現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、…

退職|現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、…

  • 近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだ問題が多い状況にあります。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。はじめに、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を一点ずつ質問をぶつけてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げ腰になるでしょう。特に給与や残業や休日に対しては、質問してみると、渋い顔をするケースが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 転業を念頭に置いているならこまめにたくさんの企業を普段から調べてお…

  • 転業を視野に入れているなら労を惜しまずに色々な企業の採用情報を日常的に調べておくと転業した後の見る目にかなり役立ちます。あなたが今現在の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、転職活動する際、どこの企業もいいように見えます。そういった状態になってしまうと、どの企業を選択するべきか、迷ってしまうので判断を大きく間違えるおそれがあります。したがって、最終的には早々に退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引先」も要チェックです。良い会社は、取引先情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックし、詳細に目を通してみてください。
  • 退職|勤務していた会社で嫌な感じの上司に困ってしまい、最後に…

  • 働いていた会社で感じの悪い上司に悩みを抱えて、その結果我慢することができなくなり退職し、同じフィールドの別の企業に乗り換えました。転職先の会社では気分よく勤務することができとても満足した毎日でしたが、じわじわと会社が収益を上げられなくなり、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。そしてその経営統合した会社が驚くなかれ以前いた会社で、しかもすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。どれだけご縁があるのでしょう。当たり前ですがまた転職をしようと活動をし始めています。
  • 転職活動を行っていると面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接時に絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、正直に話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。給与が納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、かなり慎重に質問してきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。
  • 退職|一度、転業の思い立ったのなら、会社の人には内密にその気持ちがばれないように…

  • 万が一、現職からの転業の決断したのであれば、徹底して周囲の人間にはこっそりとそれを教えないようにうまく活動を進めていき、働いている間はできれば同僚に気づかれないように平常通りに振舞うのが賢明です。そのスタンスでいけば、希望通りの働き先が容易に見つけられなくても、転職時期を延長しながら、今の仕事をそれまで通りに残ってもトラブルの心配がありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と話してしまうと、社内の人は、その言葉を受けた態度をします。それどころか「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲からは「あいつは辞める人」という位置づけになります。しかし、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、肩身の狭いと感じることもあるでしょう。
  • 退職|友人や知人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。でも、転職した先の労働環境、労働条件といった点に関して紹介者からの口コミをあんまり信用しすぎると後々キケンです。当然ながら、そういう口コミ情報はその人の主観に基づいているからです。紹介した人にとっては、とてもよい職場に思えても、、自身の主観で見た場合、ストレスフルな場合だってあるのです。その逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の決断を信じるしかありません。
  • 退職|転職の面接で使う腕時計の事についてですが、明らかに目立…

  • 再就職する際に行われる面接のときにする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目を惹くような腕時計の着用は避けたほうが悪い印象にはなりません。この場合の、目立つ意味は見るからに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなく反対に安物の腕時計に見えてしまうとか、そのような目を惹くということで真反対で目立つ、と覚えておいてください。面接のときに着用する腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツと一緒の考え方で、面接するにふさわしい適切なものをセレクトした方が良いと言えます。しかし、自分の年齢にあった腕時計というのも不可欠なことで、新卒で受けた面接のときに用意した腕時計よりはほんのちょっとでも値を上げた方が良いと言えるでしょう。
  • 一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので…

  • たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には適していません。しかも田舎のほうでとなると転職の可能性がずっときびしくなります。しかし製造業関連においては、都市部でない地方の工業団地の近所に拠点としている多々あります。さらに、そういう工場なら、事業分野の拡大をする時に「人員募集」をしているので、そういった機会に転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての情報をあらかじめ得ておきましょう。その企業のHPをチェックし、スタッフの募集予定はないか、頻繁にチェックしておくと間違いがありません。
  • がんばっている転職する活動時、「自分は今までずっとこのような職・・

  • 転職する活動時、「これまでずっとこのような仕事に尽力しました」「これまでにこのような技術を身につけました」と過去の自身の成功体験などをアピールする人は頻繁に見かけます。ですが、応募し再スタートを図る会社で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が申したような内容なら貢献したい」と未来の姿を話して自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 転職エージェントに登録した場合、何回も電話やメールをしてきます。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。このことに対して転職初心者は非常に驚く場合が少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務なので、かなり積極的な姿勢でいます。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が支払われるシステムのため、転職活動される人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職にしくじらないように充分に注意しておきましょう。
  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨むときに…

  • クールビズの格好をして再就職の面接に行く場合、ジャケットまでは着込んでいく必要はないとはっきりとわかるのですが、ネクタイにおいては着用していったほうが安心です。ネクタイもジャケット同様になしで良いと思っている会社もあるとは思いますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズでも必ず着用して行く必要があると思っているところが存在します。それゆえに、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけは必ず着用して面接した方が良いということをわかっておいてください。
  • 退職|もしあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」にお・・

  • もしもあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」にて大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。近年は求人情報サイトを見れば、地方での求人情報も閲覧できるようになっています。ですが、郊外や地方での求人については、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが痛いところでもあります。そのため、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもチェックしておきましょう。そうした機関の就業サポートの関連情報もチェックすると良いでしょう。
  • 転職活動をしているなら、気になる求人(OR 職種)を見つけた際には…

  • 転職活動中に、気になった求人(または業種)を見つけたら、100%「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じていとも簡単に実態を知ることができます。そういった検索をしないまま、入社してしまうと、あとから入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出ている理由が、「内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」ということも多いので目に留まった案件・業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。
  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、特定の曜・・

  • 「シフト制」の仕事に関する話です。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法やシフトの出し方については面接の際に確認しておいたほうが良いです。以前わたしは出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が「土日」にかならず出られる人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は私だけなんて・・・。振り返ると本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。すぐ…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。ところが、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。待っていると、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、淡々と面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方がないのでふたたび、連絡をした結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、勝手に電話を切ってしまいました。私はしばらく何も言えませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 退職|転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。とはいっても、転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されれば複数の企業についての情報を得ることができ、また、説明員等を通じて、その企業の社風がある程度わかります。今後、転職フェアに行くときには、1次面接を受ける心構えで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによりフェア中に、企業側(の担当者に)認められれば、後日応募して面接等に進む時にとても有利となるはずです。