政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では…

政治による影響がでつつある転職事情ですが、現在の安倍政権で…

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においてもあたらしい変化が出つつあります。その余波を受け、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題化しつつあります。将来的に「外国人労働者」の数を今以上に高めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

    かつてはいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自分が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質に関しても本当に様々あって大抵は満足のいく対応をしてくれない人ばっかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと情熱をもってに向き合ってほしいという感情がいっぱいになって、それが発端となりキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格を取得できるまでには経済的な負担も増えましたし資格取得のための勉強面も大変でしたが、就職活動中の人たちにあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

    退職|転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、現在の仕事を辞めることがあげられます。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業が決定したとしても、現在勤務している会社があなたを引き留めるというのもよくあるケースです。そうなってしまった場合、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な信念を持つことが大切といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を作成しておきます。そうして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動のひとつです。

    転職のための採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです…

  • 転職の際に欠かせない面接では、勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、正直に言って逆効果です。そんな事態を避けるためには思い切って面接の際は「育休」などの、多くの人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って質問しておくと、結果的に間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると結果が不利になるのではないか」と不安がるかもしれません。けれど、意外と好印象を持ってもらえることは最終的には可能性が高いといいます。このような「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、多くの人が知りたいと思っています。ですが、面接結果に影響するのを恐れ、普通は質問できません。しかしながら、勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。

    退職|転職活動では、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 転職活動を進めるには、それなりの準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。…が、ここ数年の、企業面接では私服で大丈夫な会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に赴く必要がないケースもあります。会社の設立間もない会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接をした方が、相手に好印象を与えられます。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服だと面接の間に、ファッションの話もしやすくなります。ですから、面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、今後、転職活動をするつもりなら、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    転職において、まずは今勤務している会社を辞職した後…

  • 転職をするのに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからという人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスの支給日を気にしておきましょう。ボーナスの支給がある会社は山ほどありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが入る時がもうちょっとならば、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるという考えもうまいやり方です。ボーナスは月々の給与と比べて大きな額なので、頂いておいた方が良いとはっきりと言うことができますから、辞職する際には会社がいつボーナスを支給するかについて確実に頭に入れておく方が賢明なやり方です。

    転職時、比較的重要視されるのが「面接」になります。

  • 転職をするときに重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。普通の面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた経緯などいろんなことを尋ねられると思います。そして必ず、面接の終了間際に今度は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「なにか弊社についての聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、戸惑う可能性もありまよすね。こういった場面に備えて、予め面接官からの質問を想定し、答えを用意しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

    退職|転職することを成功させたいのなら、行動する前に意味のある情報を集めることをしておきましょう。

  • 良い転職する先を見つけるためには、行動する前に情報を収集することが必須です。そうしようと思うのなら近年は企業の名前も知らないような小さな企業らしくもなくホームページに会社のことを書いているところが普通なので、ネットを駆使して自分の気になる点を手に入れるとそれとその会社についてわからない点を解消しておくと転職に役立ちます。加えて公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのも対策としては有効です。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職を考えている希望の職場を自分の目で見て判断するのも大事です。

    退職|日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのです…

  • 日本には昔から「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。転職しようと考えるなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。必ずや現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを10個、少なくても最低5個は箇条書きにしてみましょう。そうすることで、再就職を決断することです、そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、迷うことなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。

    再就職する場合用意しないといけない履歴書について…

  • 再就職しようとする際に必ず準備する履歴書や職務経歴書などに関してですが、たいてい、手書きではなく、パソコンで作るというのが一般的となっています。今の日本社会では履歴書については自筆で書くのが普通だと捉えられていることもありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実際のところ、転職に関しては履歴書は絶対に手書きでないといけないとまでは断言できません。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとする場合もあるようですが、そうではない場合が徐々に増えてきますから、パソコンで書かれた履歴書や職務経歴書でも良い企業は多くあるのです。

    以前の求人情報では、募集条件の中に「性別」について、…

  • 数年前は求人情報に必要とする人材の「性別」まできちんと書かれていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そういった時代になったのですが、求人募集をしている会社は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。なので、実は男性必要な会社に募集に女性がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、でも採用されないといった可能性が高くなります。仮に、「女性が活躍できる職場です」と紹介されている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いでしょう。

    派遣会社での仕事が決定しました。

  • 派遣先の会社が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業の担当の方と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、どうしたことかコンビニの前にいないから店内にいるのではないかと思い店内に入ったところ、担当者はこともあろうに雑誌売り場でしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開いて閲覧していました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁してだと感じて、その場で声をかけずに気付かれないように店の中から出てすぐさま派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

    私は20代までに転職2回で、いまは資格を手に入れたい・・

  • 私は20代で転職を2度経験して、今現在は資格の勉強をしながら、派遣社員になりました。常勤の勤務ではないのでやはり毎月の収入は安いのですが、ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時に資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると余計に羨ましく感じたりもします。昔は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じる日もありました。しかし今では、結婚して生活環境もかなり変わり、明確な目標ができて充実した日々を過ごせています。

    退職|再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業であれ・・

  • 再就職のための採用面接では、規模の小さい企業であれば大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、仕事を一緒にしていく現場の担当者、つまり課長や部長などの管理職が面接する可能性も考えられます。とりわけ、事務・営業の場合は、資格だけでは見極めが難しいので、自信を持ち自分という人物を売り込んでいくことがとても大事です。面接官から「この候補者はしっかり自己アピールできるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

    今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。とはいっても、仕事をしながら求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともにハードだといえます。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接前にキャンセルすれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておくべきです。

    転職先を考えるにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと共…

  • 転職を行うならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一緒にさらに収入が増えることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をして事前に研究をしています。同じ会社でその上同一の職種、社歴であるのに人によってすごく幅がある場合も多数あり、ぶっちゃけた話面接時に質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人について誰だかある程度察しがつくのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。