退職|これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(業界)…

これから先、転職活動をされるなら、気になる求人(OR 職種)…

転職活動しているとき、良いと思う求人(あるいは業種)があったら、100%「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからは業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索ですぐに多くの事例に触れられるはずです。そのような手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」というケースが少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、注意したほうがいいです。

シフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集する求・・

シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に入れる人を募集している求人を結構見ますが、シフトの提出方法や休み方について、面接時にチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代理として正社員として入ったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私も出勤できる人と思われていたようです。「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、よく我慢してやってこれたと思います。

退職|とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。すぐ…

とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。2、3日して担当者から面接の日時を指定してもらいました。ところが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を全くしていませんでした。責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接を終えました。しかしながら、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着で仕方なくふたたび、質問したところ、意味が分からなかったのですが、「今回は見送らせてもらいました」とその直後、電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れて何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと感じています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用・・

転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動される人は多くなってきました。とはいっても、よりよい転職先を探すには、それに加えて転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加した際は複数の企業についての情報を得ることができ、それだけでなく、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加される場合は、面接に挑戦するつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。フェアに参加している間に、企業側から欲しい人材と思われれば、その後の採用面接時に有利になることが期待できます。

求人情報をチェックする時、事務系の仕事が希望だからと、…

求人誌をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業をあまりチェックしていませんが、そういった人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているはずです。製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務といった従業員募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に関する役職もとても多いです。とはいえ、製造業の仕事場自体、ビジネス街と同じ環境ではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、だとしても、自身のエゴをなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

転職を予定しているのなら今務めている会社を辞める時・・

転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、仮に自分からすすんで退職願を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険は即座に給付されるのではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果としてハローワークの担当スタッフと揉めているのを見たことがある。念のため、リストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定を受けて直ちに失業保険を受け取ることができます。

退職|転職時の面接で着るビジネススーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の際…

転職時の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の就活の時に身に付けているカラーがベストとされています。ですので、黒や紺色といった暗めの色になるわけです。それは再就職の面接でも、スーツの色合いというのはこういう暗めの色が多く、そうでないカラーの人はほとんど見ることはありません。あえて言うならば、グレーを着ている方がわずかにいるほどです。全体的な割合をみても紺系や黒系とかのビジネススーツがほとんどなので、人事の方から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が自然に見えます。ですから、第一印象という観点ではおすすめです。

再就職の面接での身なりは会社側からクールビズで来てください…

転職をする際の面接でクールビズ可とと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで面接に行くのは実際は失礼に当たるのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズについての迷いを懐に背負いこんでいる人々に伝えたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接は伝達事項を実行したほうが間違いないです。迷いすぎて、猛暑の中しっかりとしたスーツを着用していくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズの格好をおすすめします。

退職|転職のための面接に転職したい会社へ赴いたときのこと…

転職のための面接にとある会社に行きました。その会社で部屋が空いていないということで外の会場で面接官との待ち合わせをして採用面接が行われて、その場所で解散をし、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車の中においてもずっとお話しながら帰宅することになり、結果としてすっかりリラックスして面接より話が弾み、それが良かったからなのか幸運にも採用を獲得することができました。

このように特に昨今の会社や企業の労働環境のめまぐるしい変…

最近の企業の雇用に対する考え方が大きく変化したことにおいて、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に興味を持って見ているようです。それはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。こういった背景から就業者の労働市場の流動化が進んでいるようで、ますます将来、若年層の転職への関心度が増加すると予想されます。「流動化」によって勤め先を変えることは他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」は若干ネガティブなイメージがあり、転職しようにもうまくいかない人もあったのです。しかしながら、時代も変わり現在の会社に固執する意味が減っているように感じます。

退職|失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが・・

失業した人に給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、こういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして「失業保険を給付される間は遊ぶ」という人を見かけますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで就業先を探しても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった点はだいたいバレると思っておくべきです。もしかすると、そのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

人材バンクに登録に行きました。

一昨日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当者がどうも経験不足の社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割ほどもわかっていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが大事です」等、知ったかぶりに偉そうにのたまうから非常に嫌な気分になりました。カウンセラーはそこそこ能力のある方に、してほしいです。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正確に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追いやられる事態になるおそれもあるので注意が必要です。

世の中は変化していてスマホを見ればインターネットで見られる世界に・・

この頃スマホで調べればネットの世界では、要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものが数限りなくあります。サイトを見て自身に見合った転職先を見いだすには何よりも情報が大事ですから収集が欠かせません。こういう「転職サイト」をしっかり使うことで、効率的に転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

退職|在職期間中は、可能ならば、周囲が気づかないように、…

雇用中には、なるべく社内の人間に悟られないよう、(私のときは)雇用中に転社する意図のみを活動初期に周りの人に仄めかしてみました。だが、その後に求人情報を見て回ったものの、結局働く先も仕事を変えるタイミングも何も決まらないまま、やみくもに時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の社内では業務の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経て次の就業先を再度探しました。

退職|もしもあなたが転職を予定しているのなら、前もって資格を取るとステップアップします。

転職を考えているのなら、資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事を見つけやすくなります。ですから、在職期間中が資格取得においての一番良いタイミングといえます。あなたが将来を見据え、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく次に進めます。また、資格取得によって転職先の面接の際、面接官に即戦力になる人材だと印象付けることができ、待遇アップも期待できるでしょう。