転職を行うにあたっては、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが…

退職|転職を行う場合、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、…

  • 転職する際は、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトはぜひとも利用すべきです。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、異なる視点から見ると、ウソの書き込みであれば会社としては気にする必要はないはずです。または、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると思っていいでしょう。というか、善良企業の場合トラブルとは無縁です。
  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職を探しているという証明が必要となります。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。とはいえ、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは遊んでいたい」と思うのが現実だと思います。しっかり次の仕事を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然必要ですが、その場にて、「求人票」を確認することを最低限やらなければいけません。本腰を入れて探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことにありませんでした」と相手に報告し、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職先を探している間は、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活を習慣化しておく・・

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに没頭したり、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、いざ仕事復帰した時に、趣味に没頭していたことで、気付かないうちに集中する力がアップします。そしてまた、体力アップしているために、他の社員たちと比べると疲れにくいということを認識することができます。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは趣味に力を入れることと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。もしも、その職場で同じ趣味を持つ人と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 退職|長いこと接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねると・・

  • 長い間接客関係で勤務していたのですが、歳をとるにつれ立ったままのお仕事は体力的につらく、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務が未経験だとわりと難しくて、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格も獲得して個人の病院に転職しました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰宅時間が遅くなったのですが、初めはキャリアの形成時と考えて我慢します。
  • 求職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 求職活動においおいて、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるでしょうが、もしもそこに登録し仕事が見つかったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付されないので気をつけなければいけません。一方、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就職のための準備費用として、一時金を受け取ることができます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。こういった点を知らなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの年収ばかりに気を取られる・・

  • 転職というものをする場合、そこでの自分の給料について気にする人がそこそこ少なくありません。もちろん誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を得るべく仕事をしているはずです。ですから自分の価値を測る指標という見方もできるから、とうぜん大切なのは当然ともいえます。しかしながら、必要以上にもらっている年収額に固執しすぎる人生というのも悲しい気がしませんか?この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは多々あるからです。
  • 退職|女性の転職は、現在とセクハラが問題視される前では多少の変化があります。

  • 女性が転職する時、数年前とここ最近とでは若干、変化が見受けられます。以前は面接のなかで会社側から、結婚観や出産後の仕事などに関して、質問されることが多々ありました。しかし、最近の動向としては、そういったデリケートな内容は「セクハラ」と捉えられ、質問されないことが多くなってきています。名の知れた大企業の場合は、神経質になっています。とはいえ、会社側としては、〇か×ではなく、その人の価値観、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っています。自分自身の価値観を知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRとともに言い表すことで、相手側にもしっかり伝わり、安心してもらえると思います。なので、質問されていないことでも、あなたの方から気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。
  • もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 転職することが、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。働いている会社の環境によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。そればかりでなく、超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のような状態を避けるために、仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い関係のまま会社を退職できるはずです。また、円満に退職できたなら、転職後も、困ったときに相談できる機会も出来ます。業種や規模に関係なく、何処の会社も人とのつながりが大事なので、会社を辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。
  • 退職|転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に見…

  • 再就職で仕事先を新しく替えるということは、自身に合う勤め先を見つけ出したほうが好ましいということです。職場を変えれば自分にもってこいの仕事に、ありつくことができるかもしれません。ただ、苦しいことも少なからずあって、雇用側が必要とするスキルが必要です。逆説的に表現すると、自身が価値ある人材になれれば、天職に恵まれる可能性も高くなる、ということです。近年は、職業選択の自由が権利として受け入れられているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれる不安もありません。終身雇用制度がなくなりつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業もどんどん増加していますので、この好機を有効活用してみてください。
  • いい職場に入りたいと転職活動をしている大半は、「早・・

  • もっと良い職場がいいと転職をする活動中の場合は「1秒でもはやく、内定が手にしたい」と思いがちです。でも、そのために内定通知が欲しいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、対称的に安売りするような売り込みはゼッタイに止めておきましょう。焦る気持ちをグッとおしころして、冷静に、そして客観的に、あなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く選択してみましょう。
  • 退職|看護師という職の人の違う職に転職を決断する原因は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という職業の人の他の仕事に転職に至る理由は、一人ひとり違います。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚することで一人とは変わって出産加えて子育てさらに家族の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、今までのようには働き方ができなくなった」「現在の給料に不満がある」といったような理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、落ちついて時間を掛けて現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断してみてください。
  • 退職|人生初の転職をするにあたって、気を付けなければいけない…

  • 初めて転職を行うのであれば、重要なのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについて頭の中で整理しておくことだといえます。その理由が問題なのですから、そして問題改善が可能な会社を選択していくのです。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を続けながら就職活動をしていくことから、時間・体力に余裕がないと難航します。そのため明確な理由がないままに転職活動をしてしまうと、途中で挫折してしまう場合があります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という強烈な気持ちがなければ、転職活動を開始するのはやめておくことをおすすめします。
  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし…

  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、会社名が公開されたりと厳しく罰する傾向にありますが、完全には程遠いと思えます。したがって、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それぞれの項目について堂々と質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になります。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、見抜いた方が後々いいと思います。
  • 転業を予定しているのなら、たくさんの会社の情報を定期的に調べてお・・

  • 転身を視野に入れているならいろいろな企業の情報を日常的に調べたり比較したりしておくと転身先をかなり選びやすくなります。あなたが今現在の職場に何かしらの不満があるケースでは、実際に転職活動をする際に、どこの会社もいいように見えます。そんな状況に陥ると、どこを選んだらよいのか判断が難しくなり、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。ヘタをすると、一瞬で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、会社の取引先を見る事です。良い企業は、取引先情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 退職|就職した会社で嫌な上司の存在に困惑してしまい、最後には…

  • 昔働いていた会社でのことですがすぐにきれる上司に悩みを抱え、とうとう耐えきれなくなりその会社は辞め、同じフィールドの他社に職を移しました。パワハラもなくきわめて充実した毎日でしたが、時が経つにつれて会社の売上が落ち込んで、ついには経営統合されることになりました。その統合した先の会社が驚くなかれ前働いていた会社で、加えてすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新しい転職活動を始めています。
  • 退職|転職のための活動を行っていて間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接において例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに伝えてもOKですが、これとは異なり転職理由について率直に伝えるのは問題です。転職理由でよくある待遇に納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、うまく話をすり替えましょう。