派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意・・

派遣として勤務しています。労働契約法が原因で残念なが・・

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法の関連で残念ながら馴染みのある企業での仕事があと数か月で終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先で正規社員のポジションをつかんだ人もいるのですが選ばれた理由としては実際のところ仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が得意な方でそのおかげでで採用された模様。業務上のスキルより上司にゴマをするスキルの方が必要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣仲間と職場で文句を言ってます。

  • 転職活動をしているときは、最初にゼッタイに自身の心のう…

  • 転職の活動中はとにかく、なにはともあれゼッタイに心が慌てないということを意識しましょう。今の会社で働きながら転職のための活動をしている場合、それほどは気にする必要はありませんが、退職の後にするのであれば、かなり心のうちが焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、冷静になりつつ、活動してみましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、冷静になって見極めることが重要なのです。時間を掛けて判断することで転職で良い結果を出しやすくなります。

  • 再就職をする際でほとんど投げかけられるのは職場を辞め…

  • 再就職で面接でほぼ確実に尋ねられることが前に働いていた会社を辞職した経緯についてですが、この質問に回答する際には話の中心を退職した会社にしない方が安全です。退職するに至った経緯を的にしてしまうと言うまでもなく面接において不利なことを取り込んだ話の内容になってしまうので。この点のポイントは、どうして前の会社を辞めたのかという事をこの会社にどうしても入社したい理由があったからといった感じの話に進めるべきであり、自分が面接している会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであれば悪い面ではなく積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由になります。

  • 退職|転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもない・・

  • 転職期間ではどうしても、時間が有り余っている分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。が、そのような生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。それは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、働く気力がなくなり、経済的に困ってしまいます。そうなってしまうと、負のサイクルができてしまい、再就職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるためです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活はしないように気を引き締めましょう。

  • 退職|楽しく再就職と付き合う事が出来れば、メンタルに重荷を感じることもないので・・

  • たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合えれば、メンタルへの重荷を抑えられるので、転職活動の間に堕落はしないですみます。また精神的な部分が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の会社に勤めながら、次の仕事を見つけるのが理想的です。おまけに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうすることで、職歴の空白期間がなくなるので、将来に響くこともありません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、うまく転職活動を考えていきましょう。

  • 退職|転職活動を行うとき、予め、求人雑誌を閲覧したりして興味のある会社をチェックするでしょう。

  • 転職をする場合、まず、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社をチェックするはずです。ですが、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の「社長インタビュー」などに関しては、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、そのあとは、あれこれと理由をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。このようなブラック企業には気を付けましょう。

  • 転職したい会社で見学などがあるとすごく勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるので楽しみです。でも、「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、普段通りの働き方を見せてはくれないものです。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、本来の姿はみえないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがとても良いです。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人には仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証などありません。担当者から勧められても丁重に断りましょう。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社1年目の段階では、「研修期間」が含まれているというのがケースが多かったりもします。自身の転職したときは、尽力して手にした仕事なのに、期待に反して前の職場での稼ぎと見たところイコールで変わりませんでした。そして、業務は多様で忙しく、たいへん責任も重大だったために、1年目を乗り越えるのに本当に厳しかったです。そのような体験から転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、もっというと転職前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意して欲し・・

  • 転職を、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいたいことが複数あります。一般的に派遣という言葉を聞くと、データの入力、その他雑用等をなどの業務をなんとなく想像してしまう方がおそらく多いとは思います。本音を言うと私自身もそのように思っていました。今の会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応が主な業務」と派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし実際に働き始めると、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とはかなり違っていたので日々非常に参っています。現在は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 退職|最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。「特許」を出した人などは、連絡が来やすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、「研究開発」の論文を出した人、雑誌で紹介されている人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのためのネタとしています。万が一、あなたがヘッドハンティングと考えられる連絡を受けたなら、そうなったきっかけを考えてみてください。近年はヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そのような会社は確実にサギであるので相手しないのが正解です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が支払うものではありません。

  • 退職|求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は…

  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の場合はたいていの会社では月にもらえるお金等が記載されています。でもこの月収の箇所を調べれる時には、しっかり確認する事が大切です。その値だけでわかってしまってはいけません。企業によっては、月収の額の中身に月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代をトータルすることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せているケースもあるんです。ですから、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • より安定した暮らしを願い正規社員を狙っている人はかなりいます。

  • 安定的な生活を送ろうと正規の社員を目指す人は多いと思います。いくら頑張っても中々正社員として雇用されることが難しいこともあります。準社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人情報以外はそっちのけでもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万一中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業のなかには、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正社員への転身を狙える可能性もあるからです。面接の最後に「正社員登用」の有無をヒアリングするようにしておけば人生設計にも役立ちます。

  • 退職|転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由は・・

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と訊かれると思います。このときに、「労働環境」「人づきあい」についての不満に受け止められる返事などは、出来るだけ口にしないことをお勧めします。というのも、こういった話をしてしまうと、あなたのイメージが悪くなり、チャンスをダメにしてしまいかねません。面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが正解なので、たとえば「新しい職場ではスキルを生かしながら、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来形での話ぶりが良い成果につながります。

  • 退職|これまでは職探しをする場合は「転職サイト」より、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 前は「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのも有名どころの「転職サイト」は、いつも都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったので、転職する際は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、求人募集をしている多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に根ざした企業もあり、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている方もいるはずです。思いのほか、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、近いうちに転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトみたいに大量のお知らせやメールの心配も無用です。

  • 退職|派遣会社に会員登録して仕事をする人がだんだんと増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が規制緩和以来、増加しています。派遣先が派遣会社にいくら支払い、その中で何割が自分に入るのかをできる限り面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに、手数料を天引きする仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がかなりあります。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、酷い場合は、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、可能な限り別の派遣会社を利用されることをオススメします。

  • 働く中で心的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したな…

  • 働いていることで回復が難しいほど心的な負担が増え、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、相談するのは職場の人にするよりも自分の家族と話して、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、働くことは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い給料を手にしたからといって、精神がダメージを負ってしまうまで仕事を続けることは良いはずがありません。近年は、物質的な豊かさよりも、働きやすさを重視する生き方も徐々に増えつつあります。ですから、あなた自身の身内や、自身の心と体の健康を考えていきましょう。