転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、年収300万の人が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

  • 退職|世の中は変化していてPCやスマホで調べればインターネット上では・・

  • 世の中は便利になったものでパソコンやスマホは便利でインターネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在します。自分自身に合った転職先を見付けるためには、何よりも情報を集めることから始めましょう。こんなサイトを上手く活用することで、効率的な転職先探しが可能です。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しく確かめてみてください。

  • 退職|雇用中は状況が許す限り、周りの人にバレないように(自身の例で・・

  • 在職期間にあるときは、なるべく周囲が気づかないように、(自身の例ですが)前職中に転身する考えを早いうちに会社内で仄めかしてみました。が、その後転職サイトを必死に色々と探してみたのですが、結局は就職先や仕事を変えるタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方の会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

  • 退職|もしもあなたが転職を考えているのなら、転職する前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • もしもあなたが転職をするなら転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておけば、転職時にあたって幅が広がるので、新たな仕事を見つけやすくなります。そういうわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良い時期といえます。あなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。さらには、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に即戦力になる人材だと判断され、今までの職場より待遇アップも期待できます。

  • 退職|転職を目指そうとしても、あらゆることが順調に運ぶとは言い切れません。

  • 転職しようとしても万事順調にいくという保証はどこにもありません。もしも転職するのなら、いつか、しようと考えているなら若いうちにできるだけ早く行動に移すほうが良いでしょう。普通一般的には、20代のうちは成果があがりやすいですが、30代後半~40代に至ってからの転職結果は、たいへん厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要なポジションにいる場合、転職の気持ちが強くなっていても今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、現在の会社には残ったまま慎重に未来を構築していったほうが堅実です。

  • 退職|将来、社会的には今以上に思考を必要としない労働は機械に変更されてい…

  • 私たちの労働環境は、この先、確実に考えなくてもできる作業は機械で済まされるようになり結果、そういう仕事をするマンパワーは少なからず減らされてしまいます。というのも、短絡的な仕事という観点では人間よりも機械で作業するほうが数段に利便性にすぐれているからです。例えば、数量を計測したり、同じ手順を延々と反復したりすることは機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わない、疲れないし、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。おまけに給与を渡す必要もありません。このような理由から、労働力として人を使う理由が到底無いことが明白で、機械に置き代わるのも無理もありません。

  • 自身のスキルを活かして再就職したいと思っているな・・

  • 自分のスキルを活用しながら転職を検討する場合は、比較的、転職がしやすいジャンルとそうでないものとを理解しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足である医療や介護系の業種が最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師や介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事に対しての不満によって、他業界に転職したいと思っているなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。安易に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

  • そのうち転職を考えているのなら、今現在の業務や業務の何に不満があるの…

  • 今からでも転職やることに当たっては、直近の業務や仕事の何に不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らない点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと存在する会社の問題を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは可能なはずです。

  • 転職活動では、企業そのものというより、具体的には「担当面接官」…

  • 転職のための活動は希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接係員とのやり取りが大事といってもいいでしょう。希望する企業に採用されるために、はじめに面接の時間になる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例えればお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接がはじまるとまずはあなた自身の人間性や人柄を判定してもらうので悪い評価になるような身なりは注意しぜったいに控えましょう。また常識的な社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 退職|再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されたら…

  • 転職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されたら、自分も相手の方に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、おおむね差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接においては仕事の延長ではなく、就職活動の一環です。ですから一般的に名刺を交換する時とは違います。それに、会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらにおいては名刺をもらうだけでよくて、面接担当者に相手に渡す必要は少しもないと思います。

  • 退職|転社を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

  • 転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を強くする自己啓発系の情報はたくさんあります。加えて、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えられます。その最たる例は「海外旅行」ですね。海外は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、どの瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。こういった気持ちの状態で、面接に向かうと、今までとは違って胸を張った面接になるので良い方法です。どうしても、退職後しばらくはメンタルが弱気になりやすいので、しっかり休みましょう。

  • 退職|趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。

  • 大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私の場合、食べることが好きでそれが理由で、以前は、飲食の世界(レストラン)に勤めていたことがあります。その飲食店での業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが原因で、職場を離れることになったのですが、同時に、あんなに大好きだった食べることやその飲食店で提供されていた食べ物も嫌いになり、その系列の飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと願い、実現できるのはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に自分と向き合う必要があります。

  • 退職|最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間でもあたらしい社会的な変化が巻き起こりつつあります。そのこともあって民間企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」がかなり深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の数を増やして人材確保に務めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も変わっていくのは間違いないでしょう。

  • 自らが転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自らが求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルが驚くほど多種多様で大体は物足りない担当者ばかり。私にとっては、とても大切なことことだからもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという願いが高まってきてそれが理由で自らキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのは費用も必要だったし勉強の面においてもかなりきつかったのですが、求職中の人に信用してもらえる人になるべく努力しています。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題とし・・

  • 転職活動の最後の問題として、今の仕事を辞めることがあります。転職先の企業を見つけたとしても、現在勤務中の会社が退職を引き留めるというのもよくあるケースです。仮にそうなったとしても、「何が何でも退職する」という強固な意思を保つことが大切でしょう。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を確認し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。それから、決定権のある上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とキッパリと伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。

  • 退職|転職の際に欠かせない面接に関して、勘違いしている人が多いので・・

  • 転職活動中の採用面接に関して、よく思い違いがあるのですが露骨なまでの猫かぶりは、残念なことに悪い結果につながります。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「有給取得率」といったような、多くの人がかなり質問しづらいことを勇気を出し聞いた方が結果的に間違いなく自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすると、結果が不採用になるのではないか」と気にする人もいるかもしれません。けれども、意外なことに、マイナスに作用する可能性が高いといいます。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかし、多数の人が気を遣い不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれども、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで自己アピールになるのです。