日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが…

日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。が、当たり前に転職が可能だと思い込み軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職を検討する際は、タイミングを捉える必要があります。とりあえず、今現在の職場、や仕事内容について、不服点を10個前後、紙に書き出してみましょうそうしておくと、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、手早く、今より良い仕事を手に入れるべくトライしていることも大切です。
  • 退職|転職の際に必ず書く履歴書や職務経歴書などについてです・・

  • 再就職する時に準備する必要のある履歴書は、ほとんどはパソコンで作成するというのが普通です。現代の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンではなくペンを使って作るのが普通だと考えられていることもありますが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実際には、転職をする時については履歴書や職務経歴書は100%手書きじゃないといけないとまでは断言できません。自筆の履歴書や職務経歴書を高く買う場合もあるようですが、そうじゃない会社が増えてきますから、パソコンを使って作った履歴書でも大丈夫な場合は意外にも多くあるのです。
  • 数年前の求人誌に募集条件の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。

  • 昔の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで記載されているのが普通でした。しかしながら今では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人や、採用での差別をあってはいけない事が決まり、募集要項に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そうはいうものの、求人を出す雇い主としては、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って男手を希望のジャンルに女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、といったようなトラブルが少なくありません。求人で女性活躍等と記載があれば、雇用側が「女性」を必要としている、と認識しておくトラブルを回避できます。
  • 派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当・・

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。仕事の1日目に派遣会社の営業担当の方と就業場所付近のコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、営業担当者がコンビニの前にいないので店内にいるのかもしれないと思い店内に入っていったら、なんと雑誌の所で座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けて見ているところを発見しました。こんな担当の方の仕事なんてまっぴらごめんと考えて、声をかけることもなくお店の中から出て速攻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • 退職|私は20代で転職を2回経験し、現在は資格をゲットする・・

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格を取る目的で「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務でないため、どうしても給料は以前よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生時代に資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すと私もああなりたかったと思います。これまでの私は、自分と他人を比べてしまい、悩みだったのですが、しかし、結婚を経験し、随分と生活環境も変化し、そのなかで将来の進む道も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。
  • 再就職のときに行われる面接というのは、中小企業クラスの場…

  • 転職の際の面接では、中小企業であれば、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、それ以外のケースもあるはずです。例を挙げるなら、今後仕事を一緒にしていく責任者、かいつまんで言えば部長や課長などが面接場にいあわせることも決して少なくありません。とくに営業や事務に転職する場合は資格などという具体的なイメージはありませんので、自信をもって自分をアピールしていくことが重要になります。面接担当者たちから「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。ですが、働きつつ求人を探しながら応募したり、面接に臨む、というのは大変だといえます。転職活動を行っている間は、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接の連絡が来た後で辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しなければいけません。
  • 退職|転職先を探すとき、もちろんやりがいを考慮することも大切だ…

  • 転職先を決める際、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけど年収のアップも大きなポイントですから「年収サイト」に登録して前もって調べています。全く同じ会社で加えて全く同一の職種、社歴なのに人によってすごく幅がある場合も複数あり、ぶっちゃけ面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた側も誰だか予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。
  • 退職|ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得、あるい…

  • この頃では、株・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、個人経営 、起業等、必ずしも会社勤めだけが世の習いといった今までの見解も変わってきています。高度経済成長時代においては、どう転ぶかわからない株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇われているほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、広く一般の人々に浸透していました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」といった名称で言い表されています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。
  • 退職|新卒採用で入社した会社を辞め、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、悩みましたが、転職すると決めました。実際にやめる前後は、人生でもっとも不安で辛い時期もありました。ですが、数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを私自身が転職を経験したことで学び、いつの間にか気が楽になりました。また1回転職したことでふしぎなことに肩の荷が下りるような気分になり、「自分の好きなこと」を探すのことが楽しくなりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような意見も根強くありますが、それが正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思っています。
  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくてももらえると思っている…

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると思っている人が大多数ですが、それは誤解です。実際には、失業保険の給付を希望通りに求職活動を行っていなければならず、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況を報告して本気で仕事を探していると判断されれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。これに対し、本気で就職活動をしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、問答無用で給付の一時停止に至ったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、十分気を付けましょう。
  • 退職|少し前に転職したばかりであるにも関わらず、早期に辞めてしまう決意してしまう人…

  • 少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、早期に退職届を提出する人がわりと少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうと新たな気持で転職先の仕事に飛び込んだものの、「自分の考えていたものと堪えられほどかけ離れていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」といったことで去っていくのだとか。でもこういった転職における失敗を未然に防ぐためには、とにかく情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。通勤にかかる時間、給与システム、など多角的に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 退職|年内中に転職活動を考えている人で、次までの仕事に期間がある方・・

  • 年内中に転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は勤めている会社でしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ずだれでももらえます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。このとき、受け取れる「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料を軸に支給する額を計算するので会社に繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 新たな仕事で今までの実力を活かせられれば、即戦力と周囲から見られ…

  • 新しい環境下でこれまでに培ってきた実力を存分に発揮できれば、即戦力として周囲から認識され、割と早く職場にも馴染めるし、いい人を求人している会社サイドも、そのような人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、わけなく採用されるでしょう。加えてかつての仕事内容と同業であれば、転職は非常に楽になるでしょう。とは言っても、即戦力となる能力があったとしても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)などは、時代背景に左右されることなく中々の難関になることを肝に銘じておきましょう。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。企業の大半は履歴書と職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大事です。単に穴埋めするだけでなく、記載内容の魅力化を図ることも大事です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書き出しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを頼ること満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。
  • 大手転職エージェントは多くの案件があるという長所があるといえます・・

  • 大手転職エージェントに限って、潤沢な案件を持っているしかし、同時に転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。あなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフの側が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえない場合もありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。大規模な転職エージェントの運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いとても難しいので、方針を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないか、と話しをしておくと転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。