求人を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人・・

求人に関する情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人は…

  • 求人に関係する情報を見る場合、「デスクワークがしたい」と考えている人ほどはなから製造業を見逃してしまっていますが、そういったことをしている人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業での求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」の仕事がたくさんあります。けれども、製造業の勤務場所はオフィス街のような環境とは違うので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、とはいえ、自らの執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

  • 転職を行うにあたり、今働いている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが・・

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自分からすすんで退職願を出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が認定されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してハローワークの保険担当者と口喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、リストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定が下ったのちすぐに失業保険が給付されます。

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の就活の際に…

  • 転職の面接でいるスーツの色味については、新卒の就活の時に身に付けている色がベストです。ですので、黒とか紺色などのような落ち着いた色合い、ということになります。それは転職でも、スーツのカラーはこういった色が大方を占めそうでないカラーの人は少ないです。強いて言えば、ごくたまにグレーを着用している方が若干いるくらいです。ほとんどが黒系や紺系のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接担当者もそういった色であるほうが自然に見えます。ですから、第一印象という点では推奨したいわけです。

  • 職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズ可と…

  • 再就職の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと事前に言われる時もありますが、クールビズのスタイルで赴くのは減点対象になるのでは?と思いがちです。クールビズについての迷いを心に抱えている方々にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで良いとされた面接なのであれば、伝えられた内容を守った方が安心です。色々考えてしまい、汗がでる時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手側に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで構わないのです。

  • 転職のための採用面接を受けに向かいました。

  • 転職のための面接を受けに転職希望の会社へ訪ねました。その会社で会議室が空きがないとのことで外の場所で面接官と待ち合わせて採用面接をして、当該会場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。それで電車の中においても面接担当者とずっと話しながらいっしょに帰宅することとなり、その結果お互いリラックスして面接より話が弾んで、それが良かったからなのか問題なく採用も勝ちとることができました。

  • このように近年の雇用事情が激しく変わってきたことに関して、全世代の中で…

  • 最近の会社や企業の雇用形態の慌ただしい変移をに関して、社会人の中で若い人たちが特に興味を持って見ているようです。大方、今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。なので、労働者・サラリーマンなどの労働力の「流動化」が活溌になっているので、それに応じて後々より広い世代で転職についての関心度が強くなると考えられます。そういったことから、勤め先を変えることはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。しかしながら、時流の変化とともに現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も薄れてきています。

  • 退職|失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要です…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこれを知らずに期間の制限ががないと思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦って就職先を探し始めても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。面接に応じる担当者もアホウではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」についてそこそこわかるはずです。状況によっては、面接の際に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて困難になります。

  • 退職|先日転職先を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。

  • この前転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当者の雰囲気が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、私が話したことの3分の1も彼はわかっていない模様。さらに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「自分の強みについてもっと知っておくべきです」とか、知ったかぶりに横柄に言うからとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人は多少は仕事の経験がある人にしてほしいものです。

  • 就職活動において、最大の問題になるのは年収です。

  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 最近はスマホを見ればネット上には、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも・・

  • とみにパソコンやスマホを使えばインターネットの世界では、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいあります。サイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見いだすにはとりあえず情報が大事ですから収集をしましょう。こんな転職サイトを上手く使いこなすことで、満足度の高い転職を叶えられます。客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。

  • 退職|就労中には、できるだけ社内の人間に悟られないよう、(…

  • 在職期間中なら、できればバレないよう(私の例ですが)在職中に転職の気持ちのみをはじめのうちに周りの人に仄めかして反応を見ました。とはいえ、その顎、求人を散々探してみたものの、就職先も仕事を変えるタイミングも無計画なまま決まらずあっという間に時間を空費する結果に。会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、お粗末な事態になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就業先を再度探しました。

  • もし転職したいと考えているなら、前もって資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もし転職される場合は、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得しておけば、転職活動の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも楽になります。そのため、在職期間中に資格取得をするのが良いといえます。もしもあなたが将来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。おまけに、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に面接担当者に戦力として使えるとみなされ、それまでより待遇も良くなる可能性が高いです。

  • 仮に再就職を考えたとしても、万事うまく進行するとは言えません。

  • 仮に転職をしようと考えていても全部がうまくいくというわけではありません。それはいつか、転職しようと思っているなら早めに変えてしまった方が良いです。それには少なくとも30代前半まではとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に突入してしまうと転職そのものがたいへん厳しいといえます。管理職などを任されているのなら、転職を意識していても会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。会社を辞めてから転職活動を行うよりも、今の会社に籍を置いたまま時間をかけてじっくり探すほうが良いでしょう。

  • 将来的に、社会ではますます単純労働は機械で済まされるように・・

  • 私たちの社会的環境において、将来、思考を必要としない仕事は機械化が進行し、結果として、労働人口はどうしても減少させられてしまいます。どうしてかというと、シンプルな労働は人間よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動きをずっと繰り返すことは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って愚痴も言わず、疲れもしない、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。そして、人と違って報酬が発生しないのも違いですね。このように、人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化が必然といえるでしょう。

  • 自身のスキルを有効活用しながら、就職活動する場合は…

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をするつもりなら、再就職し易い業界とそうではない業界がある事を理解しておいてください。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人材不足がいわれている医療・介護業界が代表的といえます。看護師や介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な理由により、異業種に再就職する事を考える場合、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、そのため、容易に考えないことが重要です。再就職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。

  • これから転職することを考えているのなら、今の職場や仕…

  • これから転職を予定しているのなら、直近の職場の何に不満があるのかを明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと今の仕事の客観的に考えた不満なことを明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことができます。