転職のための活動は希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」・・

退職|転職活動では、企業そのものというより、人事や採用担当の面接官と・・

  • 転職活動は、企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員との勝負が大半といえます。希望する職種に採用してもらえるように、はじめにあまり意識せずに冷静に対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと良いでしょう。とくに面接を介して第一にあなた自身の人間性や人柄をチェックされるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意しゼッタイに避けましょう。また常識的な社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 退職|転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を差し出された場合・・

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を差し出された場合、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?とどちらが正解かわからない場合ほとんどの場合は渡さないもの、と考えておいてください。転職のための面接というのは仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動内のことです。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする場ではありません。重ねて、会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。ですので、もしも相手側から名刺を渡されても、あなた自身はもらうだけで大丈夫で、相手にあげる責任はまったくないと思われます。
  • 転社を繰り返さないためには、少しコツがいります。

  • 転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えることが可能です。オススメは、「海外旅行」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態で面接を行えば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職してすぐは、精神面がもろくなっている人も多いので心の回復のために休業期間も必要です。
  • 自分の好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私は、食べることが本当に大好きでそれが高じて、前に、料理店(レストラン)で勤務していた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで担当していた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんでいたのですが、職場の人間関係に疲れてしまったのです。ということが引き金となって職場を離れたのですが、そのせいで、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物さえも苦手になり、似たような飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、それを実現させることはステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 退職|転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 社会的な転職事情ですが、現在の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業といった民間側からもあたらしい変化が出つつあります。その影響を受け、一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が根深い問題となっています。ここ最近では、「外国人の労働者」の総数を今よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職状況にも、変わっていくのは間違いないでしょう。
  • 自分が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 私は以前いくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質においても本当に多様で大体の場合、物足らなく感じるアドバイザーでした。こちらは人生がかかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという感情が積もり、そんなことがあったこともありキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強面においてもハードですが、就活中の人に信頼される人間になるために努力しています。
  • 退職|転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、…

  • 転職活動をする際の最後の問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先の企業が決定しても、現在勤務している企業があなたを放出したくないとして引き留めに掛かるかもしれません。そうなってしまった場合、「ゼッタイに退職する」という強い気持ちでいることを大事です。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきましょう。それから、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えます。円満退職をすること、これも転職活動で大切な要素となります。
  • 退職|転職先での採用面接でのよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり過・・

  • 転職の際に必須となる採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、残念ながら不採用となる可能性が高いです。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」などの、普通はかなり質問しづらい内容を勇気を出し率直に訊いておいた方が、最終的に間違いなく自分のためになります。実際には「そのような無神経なそういった質問をすることで最終選考に不採用になるのではないか」と不安が募るかもしれません。しかし、意外と良い結果になる直結するといいます。これらの労働環境やお金に関する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ですが、面接の場ではモジモジして質問できません。そこで、あえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」と思わせることができます。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 再就職にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、重要なことだと感じてしまいます。ですが、現在の採用面接に関しては形式ばらない服装が多い企業があるので、ビジネススーツを着込んで面接に行く必要がないケースもあります。会社の創立して間もない会社などは、考え方が柔軟で私服で面接を受けたほうが、相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接時に、服装について、話もしやすいです。ですから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 職を変える際に、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてか…

  • 転職活動をスタートする際、まず今の会社を退社してからという考え方もありますが、そういったときにはボーナスのことを事前に確認しておきましょう。ボーナスの支給がある会社は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出るのがあとわずかだったら、ボーナスが支給された後で会社を去るという考えも賢明といえます。ボーナスはなかなか多くもらえるはずなので、もらっておかないともったいないとも言えますから、転職しようと思ったらボーナスの時期を確実に把握しておくと良いです。
  • 退職|転職する際、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 転職時、かなり重要なのが間違いなく「面接」である。ふつうの面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職するに至った理由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接終了の直前に次は、転職希望者から面接担当の人に聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当のスタッフから「弊社で働くことについて何か聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。この手の質問が来たときは、答えを用意しておらず、アタフタしてしまうかもしれません。後々後悔しないように事前に面接担当者からの質問に対し、聞きたいことを準備しておきましょう。冷静になればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職することをスムーズなものにするには、戦略を立てながら…

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、行動する前に徹底した情報収集が不可欠です。そうするには近年はたとえ小規模な会社でも公式ホームページに会社の紹介を書いているというのがとうぜんなので、インターネットで自分の知りたい情報を手に入れるとまた疑問点等を解消しておくと転職の助けになってくれます。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より希望している職場を自分自身で見て確かめることも大事なことです。
  • 退職|古来より日本には”石の上にも3年”といわれる諺もあります・・

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかしながら、当たり前に転職が可能だと思い込み軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職を検討する際は、タイミングを捉える必要があります。その基本として、現在の職場・仕事について全般的に、不満に思っている点を10個、少なくても最低5個は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうすることによって、転職を決断することです、そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、迷うことなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。
  • 再就職の時に準備しないといけない履歴書や職務経歴書について・・

  • 転職をしようとする場合、必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書は、基本、自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのがほとんどです。今の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いずペンを使って書くのが一般常識と思われることもありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際には、転職をする時に関しては100%必ず手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きを高く評価する会社もあるようですが、違うところがだんだん多くなってきていますから、パソコンで作られた履歴書でもOKな場合は意外にもいくつもあるのです。
  • 退職|数年前の求人誌に性別が明確に書かれていました。

  • 数年前は求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」までハッキリと記載されていました。しかし今では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用において、男女の差別がないようにしないといけないという決まりになり、応募資格の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし求人側は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。現実問題として、男性が希望の会社に女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、といったトラブルも無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておく確実でしょう。
  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣の仕事が決定しました。勤務1日目に営業の担当の人と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、担当者がどうしたことか約束の店の前にいないので中にいるのではないかと考えお店の中に入ってみたら、彼は驚くことに雑誌コーナー前の通路に座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて閲覧していました。こんな担当の方の仕事なんて人間として恥ずかしいことと判断し、そこで声をかけずこっそりとコンビニから出て即座に派遣会社に辞退すると連絡をしました。