楽しく過ごしつつ、再就職をすることができたら、精神的な負担が減少するの・・

退職|将来に目を向け、楽しんで転職活動をすることができたら、…

  • たのしい気持ちでいながら再就職と向き合えれば、メンタル面への負担も軽減されるので、転職活動の間の堕落も回避できます。そのうえメンタル部分が損なわれていない分、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。そのためには、やはり、休職期間をつくることなく新しい勤め先を見付けることです。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いでしょう。ブランクをなくせば今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうしておけば、職歴にも空白期間が無いので履歴も傷がつきません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、円滑に転職活動を進めていきましょう。

  • 転職活動を始める場合、最初に、ハローワークの求人票を見たりして…

  • 転職をする場合、予め、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで関心のある会社をチェックするとは思います。とはいっても、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、期待していたことと全く違うと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、そのあとは、あれこれと理由をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとすごく勉強になります。

  • 転職したい会社の会社見学ができれば、すごく勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、普段通りの仕事現場を見せてくれることはありません。典型的なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。ですから、仕事=見学で知った内容と考えないことがたいへん重要なのです。加えて、見学時に実際に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、言語道断といえます。雇用契約を結んでいない人にはもしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障はありません。仮に、勧められたとしても角が立たないように断るとこが大切です。

  • 退職|新しい就業先では「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、転職1年目の段階では、ほとんど研修期間を入っている企業がことが考えられます。自身の場合は苦労の末手にした職なのに、なんと前の職場での年収とあんまり同じでした。また、仕事もきつく、かなり責任が伴うもので、一年目を乗り切るのにものすごく苦労しました。そういった経験から、転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、できる限り転職する以前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 退職|転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてもらいた・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていただきたい点がいくつかあります。まず派遣という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をなんとなくイメージする人が多いはずです。本音を言うと私もまさにそう思っていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「電話対応が主な業務」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、仕事に就くと、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので困っています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。特許出願の経歴がある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を出した経歴のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、「功績」ある人をターゲットに、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思しき誘いを受けた際には、思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の輩は確実にサギであるので騙されてはいけません。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要などありません。

  • 求人情報にはたいていの職場では月にもらえるお金が明記されています。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の職場では月の給与がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の項目をチェックする時には、注意して確認する事が欠かせないです。その数値だけでわかってしまわないほうが無難です。実はひょっとすると、月収の額の中身が「毎月30時間分の残業」が条件になっているかもしれません。そういうことは残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。そのほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあったります。そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • より安定した生活基盤を手に入れるべく正規社員として働きたいと思っている・・

  • 安定した人生を欲しがり正規社員として働くことを念頭に置いている人が少なくない、というのが現状です。けれども、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っているのに正社員としての転身が叶わないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人はかなり充実しているのに正規雇用の求人に拘り、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。万一あなたが中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正社員の募集もチェックしてみましょう。会社の一部は、会社に貢献することができれば、数年で正社員へのキャリアアップが図れることもあるからです。ですから面接時にこういった可能性を聞いておくと後々の役に立ちます。

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

  • 転職のための面接では注意する点があります。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ質問されます。この時、前の職場の「人間関係」「労働環境」に関しての不満ともとれる返答は、絶対に話さないほうがいいでしょう。こういった話をしてしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがとても大事で、たとえば「新しい職場で、スキルを生かしながら、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったような未来形での話ぶりが求められます。

  • 以前は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • 今までの私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。というのは、大抵の転職サイトは、構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。であったので、転職する際は「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している方も多いかもしれません。ですが、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、数年以内に転職を本気で検討しているのなら、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗な電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 退職|派遣会社を通して仕事をする人がだんだんと多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働いている人が現在増えてきていますが、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでその中で何割が自分に支払われるのかをできる限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が大半です。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされないところも少なくなく、ときには、3割しか支払われていなかったというケースも多いといえます。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、可能な限りそこでの登録を止めておくのが賢明です。

  • 退職|職場環境のせいで心的に苦しくなり、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したな…

  • 仕事によって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、相談するのは会社でなく自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。働くのは当事者である自分ですが、家族の問題が第一でもあるからです。どれだけ高い給料を得られたとしても、精神的にボロボロになるほど我慢して働くことは、健全とは思えません。現在では、物質的なことよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなた自身の身内や、自分の心身をいたわりましょう。

  • 退職|派遣社員になっても契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職活動を経験して実感しました。結婚した後、生活が落ちついたら、すぐさま子供を持ちたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい今の部署で継続で仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、給料は安かったですが仕方なく時間的な自由が得られるのでガマンしました。ですが、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。

  • 退職|再就職をする時にマークする募集内容に関しては、基準的なものとし…

  • 職を変えようと考えている時に閲覧することになる求人情報は、基準的なものとして、アバウトに載っている、という事も少なくありません。なので、情報として書いてあることを全部正確なことだとは思い込まない方が良いでしょう。とりわけ報酬面に関しては、一般的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?一番高い給料なのか?という判断ができない人のほうが多く自分勝手に判断してしまうと、後々そのことを悔いる事も少なくありません。そのような訳で、後悔しないようにするためにも、募集事項に関しては、一般的なものだと思って、そのような肝心な内容は会社の方に直に連絡を取ってみた方が適切です。

  • 前なら看護婦ですが看護師というのは働く者としてどうして・・

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは女性の割合がかなり高い職場です。ご存知のように気力・体力の消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産といった仕事と私生活との両立が取りづらい業種ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。ずっと、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加の状況となっています。

  • 経験したことがない業種などに転職したいと考えている場合には…

  • 初挑戦の分野などに転身を行う際は、自分が以前の職場で身に付けた能力や経験が生きるといった内容の自己アピールが必要です。そのジャンルの未経験者は未経験の分その業界で勤務したことがある方よりも正直、損にはなりますが、自分が保持しているスキルがその場でも発揮できるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になることも多々出てきます。そのため、経験が全くない分野にチャレンジする場合は、その業界と今まで自分が経験してきた仕事との関係をできる限り考えましょう。