退職|今の時代は株・不動産投資などといった不労所得を得た…

退職|昨今では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そういったような移り変わりに伴い、「自営業は安定しない」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長期には不安の残る自営業で生きるよりも組織の一員であるほうが将来が安定していて、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に広まっていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」といわれます。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

新卒採用で入社しましたが、思い切って転職しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職を決意しました。会社を辞めて転職活動するときは、かなりちゃんと転職できるか不安でした。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人がほとんどだということを自らの転職活動で気づき、いつの間にか不安な気持ちが無くなりました。なにより1回でも転職をするとなんだか考えも前向きになって、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が見違えるように変化しました。やはり「続けてこその仕事」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職してみるも大事だと思いました。

生涯初の失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える…

生まれて初めて失業保険を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人がかなりいますが、それは誤りです。現実には、きちんと条件として求職活動を行っていることが必要で、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。月ごとに職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。残念ながら、真面目に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、決まりとして給付が一時停止となったり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために気をつけておきましょう。

このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

この前、転職したというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまう人というのもけっこう多いといいます。それは私の思うところをいうと新たな気持で新しい環境に飛び込んだものの、「思っていたものと大きくギャップがあって幻滅した」「納得行かないのでウンザリしている」といったことで退職してしまうみたいです。できればこういった、転職先選びで避けるためにはとにかく事前の情報集めを徹底しておく必要があります。業務におけるルール、通勤に掛かる時間、などあれこれ事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

退職|今年中に転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのな…

年内中に転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている所属する会社が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職、または残業時間次第でただちに受け取ることが出来たりもします。もらえる「失業手当」の額は、辞めた月の近々の給料を基準に支給する額を算出されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

退職|新たな職場にてそれまでの実力を活かすことができれば・・

新しい仕事で、過去のキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として周囲から認められ、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を募集している雇い主としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ良ければ、難なく採用されるでしょう。それに加えてかつての業務内容と似た内容であれば転職すること自体すんなり行くはずです。但し、まずまずの能力があるといっても一流企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、時代背景に左右されることなくかなりの難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

転職活動時には、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。企業の大多数は履歴書と職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、これらの書類が重要なポイントです。ただ文字を書くだけにとどまらず、記載内容が充実していることも重要です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。また、現在の職務で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも有効な方法です。

大規模な転職エージェントは、豊富な案件があるという長所があります・・

大きな転職エージェントは、多くの案件を取り扱っているというメリットがありますが、その反面、転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。気になる企業を見つけたとしても、あなたの担当者が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してくれないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。このように大手の転職エージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており案外応募できないので、策略を変えてもっと規模の小さなエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないか、と尋ねておくと自分のために行動してくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。

退職|『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

『転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって退職出来たのはこの年の11月です。本音は年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、うまくいきませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対しての以前にも増して失望しました。

派遣会社に登録して働いています。

派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトの中で気の向くままに気になる仕事を見つけ応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもう他の人が採用されました」と言われて一時的にウェブサイト内から仕事情報がなくなるのですが、翌日になるともう一度載っています。これは結局は私だとよくないのだって意味ですよね。それであれば最初から変に隠さないくらいにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。あるいはひょっとしてダミーのお仕事なのでしょうか?

今現在の仕事や勤め先に関して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。

現在のあなたの職場や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身の持っている能力(スキル)を真摯に評価してくれない」そのため、「報酬は上がらないし、将来的なレベルアップも期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。しかしながら、そのように思う人の一部には自らの技量を実際よりも過大評価していないか、改めて確認する必要があります。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と転職の空白期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。なので転職活動で成果を上げるためには、実際の自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

このような話は知人の話です。始めに新卒でどうしても就職したか…

このような話は友達の話です。始めに学生時の就職活動でなにがなんでも勤務したかった最終目標であるA社で行われた最終面接までで行ったけど不採用になって、そのため他の会社で働くことになりました。その後2年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社をすぐさま退職し、A社で派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。真剣に頑張ってそれから後予定通りにA社で正社員として採用され、現在では仕事のやりがいを持ちつついきいきと仕事しています。

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載量も多くなるの・・

転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件の数が多いため、入社したい2,3の会社を、とりあえずはサイト登録しておき、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、条件に適合する求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。ですが、初回は登録するのになかなか時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、後の応募を考えれば、初回にしっかりと準備することを頭に入れておきましょう。

退職|職を変えた場合には、高確率で前職は記憶は美化されます。

転職した際には、大体の場合、それまでの仕事は美化された記憶となります。そもそも現在の職に問題点があるから、そういった思いをどうにかするために、せっかく転職を決めたはずなのに、時の流れとともに不思議と新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思うことが増えてきます。というのは極めて当たり前のことで、前の職場では日々の仕事に慣れていて、難なく毎日仕事が消化できていたのも理由にあるはずです。とはいえ「退職するんじゃなかった」と本気で感じるほど、過去のほうが待遇や人間関係が良い可能性もあります。

就職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人情報・・

転職活動をする場合に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を組み込んでおくというシステムになります。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代35時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という話になります。が、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、気を付けてください。

現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用して自分の働き方に近い条…

可能性を広げたいと考え、転職サイトを利用してあなたのやりたい分野のある魅力的な仕事を探しているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後紹介してくれる仕事というのは、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比べ物にならないほどにかなり高品質といえます。それから、自分に合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。ですから、かなりの精度で求めていた職業を紹介してもらえたりします。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたがひとりで行き当たりばったりに探すのと比べればとても効率的です。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。