転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職の理由は何ですか?」…

退職|転職時には、面接をすることになりますよね。

転職する際には面接が必須となります。面接官から「転職理由は?」と質問されるのは間違いありません。そのとき、どんなにあなたが間違っていなくとも、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」に関しての不満を絡めた返事は、できる限り口にするのは避けましょう。というのも、そのような不満を口にすると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがとても大事で、本心とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような内容で自分を売り込むことが担当者の心証はよくなります。

以前の私は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。

これまでは求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのは、大手の転職サイトは特性上、都心の求人情報しかないからです。なので、転職する際は「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に貢献している企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」というイメージがある人も多数いるはずです。以外にも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、近いうちに転職するべきか悩んでいる場合は、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。有名な転職サイトのようにたくさんのニュースレターの心配もありません。

退職|派遣会社に登録して働いている人が近時増えてきていますが・・

派遣会社を利用して仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増えています。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを極力面接の際に聞いておきましょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがかなりあります。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪い派遣業者では、3割だけしか労働者に還元しないことも多いといえます。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できるなら別の派遣会社で登録すべきです。

仕事のせいで精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

働く中で精神的に相当につらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社を相手に相談するよりも、家族と相談し、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜなら、仕事をするということは当事者であるあなた自身ですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高い報酬を得られたとしても、メンタル面がボロボロになるまで我慢して働くことは、好ましい状況とはいえません。現在の社会では、経済的なことよりも、働きやすさを大事にしていく生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の身内や、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職活動したことで気付かされました。結婚した後、生活が落ちついたら、早く子育てに取り組みたかったので、その時がくるまでのあいだ、数年くらい今の職場でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正規よりも月収は少なめでしたが、それでも時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。しかし、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの人が派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣だからといって、すぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。

再就職を考えている際に気にかける求人情報について・・

転職をする時に気にかける求人というのは、通常のものとして記載されている可能性がありますから、記載されている情報は何もかもが正確な情報だとは簡単に信じるのはやめておいたほうがいいと思います。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料の額などにおいては、一般的な金額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といったジャッジができないことが多く、自分の判断で考えてしまうと、今後、悔いが残ることもあります。そのような訳で、嫌な思いをしないために、募集内容に関しては、参考程度に考えて、そういった大切な事は会社に直に確かめるのがよろしいでしょう。

退職|前なら看護婦ですが看護師は仕事としてどうしても女性のかなり多・・

以前は看護婦と呼んでいた看護師といえば、やっぱり女性比率がかなり大きい職種です。厳しいことに気力それに体力を大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのため、職場での人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産といった仕事とプライベートのバランスを取りづらい仕事です。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」となっていて、それが転職増加の状況となっています。

退職|全くの未経験である分野などに転職したいと思っている場合には・・

経験したことがない分野などに転職を考えるときには、自分が前の職で身についた力やこれまで経験したことを発揮できるといった内容の訴えが必要です。その業種の未経験者は未経験の分だけその分野で勤務したことがある方よりも足りない部分はありますが、自分の持っているスキルがその場でも十分に生かすことができるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になることも十分にあります。ですので、経験が全然ないジャンルに挑戦する場合は、その業界と前の職場でやっていた職務内容とのつながりを必ず考えましょう。

退職|転職活動を始めるとき、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思います・・

転職する際は、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見れば、ウソばかりの投稿であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。とはいっても、実際には『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分トラブルに遭遇するリスクが高くなると判断して問題ないでしょう。というか、いい会社だったら煙すら立ちませんから。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが条件になります。ですが、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが現実だと思います。しっかり職を探しているように見せることができるので教えておきます。月一回の「ハローワーク」での面談は当然のこととして、そこで、求人票のチェックは少なくともやっておきましょう。本気で探す気持ちが出ないときは、閲覧だけしてハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が見つけられませんでした」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。

退職|転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込むほ・・

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を低下させないようにしておくと良いでしょう。仕事を再開したときに、趣味に没頭していた影響で、いつの間にか集中力が養われています。さらに体力アップしているために、他の社員と比較するとスタミナがあると自ずと認識することができます。そのため、興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。転職後、その職場であなたと同様の趣味の人と知り合えたなら、会話が盛り上がるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

長期間接客関係で仕事を続けてきたのですが、歳をとるに・・

ずっと接客関係で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ったお仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を志して行動しました。事務の経験がないとわりと厳しく、それなら接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人病院に転職をしました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係が苦痛。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰る時間も遅いわけですが、まずはキャリアを作る時期だと思って仕事に励みます。

退職|転職をするに際しては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職を行うに際しては、ネットでのエージェントすなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしもそのようなエージェントに登録した結果就職できた場合でも、失業保険は給付されない。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても給付対象とならないので気を付けるべきです。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋してもらって就職したときは、就業の準備金として一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて知らなければ、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

退職|転職というものについて考えた場合、転職後の給料について気にしすぎる人・・

転職というものをする場合、その職場の自分の給料ばかりを気にする人は、そこそこ多くいるでしょう。とうぜん誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をもらうために働いているはずです。したがって年収というのは自分の仕事に対する評価という見方もできるから、当然大切なのは無理もありません。とはいえ、ひどく年収というものに固執しすぎるのも悲しい気がするでしょう。年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが多々あるからです。

退職|女性が再就職する場合、一昔前とここ最近とでは若干の違いがあります。

女性の再就職については、数年前とここ最近とでは多少の変化があるようです。かつては会社側から結婚観や出産後の仕事などのことに関して、自然に質問されることは珍しくなかったのですが、最近では、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社が当たり前になりつつあります。特に大きな会社の場合は、タブーとして扱われています。ただ実際、面接する側としては、はい・いいえ、だけでなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思うはずです。自身の人生設計をわかってもらうためにも、志望動機・自己PRと混ぜながら伝えることで、相手側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思います。ということで、たとえ、質問されていない内容でも、こちら側から気遣いながら話をしてみると良いでしょう。

退職|もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

再就職の前に、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされるキケンもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。上記のようなトラブルを避けるためにも、今の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を退職できるはずです。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後、困ったときにアドバイスをもらえるチャンスも手に入るはずです。規模や業種に関係なく、どのような企業も人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める際のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。