求人関連の情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ…

求人に係る情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほ…

求人に関係する情報を見る際、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業を見ようとしないものですが、そのような人というのは、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。事実、製造業であっても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類されるお仕事もかなりの数あります。ですが、製造業がある場所はビジネス街などがある都市部からは離れていることが多いのでそこがマイナスに感じられるかもしれません。そうした事には自身の執着をなくすことで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

退職|転職を行うにあたって、現在勤務している会社を退社する時…

転職するにあたって、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしも自分からすすんで退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社の1日後から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してその結果としてハローワークの保険担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。なお、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてからすぐさま失業保険が給付になります。

退職|職を変える際にいるスーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の際に…

転職の時の面接で必要となるスーツのカラーは、新卒の就活に着用しているカラーがベストです。言い換えるならば、黒や紺色などのような暗いカラーになるわけです。それは転職のケースであっても、スーツの色味というのはこういったダーク色が多数派になっており、それ以外の色の転職者はあまり見かけることはありません。それ以外だと、ごくたまにグレーを着ている人がいるくらいです。割合からしても紺系や黒系のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が普通です。ですから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。

退職|転職の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫です…

転職をする際の面接での身なりはクールビズでもOKとと書いてある場合もあるようですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは悪いのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズについての迷いを心に背負いこんでいる人たちにアドバイスしておきたいのは、クールビズで来ても良いとされた面接の場面では書かれていることを素直に聞き入れるほうが不安要素がないです。迷ってしまい、夏の暑い時期にしっかりとしたスーツを着用していくと面接担当者に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズでもOKと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

退職|転職における面接にある会社に伺ったときのことです。

転職のための採用面接を受けに希望先の会社へ出向いたときのことです。偶然その会社にある部屋が空いていないとのことで外のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接を行い、その場で解散し、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。結局は電車内でも彼と一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、おかけで緊張が解けて面接の時よりも話が弾み、それがプラスに働いたのか最終的に採用を掴み取ることができました。

退職|今の時代の雇用形態の激変ぶりにおいて、若者たちが特に気にかけているようです。

現代の会社や企業の雇用形態が目まぐるしく変わってきたことにおいて、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちが特に注目しているようです。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。なので、働き手といった人たちの労働市場の流動化が進行しているようで、それに応じて将来、若い世代以外の層にも転職の注目が高まるのでは、と思います。この様な情勢の中、転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が機能していた頃には転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。時代の変化もあり、今やっている会社のみに執着する必要も減っているように感じます。

退職|失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが・・

失業した人がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急いで仕事を見つけようとしてもよい会社を見つけるのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった部分はだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、面接時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。

退職|先週新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に行きました。

数日前転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の方がどうも新入社員らしくて、、こちらが説明をしていることの3割も理解ができていない感じ。そのうえ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「自分の強みをはっきりと知るべきでしょう」とか、わかったように横柄に話すから大変不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少は仕事の経験がある人にしてほしいです。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう

退職|近頃スマホを使えばインターネットで見られる世界では要す・・

世の中は便利になったものでスマホで調べればインターネットで見られる世界では要するに「転職に関するサイト」に類するものが数限りなく存在します。その多くのサイトから自分自身に見合った転職先と思えるのを見つけるためには、とりあえず情報収集が必要です。転職サイトを上手く使いこなすことで、よりスムーズな転職が実現します。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。

雇用期間中なら、極力悟られないよう、(私の転職活動…

就労中は極力同僚にバレないように(自身の経験談ですが)在職期間中に「転職するかも」という意図だけをはじめの時期に周りの人間に仄めかして反応を見ました。でも、それから、転職サイトを探していたのですが、予想に反して就職先も転職するタイミングすら何も決まらず知らぬ間に時が過ぎてしまい、その一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

退職|近い将来、転職するのなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしもあなたが転職するのなら、資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、在職中に資格を取ると転職活動時に有利に働くので新たな分野に挑戦することも可能になります。そのため、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、退職後も後悔なく次に進めます。そのうえ、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先での面接時に担当者に「即戦力」と判断され、以前より待遇も良くなる可能性があります。

退職|仮に転職するにも誰でも思ったとおりの結果が出るというわけではありません。

転職を考えたとしても、万事スムーズに進行すると断言はできません。可能であれば、そのうちに転職をしなくてはならないならできれば早い時期に行動しておくべきです。普通は、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職活動全般は、厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に留まることも選択項目に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動をするよりも、現在の仕事は続けながら慎重に行動したほうが良いでしょう。

私たちの社会的環境において、近い将来ぐんぐんと思考を必要としない作業…

この先、私たちの労働環境において、着実に考えなくてもできる労働は機械に変換されてその結果、必要な人員はどうしても削減されます。単純労働に関しては人間以上に機械を稼働させたほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動きを延々と繰り返すことは機械ならへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、疲れないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一にこなせます。そして、人と違って報酬を渡す必要もありません。ですので、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械化されるのは無理もありません。

自身のスキルを有効活用しながら、転職活動する場合、再就職しやすい業界と・・

今の自分のスキルを活用しながら転職する場合、転職しやすい業界と、比較的、転職が難しいジャンルがある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。転職が容易な業界としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」が代表的といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、看護師や介護士として活躍している人が、様々な事情により、他の業界に再就職したいと考えているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、流動性は現業界よりも少なく、というわけで、簡単に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|そろそろ転職活動しようと思うのなら、今の業務の何に対して不満を感じているの・・

そろそろ転職活動をするのなら、今の職場での納得いかない部分を洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不平にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「現状の職場・業務の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。