退職|励んでいる転職活動中に、「私はこれまでずっとこういう価値のある・・

退職|今がんばっている転職活動の際、「今までずっとこういう種類の…

  • 今がんばっている転職する活動で「私は経験としてこのような仕事に従事しました」「過去の仕事では、こういった技術を得られました」とそれまでの自身の実績などをよく伝わるようにアピールする人は少なくありません。しかし、志願し再スタートを狙う場所で「機会があればこういったことに挑戦したい」「私が触れたような内容の業務なら積極的に貢献できると思う」と将来のプランでアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 退職|「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。これに関して初めて利用された人はとても驚くことが多々あります。転職エージェントは転職を推進することが仕事だといえるので、非常に積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金をもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れたその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意することが重要です。

  • 退職|クールビズ(軽装)で転職の面接にチャレンジする際には…

  • クールビズの服装で再就職の面接に行く際には、ジャケットに関しては着なくても大丈夫だとはっきりと言い切れますが、ネクタイはしておいた方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイなしでもOKだと認めている企業も存在する可能性はあるにはありますが、ことネクタイについては例えクールビズであっても必ず着用すべきだと決めている企業がいくつか存在します。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイにおいては着用から行った方が良いというのは分かっておいてほしいです。

  • もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」におい・・

  • あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」など、都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考えている人が、近年増えています。昔と違って求人情報サイトを活用すれば、地方での求人情報にも簡単にアクセスできます。しかし、地方での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもきちんとチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポート系のイベントについてもアンテナを張っておきましょう。

  • 転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは業界・・

  • 今から転職活動をするという時は、気になる求人(OR 職種)を見つけた際には絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界のマイナス点は、知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索によってカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そういったチェックを怠りながら会社に入ると、のちにしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」という場合がかなり多くあります。興味をもった案件や業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

  • これはシフトの仕事についての話なのですが、決まった…

  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方について、尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の助っ人として、正社員としての仕事をはじめたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分で依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。冷静に考えると、本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。その後…

  • とある古物商にて、書類選考に合格しました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日、時間通りに指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれたのですが、終始たいへんにだらしない態度を見せられ、面接が終わりました。ですが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこで再度連絡をしたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、本心から、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動する人は年々増加しています。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行う人はますます増えています。そうとはいえ、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それと同時に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。多くの企業が一度に集まるので、参加した際はいろんな企業について知ることができますし、さらに、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。今後、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接だと思ってしっかりと準備をしておきましょう。それによりフェアでの交流を通じて、企業に自分の魅力が伝われば、その後応募して採用面接時にかなり有利になると期待できます。

  • 退職|求人に関する情報をチェックする時、オフィス系の仕事がしたいからと・・

  • 求人サイトをチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっていますが、そうした人には「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。事実、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」の職もたくさんあります。しかしながら、製造業の大半はオフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。とはいえ、自分のエゴをなくすことで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

  • 転職するにあたり、失業保険についての手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職するにあたって、現在働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自らの希望によって退職届を書いて退職する、いわゆる「依願退職」の際には失業保険を即、受け取ることができません。手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って会社を辞めた次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの職員と過去に口論していたのを見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業が認定されればすぐさま失業保険が給付になります。

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色味について…

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の際にに準じた色が安心です。ということは、黒とか紺色といった感じのような暗めのカラー、ということになります。再就職の面接でも、スーツの色合いというのはこういうダーク色が圧倒的多数であって、黒色や紺色以外の色の人はほぼ見かけることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいです。だいたいは紺色や黒色が多いです。ですから、面接を行う採用担当の人もそのような色が自然に見えますから、身だしなみ、という点においてはおすすめです。

  • 転職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもあります。です…

  • 職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられる場合もあるようですが、クールビズで赴くのは良くない印象を与えるのではないか?と思いがちです。クールビズに関する不安を心に背負いこんでいる人にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで良いとされた面接の場面では書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。悩みすぎてしまい、汗をかく時期にびしっとスーツを着込んでいくと相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 転職時の面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職における面接にある会社に出向きました。たまたま社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで会社外で待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車の中においても面接を行った人と一緒にお話をしながら帰宅することとなり、おかけで打ち解けて面接より話が弾み、それが功を奏したのか何事もなく採用を手に入れることができました。

  • 退職|最近の企業の労働環境が変化したことに関して、全世代の中…

  • このように現代の労働背景が激しく変わってきたことに関して、働きざかりの世代の中で若者たちほど敏感に感じ取っているようです。多分、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。こういった理由からサラリーマン・労働者といった層の流動化が進んでいるようで、一層、後々転職への注目が強まっていくでしょう。「流動化」の影響で労働者の転職は身近なものとなるのは間違いありません。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき事実、転職が難しい時代でもあったようです。しかしながら、時代も変わり現在の会社だけに執着する必要が減っているように感じます。

  • 退職|失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければ給付されません…

  • 失業者が受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、永久に給付されるわけではありません。それまで勤務していた期間に応じて異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。永久にもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦って就業先を探し始めても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官も無能では無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかに関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接の時にその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 3日ほど前人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の人が見た感じ新入社員みたいで、私の説明の2分の1もその社員はわかっていない様子。しかも「キャリアデザインが全然ですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが大切でしょう」とか、何もかもわかっているかのように横柄に言い散らかすからすごく不愉快でした。カウンセラーは多少は仕事の経験がある人にしてほしいと思います。