求人誌をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

求人に関する情報をチェックする際、デスクワークがしたいからと…

  • 求人をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業はチェックしない人がいますが、そうした人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。実際に、製造業であっても、現場作業者だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買や営業管理等のオフィス系の仕事もとても多いです。しかしながら、製造業の職場自体、オフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。ただし、自分のエゴをなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

    転職に先立ち現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが…

  • 転職するにあたり、今務めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もしも自分のほうから退職届を提出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って退社の1日後から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則をわかっていない人が、本当はもらえるはずだと思い込んでそれが原因でハローワークの職員と揉めているのを見たことがある。加えて、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定されてから直ちに失業保険が給付されます。

    退職|転職の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の・・

  • 転職の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に準じた色味がベストとされています。言い換えると、黒や紺色の暗い感じの色合い、ということになります。それが、転職の場面であっても、スーツのカラーというのはこのようなダークカラーが多数で、そうでない色のスーツの人はほとんど見かけることはありません。他のカラーで言えば、グレーの人がわずかにいるくらいです。ほぼ黒や紺が多いので、人事から見てもそういった色であるほうが普通に見えます。ですから、身だしなみ、という観点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

    転職の時にする面接では会社側からクールビズ可とと連絡が来る場合もあります…

  • 転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズ可とと伝えられる場合もあるようですが、クールビズで面接に行くのは本当は失礼なのでは?と疑う人もいます。クールビズについての迷いを心に抱いている人たちに申し上げたいのが、クールビズでも大丈夫だと言われている面接なのであれば、言われた内容をそのまま行動に移したほうが間違いないです。迷うことによってしまい、汗がでる時期にスーツをびしっと着ると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズで構わないのです。

    退職|転職における採用面接に転職希望の会社へ行きました。

  • 転職の採用面接にとある会社に出向いたときのことです。社内の会議室や応接室が空いていないとのことで外のある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散し、面接官も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。そのため電車内においても面接担当者とずっとおしゃべりをしながら帰宅することになり、そのため打ち解けて面接よりお話が弾み、それが奏功したのか無事に採用を掴み取ることができました。

    退職|このようにここ数年の企業の雇用事情の大きな変化に際して…

  • このように近年の会社や企業の雇用形態の大きな変化に関して、若い人たちが特に気にかけているようです。十中八九今後に備えようとしている段階のような気がします。なので、働き手の労働市場の「流動化」が顕著となっているので、よりこの先、若い世代以外の層にも転職の関心が高まる気がします。「流動化」の影響で勤め先を変えることは至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「会社を辞めて転職」というとそれだけで評価が下がるとも言われて損をしてしまうこともあったのです。ですが、時代も変わりずっと同じ会社に勤める意味も薄れてきています。

    失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りつつ仕事を見つけようとしてもよい会社を探すのは難しいです。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのか位はだいたいバレると思っておくべきです。ヘタをすると、面接の時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。

    数日前転職の準備をしようと人材バンクに登録に出向きました。

  • 昨日新しい仕事を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために現れた担当者が見た感じ経験不足の社員のようで、私が説明している話の3割もその社員は理解できていない模様。それに加えて「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「自分の強みについてもっと考察するべきです」とか、一丁前に横柄にのたまうから大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそれなりに仕事の経験がある社員にしてほしいと感じます。

    転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

  • 転職活動で話題にあがるのが「年収」です。面接の際、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうのです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんどありえません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

    退職|最近スマホは便利でインターネットで見られる世界には「転職のためのサイト」と呼ばれるも…

  • スマートフォンは便利でインターネット上には、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい存在しています。自身の目的に合致した転職先と思えるのを探すためにも、最初は情報を収集することから始めましょう。こういうサイトを上手く使うことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、本当に信用していいのかどうかをよそと比較しながら確かめてみましょう。

    就労中には、なるべく気づかれないように、(私の転職活動で…

  • 在職中には、可能なかぎり周囲に悟られないよう、(私の転職活動では)在職中に転職したいという意図だけ、早いタイミングで社内の人間に話してみました。とはいうものの、それから、求人を必死に色々とみていったのですが、思いとは裏腹に転職先のあても、転職時期すら何一つ決まらないまま、ダラダラ時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。

    もしあなたが転職したいと考えているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • 転職を考えているのなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、仕事を続けながら資格を取っておくのがベストです。転職時に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも容易になります。といったわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得が一番良いタイミングといえます。あなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の職を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。また、資格を取ってからの面接の際面接官に「即戦力」と見なされ、以前の職場より待遇アップも期待できます。

    再就職をしようと考えていても全部がスムーズに進行…

  • 転職活動をしたとしても、全てがうまくゆくと言い切ることはできません。可能であれば、いずれにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちになるべく早く行動しておいたほうが良いです。普通一般的には、20代のうちは良い希望を見出しやすいですが、これが30代後半から40歳代に達してしまってからの転職自体がとても厳しくなります。重要な役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の仕事を続けるということを選択肢に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を行うよりも、今の会社に残った状態で、時間をかけて注意深く行動したほうが堅実です。

    退職|今後の社会ではますます考えなくてもできる仕事は機械に変更されていき…

  • 将来的に、社会では徐々にシンプルな労働は機械に変換されてその結果、労働力は少なからず減らされてしまいます。というのも、シンプルな労働という観点では人より機械を稼働させたほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返すことは機械なら何の苦もないのです。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、疲れもしない、ずるもしない、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。ヒトとは違い、報酬が発生しないのも違いですね。ですから、労働力として人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械に移行していくのも注目されているのです。

    退職|自分のスキルや資格を武器に転職をしようと考えているのなら、…

  • 今ある自分のスキルをふまえて転職活動を検討する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」が代表例といえます。医療や介護の業種では看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。こうした業界で働く人が、仕事のきつさから、異業種に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、というわけで、容易に考えない事が必要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、他の業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

    そろそろ転職をするのなら、現在の業務や業務の何が気に入らないの・・

  • そのうちでも転職を予定しているのなら、今いる仕事の何が気に入らないのかを洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々不満にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「仕事や業務の客観的に考えた問題点を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は防ぐことができるでしょう。