”石の上にも3年”という諺もありますが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。

退職|昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。しかし、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。再就職を検討する際は、時期を捉える必要があります。その基本として、現在の職場、仕事内容について、不満を感じる点を10個前後、紙に書き出ししてみましょう。そうしておくことで、再就職を決断することです、そして、将来の進むべき道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、良い職を手に入れられるように頑張ってみましょう。

再就職の時に必ず書く履歴書や職務経歴書についてですが・・

再就職の際に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書などにおいてですが、大体、手書きではなく、パソコンを用いて作成するのがほとんどです。今の日本では履歴書については自筆で作成するということが当然だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートについてであって、実は、転職については履歴書や職務経歴書は100%手書きじゃないといけないとまでは言えません。手書きの方を良しとする場合もあるようですが、そうじゃない会社がずっと増加してきますから、パソコンを使って作成した履歴書や職務経歴書でも良いとする企業は意外にもたくさんあるのです。

退職|数年前は求人誌では、雇いたい人の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。

数年前は求人誌に雇用主の希望する「性別」がもれなく明記されていました。ですが今現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別があってはならない事となり、求人情報のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、募集を出す企業側としては、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。そんなわけで、実は男性欲しいジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、雇用側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いといえます。

派遣で働く会社が決まりました。

派遣での仕事が決定しました。仕事の最初の日に営業担当の方と就業場所の近くにあるコンビニで待ち合わせをしたところ、どうしたことか約束したお店の前にいないから中にいるのではないかと思い店内に入ってみたところ、彼はあろうことか雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当の人のお仕事なんてまっぴらごめんと考えて、声をかけることもなくコンビニの外へ出て速攻派遣会社に辞退すると連絡をしました。

退職|20代前半で転職を2回した為、現在、資格を取るべく派遣社員として企業で働いています。

これまで20代前半に転職を数回経験し、そして現在、資格を取る目的で「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務とは異なるため、給料は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生の頃に資格を取り、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際に、そういった人を見る度、自分もああなりたかったと思ったりもします。これまで、うまくいってる人と自分と比べて、悩んでしまうこともありました。結婚を経験し、過去と比べ生活自体が大きく変わり、以前よりも明確にやりたいことを見つけたのでまいにち充実しています。

退職|転職の際の面接では、中堅企業だったらその社内の「人事」担当者が面接官になります・・

再就職の際に行われる面接というのは、中小企業であれば、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外のケースもあるはずです。例を挙げるなら、今後共に仕事をする管理職、言い換えれば部長や課長などの管理職が担当することになるでしょう。とくに営業系や事務系といったカテゴリでは、資格のみでは人の評価が難しいのできちんと自分という人物をアピールすることが求められます。面接官から「この男、なかなか言うし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。しかし、仕事をしつつ求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に行く、というのは苦しいものがあります。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分で直接応募した場合も相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と覚えておきましょう。

退職|転職を行うならば、もちろんやりがいを考慮することも重要だ・・

転職を行うならば、当然やりがいのある仕事か考えることも重要だけどそれに加えて収入が上がることも重要なことなので「年収比較サイト」に登録して前もって研究をしています。全く一緒の会社でその上全く同じ職種、経歴であるにも関わらずずいぶん人によって幅があることも多数あり、ぶっちゃけた話面接の際質問をしたことがあります。面接官もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人間もだいたいは察しがついているのですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

今の時代は株や不動産投資等の不労所得のほかに個人事業や起業を目指す人も増えています。

ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような社会的変化もあるせいか、「会社員以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長の時代には、株式投資・自営業よりも組織の一員として働くほうが堅実でした。そのため人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認知されてはいました。そういった成長期は終わり、時代は変わって「成熟期」といった名称で言い表されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

新卒で入った会社を辞め、転職した経験があります。

新卒で入った会社を辞め、転職を決断しました。会社を辞める前は、1人で悩みました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動中に気づき、無意識のうちに不安な気持ちが無くなりました。1度、転職を経験したことによって徐々に体が軽くなり、「自分のやりたいこと」を優先できて楽しくなりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

過去に失業保険を受けた経験のない人は、何もしなくてももらえると思っている人が…

生まれて初めて失業保険をもらうときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が少なくありませんが、それは間違いです。実のところ、失業保険をきちんと受け続けるためには、仕事探しを行っていなければならず、その上に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月スパンでスタッフに求職活動の状況を報告して真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。その真逆に、本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、問答無用で給付を一時停止したり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。

退職|この前、転職したばかりなのに、少ししか仕事もしてない…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうという届を提出する人がなんとなくよく見受けられます。私の考えをいうと転職先の職場を見つけたというのに、「自分の期待していた職場環境と堪えられほどかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」ということがワケで去っていくことが多いようです。こういった、転職先選びで後悔しないためには、とにかく情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与体系、などいろいろ事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、…

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、失業手当をもらうことをおススメします。現在の会社側で社員に雇用保険を払っているところであれば、誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、場合よっては会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の額は、会社の辞めた月の給料がもとになって支給する額を計算されるため、もし、繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

新たな仕事でそれまでに培われてきた能力を存分に発揮できれ…

新しく就いた勤め先でこれまでに身に付けた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として迎えられ、割と早く職場にも馴染めるし、それはつまり会社サイドも、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえ良ければ、難なく採用されるでしょう。しかも、以前の業務内容と同じ仕事内容なら転職はとても楽になるでしょう。かと言って、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代や景気に左右されることなくかなりの難関だと覚悟しておきましょう。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。会社の大多数は履歴書や職務経歴書に記載されていることを判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大事といえます。ただ穴埋めするだけでなく内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出します。また、現職の社内で挙げた実績を、売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく記しましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを頼ること転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

大きな転職エージェントは、たくさんの案件を扱っている…

大手の「就職エージェント」ほど、潤沢な案件を扱っているという強みがあるといえますが、それと同時に転職希望登録者も多い可能性が高いです。だからあなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフのほうで無理だと判断すれば応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、そのライバルを優先することも考えられます。つまり大手エージェント運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、少し規模の小さなエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをすると自分の利益を考えて働いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。