転職活動で大事なことは企業そのものというより、正確には「担当面接官」との…

退職|転職のための活動は企業とのやりとりよりも正確には「担当面接官」との…

  • 転職活動は、希望する企業そのもの、というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。面接係員に良い印象を与えるために、まずは緊張せずに焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする心構えで望むのも大事でしょう。とくに面接がはじまると第一にあなたの人となりを判定されるので余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけて避けましょう。また常識的な社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきた…

  • 転職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきた場合、自分も同様に名刺を差し出す方が良いのか?と対応の仕方に悩んだ際は、普通一般的には差し出さないもの、と理解しておくと良いですね。面接は仕事の延長ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺を交換する場とは異なります。また、会社の者としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。そのため、もし相手側から名刺を渡されても、こちらは名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる必要はまったくないと判断できます。
  • 退職|退職と転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。

  • 転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はたくさんあります。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることも精神面を強化することができます。たとえば「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、刺激が山ほどあります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接を行えば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、心の回復のために休暇も必要です。
  • 大好き、を仕事にしたいという風に思っている方は注意した方が良いです。

  • 自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが理由で、前に、飲食業界(レストラン)で働いていた期間があります。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で私が担当していた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係で嫌になってしまったのです。ということが引き金となり、退職することにしたのですが、それと同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてその店で提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、類似の飲食店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の好きなことを仕事にしたいと願い、実現できるのは素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、まじめに判断する必要があります。
  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による金融政策と相まって、財界や企業間でも今までにない社会的な変化が出つつあります。その変化が加わり、民間企業サイドでも労働人口の減少による「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。最近では「外国人の労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きく変わっていくはずです。
  • 退職|私はかつてかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 以前はいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質においても多様でほとんどの場合、物足りないアドバイザーでした。こちらは人生がかかっているのにもっと熱心に向き合ってほしいという願いがこみ上げました。それがきっかけで自らキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得は支出が増えたし資格取得のための勉強面に関しても大変ですが、求職中の方から頼みとされる存在になるために頑張っています。
  • 退職|転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として・・

  • 転職活動をする際の最後の問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけても、現在勤務中の会社が退職を慰留しに掛かるかもしれません。そうなってしまった場合、「何が何でも退職する」という強固な意思を維持することが大切です。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そうして、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において必要不可欠です。
  • 退職|転職のための企業での採用面接での勘違いしている人が多いので・・

  • 転職のための面接で勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりをすることです。すると残念ながら悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためには思い切って面接の際は「育休」など、普通ならかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、絶対にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。だけどもプラスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。こういった「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。とはいえ、不採用を恐れるあまり、はっきりと聞けないものです。けれど、逆手に取って、「ほかの人とは違うな」と面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。

  • 転職活動を進めるには、然るべき準備はやらなくてはいけません。とくに、目に映る「ファッション」は、重視してしまう部分だと思います。けれども、昨今の、採用面接に関しては私服がOKな企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に臨まなくても良いでしょう。会社の設立したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接したほうが、相手に好印象を与えられます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。さらに私服であれば、面接の際に、ファッションの話もしやすくなるため、面接担当者へのアピールにもなります。ということで、転職は企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 転職をしようとするときに、とにかく今働いているところを辞めてか…

  • 転職活動を行う際に、まずは勤務している会社を辞めてからという考え方もありますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスがいつもらえるのかを前もって調べておきましょう。ボーナスがもらえる企業はたくさん存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入る日まで少ししかないのなら、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職届を提出するという考えも得をする方法です。ボーナスは少々大金なので、もらわなきゃ損ということも明らかなわけですから、退職の際にはボーナスの時期を知っておくほうが損をしません。
  • 退職|再就職において、重視されるのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職では、重視されるのが間違いなく「面接」になります。ふつうの面接の際は面接官が応募者に対し、転職を決めた理由や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、次は、面接希望者側からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。例えば、「弊社で働くことについて何か疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。こんな時は、緊張状態で、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に備えて、前もって面接担当者からの問いに対する、答えを用意しておくと良いかもしれません。よく考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 満足できる転職を希望しているのなら、あらかじめ、意味のある情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職することを成功させるためには、前もって行動をするようにしなくてはいけません。現在は名前を知られていない中小企業らしくもなく公式サイトに会社の紹介を書いている会社が多いため、インターネットの機能を使ってあれこれをチェックしておくとまたその会社のわからない点を整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、転職候補にしている職場を自分自身で見て確かめてみるのも意味があります。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”という諺もあります…

  • ”石の上にも3年”という格言があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。仕事を変えたいと考えているなら、タイミングを図る必要があります。まず、現在の職場、仕事内容について具体的に、不満を強く感じていることを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目はメモしてみてください。この作業が、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、決断を早めにし、今よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。
  • 退職|再就職しようとする場合準備しなくてはいけない履歴書について・・

  • 再就職の時に必ず必要となってくる履歴書などについては、ほとんどはパソコンを用いて作るのが当たり前です。現代の日本においては履歴書についてはペンを使って用意するというのが常識と捉えられていることも多いですが、それは新卒の就活やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、転職をする時については履歴書や職務経歴書は100%手書きじゃないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの履歴書の方を高く買うケースもありますけど、違うケースがどんどん多くなってきているので、パソコンで作った履歴書でもOKなケースは意外にも大量にあるのです。
  • 一昔前の求人誌には、雇いたい人の「性別」まで記載されているのが一般的でした。

  • 数年前の求人誌では、雇用側が必要とする「性別」について、書かれているのが普通でした。しかし今では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が採用時にないようにしないといけないとして、募集要項の詳細に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、求人情報を出す側は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。現実に、男手を希望のジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまったり、といった問題も無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍している仕事場です」といった内容の案件は、会社側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうができます。
  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。

  • 派遣社員として働くことになりました。仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近所にあるコンビニで合流すると約束をしていたのですが、どうしたことか約束の店の前にいないので中にいるのではないかと考えコンビニの中に入ってみたところ、大胆にも雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて読んでいるのを発見!こんな担当者のお仕事なんてやってられないだと感じ、その場で声をかけずにこっそりとコンビニの外へ出て直ちに派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。