退職|再就職で勤め先を一新するということは、自分自身に適す・・

再就職することで勤め先を一新するということは、自身に合う…

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選んだほうが好ましいということです。自分でも驚くほどの適職に出会うかもしれません。とはいえ、楽しいことばかりではなく、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体が難しいです。別の言い方をすると、あなたのスキル次第で「天職」に近い転職に巡り会える、ということなのです。最近では職業選択の自由が普通に常識として当たり前になっているので、仕事の環境を変えたとしてもトラブルも生じないでしょう。この様な情勢下では、現代は「即戦力になる人材が欲しい」と感じている企業も多くなっているので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

    退職|新しい企業がいいと転職をする活動中のときの場合は「少しでもはや…

  • いい職場につきたいと転職希望者の人の大半は「早く、採用通知がもらいたい」と思ってしまうものです。しかし、そのために通知ほしさのばかりに、自分自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその逆に安売りするような行動は可能な限りしないでください。焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く探していきましょう。

    退職|看護師のそれ以外の仕事に転職に至る理由は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師の転職を決断する理由は、その人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で一人とは変わって出産、子育て加えて親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには今の仕事を続けられなくなっている」「収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが考えられます。でも、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と思うに至った理由をじっくりと再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断してみてください。

    初めて転職を行う場合、頭に入れておかなければいけない・・

  • はじめて転職をする場合、注意すべきことは現職を辞めたい理由をクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。その後現在の問題を解消してくれる会社を決めてみてください。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、現在の仕事を続けながら就職活動を行うので、時間と体力が必要になります。そのため問題の明確化ができていない状態で転職活動をした場合、途中で息切れしてしまう場合があります。何とか転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが無難です。

    退職|現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公表されるなど、罰則も強化されていますが、まだ完全とはいえません。実は、面接で見破ることができます。求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問してみることです。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、その場では答えられないなど逃げようとすることが多いです。「休日」「給与」「残業」では、質問を続けていく中で、渋い顔をすることが多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

    転業するつもりなら、まめにさまざまな会社を定期的に調べておく・・

  • 転職したいなら、労を惜しまずにたくさんの会社の募集案内をチェックすることが、転職先を選ぶのに役立ちます。あなたが今現在の仕事に満足していない場合、実際に転職活動をするときに、どんな企業でも魅力的に見えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選ぶべきかわからなくなり、判断を間違えてしまいかねません。すると、あっという間に退職してしまうおそれもあるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先を公表していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

    退職|働いていた会社でつらく当たる上司に悩みを持ち、つ・・

  • 就業していた会社で怒りっぽい上司に神経を削られ、最後には耐えることができなくなりその会社は辞め、同業他社に働き先を変えました。新しい会社では上との関係も良好で働くことができてきわめて満足していましたが、月日の経過とともに会社の業績が悪くなり、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合先の会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。まったく困ったことになりましたが、どれほど縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがもう一度転職活動を開始しています。

    転職活動をしている際に、面接で高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接で高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。報酬に対する不満、同僚・上司との人間関係など、面接担当者に好印象を与えるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。

    万が一あなたが、転業の決断したなら、徹底的に社内の人間・・

  • 万一転業を決断したなら、あくまで周りの人間にはひそかにそれを言わずに、転職活動を進め、現職にいるあいだは、徹底して会社内の人に知られないように平常通りに振舞うのがとても妥当です。転職先が決まっていない間、その姿勢でいれば、転職先探しに見付けることができなくても、転職の予定を見送って今の仕事を続けることも何ら問題がありません。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人間は、それを受けた応対をし始めます。それどころか辞めると一度言ったら社内では一気に周りからは「あの人は転職する予定の人」と確定します。そうなってしまってから転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人は、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、身の置き所がないと感じることもあるでしょう。

    知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。そうはいっても転職の先の労働環境やその他の労働条件などを紹介者からの口コミ情報のみであまり信じすぎてしまうのは、あとでキケンです。というのも、個人の口コミというのは客観性に乏しいからです。それ故に紹介者にとっては、心地よい職場環境であっても、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という可能性かもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、しっかり自分の目でチェックしておくようにしましょう。

    退職|転職する際に行われる面接でする腕時計についてです・・

  • 転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計においては、どう見ても目立つようなタイプの腕時計はしていかないほうが最善といえます。この場合の目立つ腕時計と言うのは見るからに高価そうに見えたり、というだけではありません。逆に安物に見えてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって正反対で目立つのだと思い浮かべておきましょう。面接の際の腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、無難なものをつけるほうがベストだと言えます。とはいえ、自分の年齢に適しているということも外せない条件で、新卒の頃に面接時に買ったものよりは多少でも高級感のあるものにした方が年齢に見合っていると言えるでしょう。

    退職|たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

  • 一般的に見て大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。しかも都心以外だと転職のチャンスがずっと低くなりそうです。けれども「製造業」であれば、地方の工業団地を拠点としている可能性が高いです。そういった工場は、事業を拡大する際に人員募集をする事が結構あります。この好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を仕入れておきましょう。ホームページを覗いて、人員募集の予定がないか暇があればチェックしてみましょう。

    今励んでいる転職する活動時、「私はかつて、このような内…

  • やっている転職活動時、「自分は今までずっとこういう種類の仕事をしてきました」「今までにこういった経験を身につけることができました」と過去の自分の実績をしっかりアピールしようと考える人はときどき目にします。しかし、転職先となるその環境下で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「私が言ったような内容の業務をするのなら積極的に貢献できるはず」と将来的なビジョンで売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

    退職|転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが何度も掛かってきます。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。これに対して初めて利用された人は結構驚く場合が多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だといえるので、本当に積極的な姿勢でいます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を明確にし、妥協した形の転職とならないように注意することが大事です。

    退職|クールビズ(軽装)で転職の面接を受けに行くときには…

  • クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行く場合、ジャケットまでは着て行かなくても安心であると間違いなく分かるわけです。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうがイメージが悪くなりません。タイもする必要ないとしている会社もあるとは思います。ですが、ことネクタイはクールビズが推奨されていても必ず着用しければならないとする会社がそこそこあります。そういった訳で、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が悪い印象を与えることがないということをお知らせしておきます。

    退職|再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」において…

  • あなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、都会から地方に移住した上で転職したい、と思っている方も少なくありません。ここ最近は転職サイトを駆使すれば、地方での求人情報も手軽に知ることができますが、しかしながら、地方での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトとともに、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもしっかりチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。