就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはないものと考えておくべきです。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう

最近PCやスマホを使えばわかるけどインターネット上では…

今ではスマートフォンで調べればインターネットのエリアには、今では「転職のためのサイト」に類するものが多くて困るくらいあったりします。その数限りないサイトから自分の目的に合致した転職先と思えるのを見つけたいなら、まず、情報が大事ですから収集が必要です。こういうサイトを上手く活用することで、効率的に転職先を探せます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。

就労中には、可能ならば、周囲が気づかないように、(自身の例です・・

在職中には、状況が許す限り、気づかれないように、(自身の転職活動では)前職中に転身の気持ちのみを早い時期に周りの人に言ってみたことがありました。けれど、その顎、転職サイトを必死に色々とみていったのですが、結局は就職のあても仕事を変えるタイミングすら何も決まらないまま、知らぬ間に時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその傍ら、会社の方も仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就業先を再度探しました。

もし転職を考えているのなら、事前に資格を取得することで選択肢が増えます。

もしもあなたが転職を考えているなら、先に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けながら資格を取得するのがベストです。転職の際には有効活用することができますから、新たな仕事を見つけやすくなります。というワケで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が良いといえます。もしあなたが将来を見据え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。それに加えて、資格を取得した後では、転職先での面接時に担当者に戦力として使えるとみなされ、これまでより待遇アップも期待できます。

退職|再就職しようとしても全部が順調に運ぶというわけではありません。

仮に再就職するにも全部が順調にいくという保証はありません。できればそのうちに転職しようと考えているなら若いうちにできるだけ早く行動に移すべきでしょう。平均としてみると、20代のうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入してしまうと転職自体がたいへん厳しくなります。もしも、管理職などに就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社に留まることも選択肢に入れておくべきです。ようするに、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社には残ったまま慎重に行動したほうが良い、ということです。

退職|これから、労働力という観点において確実にシンプルな労…

今後の社会では確実に簡単な労働は機械化に置き換わって結果的にそういう仕事をする稼働人口は少なからず減っていきます。なぜなら、簡単な労働は人間以上に機械で作業するほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ動きをずっと繰り返したりすることは機械にとっては何も不自由もありません。もちろん人と違って泣き言を言わず、疲れないし、ずるもしない、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。そして、「人件費」が発生しないのも大きな違いといえます。このような観点から労働力として人間を使う意味が無いため、機械に移行していくのも無理はありません。

退職|今の自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動…

自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくことは大切です。再就職しやすい業界は、人手不足が問題視されている「医療・介護」系が代表的といえます。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、ワケあって、異業種に再就職したいと考えているのなら、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、簡単に考えないことが重要です。再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

そのうちでも転職することを予定しているのなら、現・・

明日からでも転職活動を希望しているのなら、今いる仕事・業務での納得いかない部分を明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らない点が大きいから転職しようと思っているはずです。が、「きちんと存在する業務や業務の客観的にみた不満点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事ができると思います。

転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより、…

転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。面接で結果を出すためにも、まずは面接だからといって焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえばお見合いをする心構えで望むと良いと思います。とくに面接官はもっとも最初にあなたの人柄や人間性をチェックされるのでマイナスな印象につながる言動は注意し避けましょう。なおかつモラルある社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

退職|転職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されたら、…

転職の面接などの場面で名刺を手渡してきたら、こちらも名刺を相手に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだときは、大方は差し出さなくても良いと理解しておくと良いですね。転職のための面接というのは仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動内のことなので、一般的に考えて名刺をやりとりする時ではないのです。重ねて、会社の人としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。という訳で、相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手側にあげる責任は必ずしもないと判断できます。

転職を度々しないための術が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、転職とは関係のない行動をすることも精神面を強くすることができます。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと言葉も文化も違うので、大きな刺激を得られます。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ですが、退職後はメンタルが弱くなりがちなので、回復したあとで行動するようにしましょう。

退職|自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意です。

自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きでかつては、飲食の世界で勤務していたことがあります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係で嫌になりました。ということが理由で、退職することにしたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌になり、似たような飲食店は現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは本当に素敵ですよね。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、もう一度判断する必要があります。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について…

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界や企業間でも新しい変化が生じ始めています。そのような変化の中で、企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の数を増加させ人材確保に務めていくであると現政権は宣言しています。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用・転職状況も変化していくのは間違いありません。

昔はかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

かつて何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々あって大抵は満足のいく対応をしてくれない人ばっかりでした。こちらは人生がかかっているのにもっと熱心に向かい合ってほしいという欲が積もり、それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得までには費用も掛かりました。また、勉強面に関してもかなりハードではありますが、お仕事を探している方から信用されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として・・

転職活動をする際の最後の問題として、今勤務している会社の退職があります。転職先から採用の内定をゲットしても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくある話です。そのような場合は、困難に負けずに退職する、という強い信念を保つことが重要です。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において大事な要素となってきます。

転職の際に欠かせない採用面接に関して、やめておいたほうがよいの…

転職の際に外せない会社での面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり必要以上に猫をかぶることです。すると残念ながら逆効果になる可能性があります。そうならないために思い切って面接の際は「残業」などの、多くの人が触れにくい内容を勇気を出し尋ねておいた方が、結果的に絶対に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で落とされるのではないか」と不安がるかもしれませんが、ですが、かえって面接官からの印象もいいことは最終的にはいい場合が多いようです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかし、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。それを一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。