いを持っている人たちに言っておきたいことが、企業側からクールビズで来ても良いとされたのであれば、言われた内容を守った方が安心です。悩みすぎて、汗をかく時期にスーツをしっかりと着用すると暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズ可と伝えられたらクールビズの格好をおすすめします。

転職時の採用面接にある会社に出向いたときのことです。

転職の面接に転職希望の会社へ向かいました。その日に限って会社の部屋が空いていないとのことで外のある場所で面接官と待ち合わせをして面接を行い、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車内においても一緒にお話をしながらいっしょに帰ることになって、すっかり打ち解けて面接しているよりもお話が弾み、それが良かったからなのか幸運にも採用を手に入れることができました。

退職|ここ最近の会社や企業の労働背景の慌ただしい変化において、働きざかりの世代の中で…

このように近年の企業の雇用に対する考え方が大きく変わったことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特に気にかけているようです。多分、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。こういった背景から働き手といった人たちの労働力の「流動化」が活性化しているので、より一層、今後、益々若い世代の転職への関心度が増加すると思われます。労働力の「流動化」が進むことで勤め先を変えることは当たり前になり、「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」はそれだけで印象が悪く、転職が思い通りにいかないこともたくさんあったようです。時代の流れとともに現在の仕事に固執する意味が薄れてきています。

退職|失業した人がもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、この給付には「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、世の中にはこれを知らずに失業中である限りもらえると勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急いで職探しを始めてもうまくいかない可能性は高いでしょう。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった箇所はそこそこ察しがつくでしょう。相手によっては、失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた受かりません。

退職|昨日人材バンクに登録をしに足を運びました。

先週仕事を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。そこでカウンセリングを行うために出てきた担当の人が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、私の話の50%もわかっていない感じ。おまけに「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」とか、何もかもわかっているかのように横柄に言い散らかすのでとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はいくらか能力のある人にしてほしいものです。