転職で、「派遣社員」を選択予定の方に覚えてほしいことがあります。

これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意して欲しいポイントがあります。まず派遣社員というと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような業務内容をぼんやりと連想する人が少なくないとは思います。本音を言うと私自身もそう思ってました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、実際に業務に掛かると、「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。的確に動けるわけもなく、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日かなりきついです。今はとにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 退職|現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や・・

  • 現代はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。あなたに特許権取得の経歴があるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を書いた実績のある人や、マスコミで紹介された人など、何かで有名な人をターゲットに、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったならそうなったキッカケを思い出してみましょう。稀にヘッドハンティングと称して、登録料を請求する会社もありますが、高い確率で詐欺なので、騙されないように気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。
  • 求人関連の情報では、大部分の場合はたいていの職場…

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、まともな職場では月の給料の記載に目が行きますよね。だけれどもこの月収の項目を確認する時には、深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが良いです。というのは案件によっては、月収の中身に「毎月20時間分の残業」が条件になっているかもしれません。残業代をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている場合もあります。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている所もあったります。だから、こういった「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。
  • 退職|安定的な人生を欲しがって正規の雇用社員として働きたいと思っている人・・

  • 安定した人生を手にするべく正規の雇用社員を目指している人はかなりいます。ところが、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに中々正社員のためのキャリアアップがうまくいかないこともあります。準社員の求人募集があるのに正社員の求人以外には目も通さずエントリーしない人も多いでしょう。仮に、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。会社によっては、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップができることもあるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」の可能性をヒアリングしても将来のプランも組みやすくなります。
  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

  • 転職時の面接の時に担当者から「転職理由は?」といった形で、高確率で質問されます。このときに、どんなに正しい意見だと思っても、前の職場の働く環境や人づきあいについての愚痴やトラブルを絡めた返しは、可能な限り控えたほうがいいでしょう。もしも、そのような不満を口にすると、採用される可能性を逃してしまうことになります。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが正解なため、たとえば「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といったような未来形での話ぶりが良い結果につながるのです。
  • 退職|これまでは「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • 今までの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。というのは、大手の転職サイトはいつも都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。なので、求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、昔から地域に密着した企業も多くあり、とても信頼性が高いです。また、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」というイメージがある方も多くいるかもしれません。思いもよらず、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もし今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークへ行って、相談するものいい案です。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗な電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が徐々に多くなってきています。

  • 派遣会社に会員登録して働く人が一昔前の規制緩和以降、増えています。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中で何割が自分に入るのかを極力面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が大半です。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも多く、酷いケースでは、3割だけしか労働者に還元しないこともあり得ます。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、可能な限り別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 働いていることで精神的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況となったな・・

  • 職場環境が原因で精神的に相当につらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そのときは、職場の人と相談していくより自身の家族に相談したうえで、転職するかどうかを決めたほうがいいです。それは、仕事をするのは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高い給料を得たとしても、メンタル面がダメージを負うほど我慢しながら無理して仕事をするのは良くありません。今の時代は物質的なことよりも、働きやすいことを大事にする生き方も徐々に増えつつあります。あなたの身内や、あなたの心のケアを忘れないようにしましょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職活動を経験して感じました。結婚し、生活が落ちついたら、なるべく早く子供が欲しかったので、それまでの間のために1年半~2年ほど継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員より給料は少なかったですが、やはり時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの人が10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。
  • 退職|仕事を探している際に見ることになる募集事項は、おおまかなものとし・・

  • 職を変えようとしようとしている時に見る募集事項は、参考程度に、アバウトに掲載されている、という可能性もあり得ます。なので、そこに記載されていることは正確な情報だとは安易に信頼しないほうが最善だと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、一般的な値なのか?最低保証の金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という見極めができない時が多く、自分判断でとらえてしまうと、悔しい思いをする事も少なくありません。という事で、悔いることのないように、求人情報に関しては、基準だと思って、そういったようなたいへん重要なことは直接確認するのが適切です。
  • 退職|その昔は看護婦ですが看護師という仕事は、歴史的にも女性の割合がすごく大き…

  • その昔は看護婦と言われていた看護師といえば、やはり女性の割合がたいへん大きい職種です。それだけでなく、気力や体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん対人関係の問題や、結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい業種ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多い現実があります。過酷な環境ということもあり、人手不足の状況に陥っています。最近は特に、それぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状況となっています。
  • 初挑戦の分野などに転業を行う際は、前の仕事で身に付けたスキルや…

  • 経験のない分野などに転職したい時には、自分が前職で養われたスキルや経験したことを発揮できるといった内容のアピールが必要です。初めての業界の場合、経験していない分その業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、損にはなりますが、自らの持っている能力がその業界においても十分に発揮することができるということをしっかりと相手に話せれば、戦えることも十分にあります。という訳で、経験したことがない分野に飛び込む場合は、その分野と自分が今までやってきた仕事との関連を見つけ出しましょう。
  • 転職するときには、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職活動をするにあたっては、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。とはいっても、実際は『クロ』で「真実が書かれているので、急いで火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上によって有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する可能性が高くなる、とみなしていいでしょう。何より、本当にいい会社であれば煙なんて立ちません。
  • 失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることが必要なのです。けれども、現実は「会社を辞め少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ということで、本気で求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然ながら必要ですが、その場で「求人票」をチェックすることを少なくともやっておきましょう。真剣に探す意思がないときには、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談のときに、「資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながらありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すというやり方もあります。
  • 退職|転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加…

  • 転職期間中には、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。採用が決まり、仕事復帰した際に、趣味に興じていたことで知らないうちに集中する力が上がります。加えて、体力アップが図れていることで、他の社員さん以上に疲れにくいということを自ずと認識することができます。ということで、退職して転社先が決まるまでは自分が興味のあるなことに集中することと、体力アップを図ることをしておくのがベストです。また、その会社で同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、会話も弾むので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 退職|長く接客業で仕事を行ってきましたが、年のせいか立ってする仕…

  • 長年接客関係で勤務を続けてきましたが、年齢的に立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられる事務の仕事へ転職することを目指して行動しました。事務の経験がなければわりと厳しく、そうであれば接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も獲得し個人の病院に転職をしました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初はキャリアを形成する時期と観念し頑張ります。