社会的な転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間では今までとは違う変化が増えつつあります。そのこともあり民間企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。最近では「外国人の労働者」の比率を今以上に高めていく前提と安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

退職|私が仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自分が仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのはサポートしてくれる担当者の質が驚くほど様々でそのほとんどが満足のいく対応をしてくれないアドバイザーでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと熱心にに臨んでほしいという想いが募り、それがきっかけとなって私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格取得にはコストもかかりました。また資格取得のための勉強もかなりハードではありますが、仕事を探している方から頼みの綱とされるような存在になるべく努力しています。

転職活動における最後に残る厄介な難問として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする上での最後の難関として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在所属している企業があなたを放出したくないとして慰留しようとするかもしれません。そうなってしまった場合、何があっても退職をあきらめない、という強い信念を保つことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権のある上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動のひとつです。

退職|転職を成功させるための採用面接に関して、してはいけない…

転職活動中の採用面接での、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり必要以上に猫をかぶることは予想に反して不採用に直結してしまいます。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「給与システム」など、普通はかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、結果的に絶対に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすると、面接結果に採用されないのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、けれど、意外と良い結果をもたらす直結するといいます。この手の労働環境やお金に関する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかし、面接の場ではモジモジして質問できません。しかしながら、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」ということで思わせることができます。

退職|転職にあたって相応の準備は不可欠です。

再就職にあたって然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える「ファッション」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ところが、昨今の、面接に関しては、形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、スーツを着込んで面接に赴く必要はありません。とくに創業したての企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に良い印象をあたえます。加えて、フランクに会話できるメリットも。さらに、私服を見せることで面接の際に、ファッションの話題で盛り上がる可能性もあるので、ポイントが残るでしょう。というわけで、今から転職する際は、企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

退職|新しい仕事を探すのに、とにかく今働いている会社をきちんと退社してか…

転職活動を行うときに、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてからという考えを持つ人もいますが、そういったときにはボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスのある企業はそこら中にありますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが支給される時がもうちょっとならば、ボーナスが支給された後で辞める意向を伝えるというやり方も悪くないです。ボーナスは結構たくさん入るので、もらわないのはもったいないとも言えるでしょうから、退職をする際にはボーナス支給日を確実に把握しておくと得策です。

退職|転職する際、かなり重要なのが間違いなく「面接」というものです。

転職活動において、比較的重要視されるのが「面接」になります。普通、面接の際は当人に対して転職に至った理由や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か質問しておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。と聞かれたときに緊張して何も聞けずじまいになるかもしれません。後で後悔しないためにも、面接の前に不安に感じていることや疑問などの(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|転職することをスムーズなものにするには、行動する前…

転職することを成功させたいのなら、最初から意味のある情報を集めることをしておきましょう。ですから近頃は例えば中小企業であってもホームページに会社のことを書いているケースがほとんどですから、ネットの機能を駆使して色々と必要事項をチェックしておくとまたその企業についてわからない点などを整理しておくと転職時に助かります。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」の情報に目を通しておくと意外な発見があるはずです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より転職を考えている希望の職場を自ら判断してみましょう。

日本には昔から「石の上にも三年」という格言があります。

古来より日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。再就職するには適した時期を捉える必要があります。最初に、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不満を強く感じていることを5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、将来の転職活動に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、手早く、良い職を手に入れられるように取り組むことが大切です。

退職|転職をする際に絶対に用意する履歴書に関しては、基・・

転職をする際に必ず必要となってくる履歴書などにおいてですが、たいてい、パソコンを用いて作成するのが基本です。日本国内は履歴書や職務経歴書についてはペンを使って作成するということが一般常識だと捉えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトの時であって、実際には、転職の場合は100%パソコンで書いたものは駄目とは言えないのです。手書きをベストとする場合もあるようですが、違うところが徐々に多くなってきていますから、パソコンを使って作成した履歴書でもよろしいケースは意外にも、けっこうあるのです。

昔の求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。

何年か前までは求人誌に求める人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。しかしながら、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールが敷かれ、応募条件に「性別」を明記できなくなりました。しかし募集情報を出す企業は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。現実問題として、実際は男手が必要とするジャンルに、女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。仮に、「女性が活躍している職場です」の記載がある場合、女性を希望しているのだと解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。就業の初日に営業担当者と会社の近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、営業担当者がなぜか約束のお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者は驚くことに雑誌コーナー前の通路に座り込んでいやらしいグラビアページを開いて見ているところを発見しました。こんな担当の人のお仕事なんて絶対に無理と判断し、挨拶することもなくコンビニから出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

私は20代で転職を2回経験し、いまは資格取得の勉強をしながら、…

私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、いまは資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務を選択しなかったのでやはり給料は以前よりも少ないです。ですが、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、もっと学生のうちに資格を手に入れて、仕事をできる人はとても少ないです。また、実際、そのような人を見るとなんだか羨ましく見えてしまいます。これまでの私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、劣等感を感じる日もありました。結婚して私の生活自体が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

再就職時の面接では、中小企業であれば大体が人事担当者ですが、…

再就職のときに行われる面接というのは、小規模業者だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、例外もあるはずです。実際、仕事を一緒にしていく管理職、という具合に中間管理職である部長や課長が担当することになるでしょう。とりわけ、営業や事務に転職する際は、資格を通じた人の評価が難しいですから、結局のところ自分自身をアピールしていくことが必要です。面接官から「この男はしっかり自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

退職|転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。でも、忙しく仕事を続けながら求人を探しながら応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて結構きついと思います。転職活動を行っている間は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。深く考えずに応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを覚えておきましょう。

転職先を探す際、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけ・・

転職をするなら、仕事のやりがいのアップと共にさらに年収が上がることも大切なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究をしています。全く同一の会社でしかも同一の職種、社歴なのに人によって広い違いがある場合も多くて、正直に言うと面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人物について誰かそこそこ予測できるのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。