転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている・・

転職で、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほ…

  • 転職で、派遣社員」で考えている人に覚えていてほしいことがあります。派遣という言葉を聞くと、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をのような業務内容をぼんやりと思い浮かべている方がおそらく多々ありますよね。本音を言うと私自身もそう思ってました。現在の会社に入社するまでは「電話対応がメインです」と派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、実際に入社してみると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務を要求されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。「特許」を出した経験のある人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの勧誘をされたなら、そういったことが無かったか考えてみましょう。まれにヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる会社もありますが、そのような会社はおそらくはサギであるので気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。
  • 退職|求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、大部分の職場で…

  • 求人についての情報では、まともな株式会社では月の収入が明記されています。ただしこの月収の箇所を見る時には、注意深く確認する事が大事です。額の多い少ないだけを見てわかってしまわないようにしましょう。ひょっとすると、月収の金額の中に月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。要するに残業代の金額を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている企業もあったります。ですから、そうやって表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。
  • 安定的な人生を願って「正社員」を狙っている人は多いのが現実だと思います。

  • 安定した生活基盤を求めるべく正規の雇用社員として働きたいと考えている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っているのに中々正社員としての転職活動そのものが叶わないケースも少なくはいはずです。非正規雇用者の求人情報がかなり目につくのに正規雇用の求人以外はスルーして時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万一転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業の一部は、成果次第で2,3年で契約社員から正社員にステップアップができることもあるからです。ですので面接を受けた時に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しておけば、良いでしょう。
  • 退職|転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、必ずと言っていいほど質問されます。その場合、以前の職場の働く環境や人間関係についての回答などは、できる限りするべきではないでしょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを逃してしまうことになりかねません。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのが正解なので、あくまで「新しい職場では自分の能力をより発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような内容で自分を売り込むことが理想です。
  • 退職|今までの私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • これまでは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、いつも都心部にある企業の求人がほとんどだからです。これまでの転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に寄り添った企業が多く、とても信頼性が高いです。「ハローワークはなんか地味だなぁ」と思われている方も多数いるかもしれません。良い求人情報も載ってたりもするので、この先転職を希望しているのなら、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたいに多くのニュースレターの心配もありません。
  • 退職|派遣会社に登録して働く人が近時増えてきていますが、派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで…

  • 派遣会社に登録して働く人が近時増えています。派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを可能であれば面接のときに質問しておくべきでしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を天引きする仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い派遣業者では、3割だけしか労働者に還元しないことも多いです。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので可能な限り異なる派遣会社で登録されることを推奨します。
  • 退職|働くことによって回復が難しいほど心的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したな…

  • 仕事をするにあたって心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人に話を聞いてもらい会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜならば、仕事をするということは当事者である自分ではありますが、身内の問題ともいえます。どんなに高い給料をもらっていたとしても、心的ダメージを負うほど、我慢して働きつづけるのは、望ましいとは言えません。現在では、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族と自分の心身をいたわりましょう。
  • 派遣社員であったとしても、1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職活動したことで実感しました。私は、結婚生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、その時が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の部署でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であるために、正社員よりも月収は少なかったのですが、それでも時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大半が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、これが今の悩みになっています。
  • 退職|仕事を探しているときにチェックする募集事項の情報というのは、…

  • 再就職をする際に気にかける求人情報に関しては、だいたいのもので載っている、という可能性もあり得ますので、そこに載っている情報は正確なことだとは迂闊に信じないほうがいいと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料に関しては社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高の給料であるのか?といったジャッジができない時が多く、自分で適当に判断してしまうと、後から嫌な思いをすることもあり得ます。という訳で、募集事項は、うのみにせずに、そういったようなとても肝心な内容は直に聞くのがベストです。
  • 看護婦という名前だった看護師といえば、やっぱり女性の割合が…

  • 昔は看護婦と言った看護師は仕事としてどうしてか男性以上に女性が活躍している職です。ご存知のように気力だけでなく体力を大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜんのように職場の対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産によって仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現状です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に陥っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 全くの初挑戦となる業界などに転職したい場合には、自分が前職で…

  • 全く経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合には、自分が前の会社で培ってきたスキルやこれまでの経験が生きるという自己アピールが必要です。その分野に勤務したことがない人は経験していない分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも不公平な状態になりますが、自分自身の持っているスキルがその業種でも発揮することができるということを相手に話すことができれば、戦える場合も多くあります。それゆえに、経験したことがない業界にチャレンジする場合は、その分野と今まで自分が経験してきた職務内容とのつながりを必ず考えましょう。
  • 転職活動をするとき、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めた、辞めさせられた社員の腹いせでその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の視点から見れば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。ですが、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇する可能性が高くなる、と考えるべきでしょう。というか、本当にいい会社であれば煙は立ちません。
  • 失業保険の給付については、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、「就職活動」している姿勢を見せる必要があります。とはいっても、「今まで忙しすぎたので、とりあえずはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが正直なところでしょう。真面目に次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。月イチの「ハローワーク」での面談は当然のこととして、その場にて、求人票の閲覧は必ずやっておきましょう真摯に探す意思がないときには、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら無かった」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職期間では、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の向上を意識しておく…

  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。勤務先が見つかり、復帰した時に、趣味に没頭していたおかげで気付かない間に集中する力が養われています。また体力アップが図れていることで、その場の社員さんと比べると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。というワケで、退職したら運動なども取り入れて体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。そして、職場のなかで同じ趣味の方とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 退職|長きにわたって接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長い間接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままのお仕事は体力的につらく、事務系のお仕事へ転職することを目標にして活動をしました。事務未経験だとなかなか難しくて、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格も合格して個人のクリニックに転職することができました。周りはベテランである先輩パートさんだらけでよい人間関係を気づくのが難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた時より帰りも遅いわけですが、初めはキャリアの形成時期と考えて我慢します。