退職|「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがありますが・・

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」が当たり前になりつつあります。でも、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。再就職を検討する際は、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。はじめに、現在の職場・仕事内容について、嫌な点をおよそ10個、箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職を決断することです、そして、おおまかな進路が見いだせたら、決断を早めにし、今より良い職を手に入れるべく自分なりに努力してみてください。
  • 退職|再就職しようとする場合用意する必要がある履歴書などについて…

  • 転職をする場合準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書に関しては、大方はパソコンを活用して作成するのが普通です。今現在の日本社会では履歴書はパソコンを用いず手書きで作成するのが当然だと考えられていることもよくありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトの際に作成する履歴書であって、実際のところ、転職の時は履歴書は100%パソコンを使ってはいけないと言い切ることはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書を高く評価するところもあるようですが、そうではない企業が徐々に多くなってきているので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもOKなケースは多いのです。
  • 前の求人情報に募集要項の中に「性別」まで、もれなく明記されていました。

  • 前の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで記載されているのが一般的でした。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用において、男女の差別があってはならないとして、募集要項のなかに「性別」の表記ができなくなりました。とはいうものの、求人側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際問題、実は男性が必要とする案件に女性の採用希望者がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。たとえば、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを回避できます。
  • 派遣でのお仕事が決定しました。

  • 派遣社員として働くことになりました。勤務の初日に営業の担当の方と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで合流すると約束をしていたのですが、なぜか約束をした店の前にいないから店内にいるのだろうと考え店内に入っていくと、営業担当者はこともあろうに雑誌コーナーの前にしゃがみ込んで成人向けのグラビアページを開けて見ているではないですか。こんな人が担当者だなんて絶対嫌と判断し、そこで声をかけずにコンビニを出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • 退職|20代に転職を2度経験して、今現在は複数の資格をとるために、…

  • 私は20代までに転職2回で、そして今、資格をゲットするべく「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務とは違うのでどうしても給料が少なくなってしまいました。前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、もっと学生のうちに資格を手に入れて、仕事をできる人はとても少ないです。また、資格を活かして働いている方に会うと私もああなりたかったと見えてしまいます。以前までは自分と他人を比べてしまい、ガックリしていましたが、今では結婚し、私の生活環境が大きく変わり、明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。
  • 退職|転職のための面接では、零細企業クラスの場合おおよそは「人事」が面接担当になりますが…

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの場合おおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、100%ではないのです。直接、これからともに仕事をする責任者、という具合に部長や課長などの管理職クラスが面接する可能性も考えられます。また事務系・営業系といった部署に転職するのなら、資格などで判断がしづらいですから、きちっと自分を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当の人たちに「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。
  • 退職|転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。忙しく働きながら求人情報を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しなければいけません。
  • 転職先を探すにあたって、やりがいを考慮することも大事だけど…

  • 転職先を選ぶ際、仕事のやりがいのアップと共に加えて収入が増えることも大切なポイントなので「年収サイト」というところに登録して前もって研究をしています。全く同じ会社で一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの違いがある場合も多く、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者について誰なのかある程度見通しはついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得のほかに起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • この頃では、株・不動産投資といった、不労所得、もしくは起業で頑張っている人も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「起業することは不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、先行きがみえない自営業や株式よりも組織の一員であるほうが堅実でした。人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、社会に認知されていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今のような時代では「成熟期」などと言われています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。
  • 退職|新卒採用で入った会社を辞めて、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職を決意しました。実際に行動する前は、かなり悩んだように思います。ですが、新卒採用で入社した会社を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを自らの転職を通じて感じ自然と不安な気持ちが消え、楽になりました。1度、転職をするとふしぎなことに精神的にも余裕がでてきて、「自分のやりたいこと」を考えるのが嬉しくなっていきました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断して良かったと思います。
  • 退職|はじめて「失業保険」を受ける際、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても給付されると考えている人がとても多いですが、それは正しくありません。本当は、失業保険の給付をもらうためには、「就職活動」をしていないと駄目で、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきにハローワーク職員との面談を行い、職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その真逆に、本気で仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付が一時停止となったり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために充分に注意しましょう。
  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの・・

  • このあいだ転職したばかりというのに、わずかしかたっていないのに辞めてしまうケースが思いの外少なくないのです。何故かと考えてみるとおそらくリフレッシュな気持ちで素晴らしい環境で勤務を始めてみたものの、「期待していた職場環境とだいぶギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」という理由で別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならばこのような、転職における失敗を避けるためにはまずは事前の情報集めを徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、給与体系、など多角的に前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 退職|今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら…

  • これから転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては働いている会社がもし雇用保険を払っているところであれば、失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、場合よっては企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちにもらえる場合もあります。なお、もらえる「失業手当」の金額については、辞めた月の直近の給料がもとになって手当の額を計算されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 退職|新しい仕事で、あなたの過去のスキルを生かすことができれば、…

  • 新しく就いた職場であなたの過去の資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として高く評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社サイドも、スキルを持つ人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運びやすいといえます。それに加えてこれまでの業務内容と近い仕事なら転職はとても楽となります。ですが、ある程度の能力があるといっても大手の事務職、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、中々の難関であることは間違いないといえます。
  • 退職|転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。会社のほとんどは履歴書や職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、これらの書類の作成が重要といえるでしょう。ただ記入するだけでなく、内容の充実を図ることも大事です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きます。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記しましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。
  • 退職|大きな転職エージェントは、豊富な案件があるという長所があります・・

  • 大きな転職エージェントに限って、たくさんの案件を扱っているという強みがあるといえますが、それと同時に転職希望登録者も大勢います。したがってあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフが無理だと判断すると応募してくれないことも多々ありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。要するに大規模なエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いかなり難しいので、発想を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談してみると、転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。