転職時の面接に転職したい会社へ伺いました。

転職の面接を受けるため希望先の会社へ訪ねました。

転職の採用面接を受けにとある会社に赴きました。その日に限って会社の部屋が空いていないというわけで外のとある場所で面接官との待ち合わせをして採用面接をし、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中においても面接を行った人とずっと世間話をしながら帰ることになって、すっかり緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスになったのか無事に採用を獲得することができました。

最近の会社や企業の労働背景の激変ぶりに際して、社会人の…

近年の会社や企業の労働背景のめまぐるしい変化に関して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。おそらくは、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。こういった理由から就業者といった人たちの流動化が進んでいるようで、次第に後々世代に関わらず転職について考える機会は増加していくものと思われます。労働力の「流動化」が背景にあることで、転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」機能していた頃は、「転職」というと評価が下がるとも言われてそれで損してしまうこともたくさんあったのです。ですが、時代も変わり今現在の会社のみに執着する必要も減少しているように感じられます。

退職|失業した際に給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、…

失業した際に給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、ずっともらえるわけではありません。それまで働いていた期間に応じ、90日だったり120日だったりするのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦って仕事探しを開始してもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった箇所はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。

退職|人材会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングの際に出てきた…

この前転職の準備をしておこうと人材バンクに登録をしに足を運びました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちらが説明していることの50%ほども彼は理解ができていない様子です。それに加えて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくべきでしょう」とか、一丁前のことを偉そうにのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに社会人経験がある方にするべきだと思います。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなることを招きかねません。

退職|近頃スマホを使えばインターネット上には、「転職サイト」に類するもの…

いわゆるインターネットの世界では、今では「転職サイト」に類するものがかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?その無数のサイトから自分自身に見合った転職先と思えるのを見付けるために、なんといっても情報を集めることが欠かせません。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、スムーズな転職先探しができます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

就労期間中なら、極力周囲にバレないよう(自身の経験談です…

就労であるのなら、できるだけ同僚に悟られないよう、(私の場合)在職中に転身したいという気持ちだけを早い段階で周りの人に話して、反応を見たことがあります。とはいうものの、その顎、転職サイトを散々あれこれチェックしていったのですが、結局就職先もタイミングすら何一つ決まらず時間がムダになるだけでした。一方の当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就職先を探すハメになりました。

転職を考えているなら、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。

転職するのなら、事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取っておくのがベストです。転職の際でそれを生かせることができるので、新しい仕事を探すのも楽になります。そんなわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがもっとも好ましいタイミングといえます。あなたが転職を目指しているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、現在の仕事を辞めたとしても前向きな姿勢で転職に挑むことができます。また、資格を取得できれば転職先の面接で担当者に即戦力になる人材だと認められ、待遇も良くなる可能性が高いです。

退職|実際に、転職活動をはじめたとしても何もかもが首尾よく…

仮に転職を考えたとしても、全部がうまくいくかどうかはわかりません。それはどちらにしても転職をしなくてはならないなら状況が許す限り早いうちに変えてしまった方が良いです。平均的に見ると、20代の若いうちは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代を迎えると転職はかなり厳しくなります。もしもあなたが、役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の会社にとどまることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、慎重に行動したほうが後悔がないはずです。

退職|私たちの労働環境は、これからみるみるうちに簡単な仕事は…

今後今以上に考えなくてもできる仕事は機械に交代させられていきその結果、労働人口はどう考えても減っていきます。そのワケは、単純労働については、人よりも機械で作業するほうが数段に能力が高いからです。数をカウントしたり、同一の作業をリピートしたりすることは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って言い訳することもないし、ペースが変わることもなく適当にすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。付け加えて、報酬が発生しません。このような理由から、労働力として人間を使う意味が無いので機械にシフトされるもの自然の結果といえます。

自分のスキルを有効活用しつつ、転職を検討しているな・・

今の自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職する際は、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」が最たる例です。医療・介護は、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。こうした業界で働く人が、何かしらの事情によって異業種に転職したいと考えているのなら、要注意です。他の業界では流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。なので、容易に考えないことが重要です。異業種への再就職をされるのであれば、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職をするのなら、今いる業務の何に不満があるのかをハッキリとさせておく必要があります。

転職することを予定しているのなら、現状の職場や仕事での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。でも「よく考えて今の人間関係などの客観的に考えた不満なことを明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事が可能です。

退職|転職活動といえば、希望先転職先の会社企業というより、…

転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、ゼッタイに緊張せずに焦らずに対応しましょう。女性とお見合いをする気持ちで望むと良いと思います。面接官に対してはまず第一にあなたの人となりをチェックしてもらうので悪い評価になるような行動は気をつけて控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

退職|再就職の時の面接などの際に名刺を渡してきた場合、こちらとしても名刺を相手・・

再就職の面接などの場面で名刺を手渡してきた場合、あなたも名刺を相手に差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、ほとんどの場合は渡すことはないと思っておいてください。転職のための面接においては仕事内ではなくて、就職活動の一環なわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時間ではないのです。加えて、あなたは会社の者としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。それゆえ、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては受け取るだけで大丈夫で、相手の方にあげる必要はないと思います。

退職|転社を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はインターネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強化することが可能です。その典型例が「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、日本とは違う様々な文化があり、目につくすべてが刺激となります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。この状態のまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは比べようがないほどに自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかしながら、退職してすぐは、メンタルが弱くなりがちなので、元気になるまで休みましょう。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由でレストランで働いてもいました。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。ということが引き金となり、退職したのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物も苦手になってしまい、よく似た店にはしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと願うのは素敵なことです。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。