退職|今がんばっている転職する活動の際に「これまでずっとこう…

退職|今励んでいる転職活動をしているときに、「今までずっ…

今がんばっている転職する活動の際に「自分は今までずっとこういった種類の仕事をがんばりました」「これまでに手にした技術は、、、です」と過去の自分自身の実績などを十分にアピールしようと考える人はよく目にします。が、応募し新しい会社で「将来、こういったことに挑戦したい」「私が申したような内容の業務なら積極的に貢献したい」と未来の展望を話してアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

退職|転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何度も掛かってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、結構びっくりする場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが目的だといえるので、とても積極的です。大手エージェントは、転職を成就させることで企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業側を優先させることが多いものです。さらに、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすかさず、入社するよう後押ししてくることがよくあります。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように心がけるようにしましょう。

クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、いくらなんでもジャケットは…

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接を受けに行く際には、さすがにジャケットは着ていかなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイもジャケット同様になしで良いと考えている会社も存在する場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズでも身だしなみとしてつける必要があると思っているところが存在するわけです。そんな訳で、例えクールビズの恰好でもネクタイだけは必ず着用して面接した方が安心であるということをわかっておいてください。

仮にあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」な…

もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように、大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと考えている人が、近年増えています。近年は転職サイトを用いれば、地方での求人情報にも容易にアクセスできます。ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報では、都心のような選択肢は期待できないので、それがマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもきちんと確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

退職|転職活動をしているなら、良いと思う求人(もしくは業種)…

転職活動をされているのなら、良いと思う求人(職種)を見付けるたびに100%「〇〇業、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス点は教えてもらえないのが普通です。もしブラックな面があるならネット検索を活用することで瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そのようなチェックを怠りながら会社に入ると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、入っても続かない」ということも少なくないため、気になる案件・業種については、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

これはシフト制のある仕事についてです。

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の代わりに正社員として入ったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出れる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返してみると異常な職場だったんだと思います。

ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。その…

とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過しました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。それなのに、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接は終わりました。けれども、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もう待ちきれなくなり、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達で仕方がないのでまた問い合わせたところなんと、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れて言葉も見つかりませんでしたが、本心から、採用されなくてよかったです。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動することは現在の常識かもしれません。転職の可能性をもっと高めたいのであれば、同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加されれば多くの企業の情報が得られ、その上、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風がある程度わかります。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるのと同じように自身をしっかりアピールしていきましょう。フェアでの交流を通じて、企業に好感を持ってもらえたら、後日採用面接時にかなり有利なはずです。

求人サイトを見る際、「デスクワークがしたい」という人は、…

求人誌を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業を見ようとしないものですが、そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解している場合もあります。現に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する部門も多数あるのです。しかし、製造業の勤め先自体、ビジネス街からは離れた地域にあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。ですが、自身のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

退職|転職の際に現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけません…

転職を目前にしているなら、今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もし自分の意思で退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職においては失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでその結果ハローワークの保険担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。例外として、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてから直ちに失業保険を受け取ることができます。

転職の時の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の就職活…

転職時の面接で着用するビジネススーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の際にに着る色味が良いです。ということは、黒系や紺系のダークな感じの色合いになります。再就職のケースでも、着用していくスーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが多数派になっており、他のカラーを着ている転職者はあまり見かけることはありません。あえて言うならば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。割合からしても紺系や黒系が多数派なのです。ですから、人事担当の方からもそのような色が自然です。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

退職|転職時の面接に関してですがクールビズ可とと事前に連絡が来るケースもあります。ですが…

再就職の際の面接についてですが会社側からクールビズ可とと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは失礼に当たるのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを心に持っている人に関しては、会社側からクールビズで来ても良いとされたのであれば、言われたことを実行したほうが安心できます。色々迷うことによって、汗をかく季節にクールビズではなくスーツを着込んでいくと相手に不自然なイメージを持たれてしまいますから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズの格好をおすすめします。

転職の採用面接を受けるためある会社に出向きました。

転職のための面接を受けに転職希望の会社へ出向いたときのことです。偶然会社で会議室が空いておらず会社外部で面接官と待ち合わせをして面接を行って、当該会場で解散をして、面接官もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、奇遇にも下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車内においても彼と一緒に話しながらいっしょに帰ることとなって、そのため緊張が解けて面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスに働いたのかなんと採用を掴み取ることができました。

近年の企業の労働環境が大きく変化したことにおいて、社会人の…

近年の企業の雇用に対する考え方が目まぐるしく変わってきたことに当たって、若年層は鋭敏に感じ取って、自らのキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。そんなわけで、サラリーマン・労働者の労働市場の「流動化」が顕著になっているため、一層、今後、転職への関心度が高まると予想されます。「流動化」によって会社の転職はあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、転職者にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くあったのです。しかしながら、今ではこの事も全く当たらず今勤めている職場に執着する必要は益々無くなったともいわれています。

失業者がもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要です…

失業したときに給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りながら職を探しても好条件の仕事を探すのは難しいです。会社の面接官も無能では無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかに関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ときには、面接担当者からその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、受かりません。

数日前転職先を探すために人材バンクに登録に行きました。

先週仕事を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、こちらが説明していることの半分もその社員はわかっていない模様。それでいて「キャリアデザインが緩いですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが大切でしょう」とか、大上段から横柄にのたまうからとてもイライラしました。カウンセリングをする人はある程度仕事の経験がある社員にするべきだと思います。