退職|やっている転職する活動をしているときに、「私は今まで…

退職|今励んでいる転職活動の際に「自分は振り返るとこういう価値のある・・

やっている転職する活動の際、「自分は振り返るとこういった仕事に尽力してきました」「今までにこういった技術を身につけることができました」とそれまでの自分の成功体験などをがっしりアピールしようと考える人はけっこう少なくありません。しかし、応募し再スタートを図る環境下で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「私が申したような内容の事なら積極的に貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自分をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職サイトでは、登録後、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。これに対して転職初心者は結構ビックリすると思います。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが業務ですので、大変積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬がもらえるシステムであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れたその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように気をつけておきましょう。

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接を受けに行くときに・・

クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に行くときには、ジャケットは着用しなくても安心であるとわかるのですが、ネクタイは着用したほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケット同様になしで良いと認めている会社もある確率もなくはないですが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズであっても着用すべきだと思っている会社がいくつかは存在します。そんな訳で、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイだけは絶対に着用いく方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。

もしあなたが再就職を考えた場合、U・J・Iターンで都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、…

転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。最近は転職サイトを使用することで郊外・地方での求人情報にも閲覧できるようになっています。残念ながら地方や郊外での求人情報は、どうしても大都市よりも少ないのが事実、痛いところでもあります。といった性質上の問題があるので、求人サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(もしくは業界・・

今から転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは職種)を見つけた際には忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス面について教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なネット検索によってすぐに実態を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、直後に後悔してしまうかもしれません。その求人が出ている理由が、「内容がきつく、人の出入りが激しい」というケースが少なくないため、目に留まった業種について、注意してください。

退職|「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、決まった…

これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方についてはあらかじめ確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、過去に私は出産のため抜ける人の代わりにと正社員として入ったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った女性が「土日」に必ず出られたので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると「よく耐えたな」と。

退職|とある古物商にて、書類選考をクリアして面接の日時について先方から連絡をもらい・・

とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。面接日当日、指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、呆れるほどだるそうな対応の状態のままなんとか面接を終えました。しかし、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。そこで再度問い合わせてみた結果、なんと、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、とりあえず不採用で良かったとホッとしています。

退職|転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。ですが、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加した際は複数の企業について知ることができ、それにとどまらず、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接だと思ってしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。仮にフェアのあいだに企業側(の担当者に)認められれば、そのあとの採用面接で大きなアドバンテージになるでしょう。

退職|求人に係る情報を見るとき、「デスクワークがしたい」という人は…

求人サイトをチェックする際、「デスクワークがしたい」と思っている人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そんなことをする人は「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と早合点しているこ可能性が高いです。実際に、製造業の求人であったとしても、製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に関する部署もかなり存在します。でも、製造業の職場自体、オフィス街のような環境とは違うので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、だとしても、自身のこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

転職を目前にしているなら、今勤務している会社を退社する時に…

転職を行うにあたり、今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、あなた自身が退職願を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。ですが、社員側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

仕事の面接で必要なスーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の…

仕事の面接で着用するビジネススーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の際にに着用している色合いが一般的となっています。ですので、黒とか紺色のダークな色味、ということになります。それは再就職の場面においても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういった色が圧倒的な数を占めていて、それ以外の色の人は圧倒的に少ないです。他のカラーで言えば、グレー系が少しいるほどです。ほとんどが紺や黒が大多数を占めているのです。ですから、人事側からしても黒や紺色であるほうが違和感なく感じるので、第一印象という点ではおすすめしたいのです。

再就職の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと伝えられることもあるようです。しか…

再就職の面接において企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されているケースもあるようですが、クールビズの格好で面接するのは実際は減点対象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを懐に持っている人たちに関しては、会社側からクールビズで良いとされた面接なのであれば、伝達事項をそのまま守った方が安心できます。迷うことによってしまい、とても暑い季節にスーツをびしっと着ると相手側に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで良いのです。

退職|転職の面接にある会社に訪ねました。

転職の面接に転職希望の会社へ向かいました。たまたまその会社の会議室や応接室が空いていないとのことで会社の外で待ち合わせて面接が行われて、当該会場で解散をして、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。結局は電車内でも面接担当者と一緒に話しながら帰ることになって、結果として打ち解け面接よりお話が弾んで、それが良かったからなのかなんと採用を手に入れることができました。

このようにここ最近の労働環境が大きく変わったことに際して…

ここ数年の会社や企業の労働背景の変化に際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。おそらくは、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そんなわけで、サラリーマンや労働者といった労働市場の「流動化」が顕著になっているため、より今後、益々若年層の転職への関心度が増えると予想されます。この様な情勢の中、転職することは当たり前になり、「終身雇用制度」があった時代には、「転職」は印象が悪く、損をしてしまうこともあったのです。しかし時代が変わり今やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付される期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り大急ぎで職探しを始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたか位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況によっては、面接の際に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると9割がた採用されません。

退職|転職のために人材会社へ登録に行きました。

先日転職の準備をしておこうと人材会社へと登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ入社間もない新入社員のようで、私の話の5割ほどもその社員は理解していないように思えました。それに加えて「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが必要でしょう」とか、わかったように偉そうにのたまうからとてもイラつきました。カウンセラーは多少は仕事の経験がある社員にするべきだと思います。