日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが・・

退職|日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

昔から「石の上にも三年」という教訓があります。現在の社会では「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に仕事を変えたいと考えているなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。最初に、今現在の職場、仕事内容について全般的に、不満に思う点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出ししてみましょう。そうすることで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、素早く、より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。

退職|転職をしようとする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書などに関してですが、…

転職をする場合絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などに関してですが、原則、手書きではなく、パソコンで作るというのが大多数です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなく自筆で作成するのが当然だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実際のところ、転職に関しては必ずしも手書きでないといけないとは言えないのです。手書きの履歴書や職務経歴書を高く評価するケースもありますけど、そうではない企業が増加してきますから、パソコンで作った履歴書でもOKな企業は意外にも、けっこうあるのです。

今までは求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」まで…

今までの求人情報に必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。ところが今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用時、男女の差別をしてはいけないとして、応募資格の中身に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、募集する企業側には性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。現実に、実際は男性を欲しいジャンルに募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してくる、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容なら、求めているのは女性だと解釈しておいたほうが良いでしょう。

退職|派遣の仕事が決定しました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している・・

派遣として働く会社が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業の担当の人と就業場所付近のコンビニで落ち合う予定だったのですが、担当者が約束をしたお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いお店の中に入ってみたら、なんと雑誌の所で座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいるではないですか。こんな担当者のお仕事なんて我慢できないことだと思って、その場で声をかけることなくコンビニの外へ出てすぐさま派遣会社に辞退の連絡をしました。

これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在は資格をゲットする・・

20代の時点で転職を2回し、今現在は資格の勉強をしながら、派遣社員として働いています。フルタイム勤務とは違うので毎月の収入は安いのですが、ですがその分、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、もっと学生の頃に資格を取り、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると羨ましく思います。昔の私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、落ち込む日もありました。しかし、結婚を契機に過去と比べ生活環境が大きく変わり、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、まいにち充実しています。

退職|再就職のときに行われる面接というのは、小企業クラスの場・・

転職の際の採用面接では、小企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、例外もあるはずです。例えば、共に仕事をする部署の責任者、簡単に言えば管理職である課長や部長が面接をしてくれることもあります。特に、営業系や事務系に再就職する場合は資格での判断がしづらいので、自発的に自分という人物を売り込んでいくことが求められます。面接官から「この候補者はしっかり主張するし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。ただ、忙しく仕事をしつつ求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、そうした場合に書類選考が通り面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自分で直接応募した場合も相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておく必要があります。

転職ならば、もちろん仕事におけるやりがいアップも大事だけ・・

転職を行うなら、当然やりがいを考慮することも大切だけどそれだけでなく収入が上がることも大きなポイントになるから「年収サイト」というところに登録をして前もって研究しています。一緒の会社でしかも同じ職種、経歴であるのに人によって非常に違いがある場合も多くて、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について察しがついてるのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

現在では、株式・不動産投資などといった不労所得を得た・・

この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり、個人経営 、起業等、必ずしも「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃には、先行きがみえない株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが賢明でした。そのため人のあるべき形として、一般の人々に認知されていました。そんな成長期は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」と付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

新卒として入った会社を辞めて、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にさよならをして転職することになりました。はじめはしばらくの間悩み、辛い気持ちでした。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを自らの転職活動で気づき、いつの間にか気が楽になりました。1回でも転職をするとなんだか体が軽くなったようで、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが喜びになっていきました。いまだ「一通り経験してから」といったような転職を否定する意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職を決断してよかったと心の底から思っています。

生まれて初めて失業保険をもらう際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人・・

はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても給付されると思っている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実際には、きちんと仕事探しを行っていなければならず、その上に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。一方、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付をストップされたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、気をつけてください。

2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてないのに…

このあいだ転職したというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人がずいぶん多いものです。何故かと考えてみると私の思うところは新たな気持で新たな環境を手に入れたはずなのに「自分自身の想像していた仕事とだいぶかけ離れていた」「雰囲気が受け入れられなかった」と考えてしまって別の仕事を探すみたいです。可能ならこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、とにかく情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、職場独自のルール、など多角的に事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

退職|年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな・・

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。現在の会社側がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐもらえる場合があります。もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の給料を軸に失業手当の金額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

転職した会社でこれまでに培ってきた実力を活かすことができれば…

転職先で今までの実力を最大限に活用できれば、即戦力と周囲から見られて割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。会社側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えば簡単だといえます。それに加えて今までの職場と似た仕事内容なら転職すること自体すんなり行くはずです。ですが、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務系、公職については、時代・景気に関係なくかなりの競争率ですから、楽観視は禁物です。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。企業の多くは履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、なによりもこれらの書類の作成が大切といえるでしょう。ただ必要事項を埋めるだけなく、内容が魅力的であることも大事です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きましょう。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく書くのが望ましいです。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための有効な手段です。

「就職エージェント」の大手ほど、豊富な案件を持ってい・・

大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件を扱っているという魅力があるといえますが、反面、転職を希望する競合者も大勢います。そのためあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントのスタッフ側が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先したりもするのです。大手の転職エージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いとても難しいので、発想を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか話しをすると転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。