転職時の面接に転職希望の会社へ向かいました。

転職時の採用面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

転職における採用面接にある会社に赴いたときのことですたまたまその会社にある部屋が空いていないとのことで社外のある場所で待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散をして、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が一緒だったのです。そのため電車の中においても面接官とずっとお話しながらいっしょに帰宅することになって、緊張が解け面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか問題なく採用も獲得することができました。

最近の雇用形態の慌ただしい変化に関して、働きざかりの世代の・・

近年の雇用形態が激しく変わってきたことを、若者の世代ほど鋭く感じ取っているようです。多分、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。ですから、働き手といった層の労働市場の「流動化」が著しくなっているため、ますます今後、転職への注目が増えていくのでしょう。労働力の「流動化」の影響で転身することはより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には「会社を辞めて転職」は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないこともあったようです。しかし社会的な変化とともに今の会社だけに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。

退職|失業した人が受け取れる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件です・・

失業によって得られる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、「期間」が定められています。失業時までに勤務していた期間に応じて違い、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで転職活動をしてもあまりいいところは見つかりません。会社の面接官もバカでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、まず受からないでしょう。

先日転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。

この前新しい仕事を見つけるために人材会社へ登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気が見たところ入社してから間もない新入社員で、こちらが説明している話の3割もその社員は理解できていない感じ。そのくせ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくべきです」とか、わかったように偉そうにのたまうので非常に不快な気分になりました。カウンセラーはそれなりには能力のある方に、するべきです。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまず無理です。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

最近はスマートフォンを見ればネット上には、今では転職に関連するサイ・・

世の中は便利になったものでパソコンを使えばわかるけどネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちに点在しています。その相当な数のサイトから自分自身にあった転職先を見いだすには何よりも情報を集めることをする必要があります。こんなサイトをうまく使うことで、よりスムーズな転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいのかどうかを類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

退職|就労期間中なら、状況が許す限り、周囲が気づかないように、…

就労中には、できたら、社内の人間にバレないよう(私の場合)雇用期間中に転身したいという意思表示だけを早いタイミングで周りの人間に言ってみたことがありました。けれども、その後求人情報を色々と見たものの、予想に反して就職先や仕事を変えるタイミングさえも何一つ進めていたので、やみくもに時間だけが過ぎてしまいました。その一方で、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

もしもあなたが転職を予定しているのなら、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしも将来、転職をするつもりなら、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておくのがお勧めです。転職の際でそれを生かせることができるので、転職できる企業がグッと増えます。そんなわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングです。将来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも後悔なく次に進めます。そして、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接官に即戦力になる人材だと判断され、それまでの職場より待遇アップも期待できます。

仮に再就職を目指そうとしても、全てが順調に運ぶと断言はできません。

再就職しようとしても全てが首尾よく運ぶとは限りません、できればそのうちに転職しようと思っているなら速やかに行動しておいたほうが良いです。それには少なくとも20代の若いうちは成果があがりやすいですが、30代後半~40代となってからの転職はたいへん厳しくなります。管理職などに就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に居残ることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。ようするに、退職してから転職活動を行うのでなく、現在の会社をやめないまま、時間をかけてじっくり探すほうが良い、ということです。

この先、社会的には一段と考えなくてもできる労働は機械で処理されるようになっていき・・

これからみるみるうちに簡単な作業は機械に置き換わってそして、そういう仕事をする労働力はどうしてもカットされていきます。なぜかというと、単純労働という観点では人間よりも機械のほうが数段にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順をずっとリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。人と違って不満を言わないし、ペースが変わることもなく誤魔化すこともないし、何より正確ですし、均一だし、おまけに報酬が発生しません。このような理由から、人間を使う意味がまったく無いので機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

今ある自分のスキルを活かしつつ、転職する際は、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと…

自分のスキルを活かしつつ、就職活動を検討する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。再就職が容易な業界としては、働き手がいないと問題となっている医療・介護業界が最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師、介護士は「資格」が必須で、ハードルの高いジャンルといえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事がきついからと異業種に再就職しようと思う場合は、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」以外の人材の流動性は現業界よりも少なく、ですので、容易に考えないことが大切です。転職を実際に行う際は、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

そのうち転職活動しようと考えるのなら、今現在の仕事や業務…

そろそろ転職活動をするに当たっては、直近の業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満なことが限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。が、「よく考えて現在の業務や業務の不満を列挙する」ことを大半の人はやっていません。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことが可能なはずです。

退職|転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、人事や採用担当の面接官と・・

転職とは、希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。面接官に良い印象を与えるために、第一歩として面接が始まるときに冷静に対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする意識で向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接官はまずはじめにあなたの人となりを観てもらうわけですから、悪い評価になるような態度は気をつけてゼッタイにやめましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じてきちんと整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

転職における面接などに関してもし名刺を手渡されとしたら、…

再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも名刺を相手に渡すべきであるのか?ないのか?と迷ったら、おおむね渡す必要はないと考えておいてください。転職のための面接は仕事内のことではなくて、職を得るための就職活動内のことになるので、一般的に名刺を交換する時ではありません。それに加えて、あなたは会社の者としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。ですから、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらに関してはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる義務はまったくないと考えられます。

退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、精神面を鍛えることが可能です。それは、ズバリ海外への旅行です。海外に旅行に行くと言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま(転職のための)面接に向かえば、これまでとは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職直後は精神的にまいっている人も多いので休業期間も必要です。

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きた…

自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。私が実際に体験したことなるのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食店で仕事をしていました。そのレストランでの業務は、そのレストランで任されていた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係にとても疲れてしまいました。ということが引き金となり、退職する羽目になったのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになり、同ジャンルの飲食店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、改めて尋ねる必要がありそうです。