退職|将来に目を向け、期待をもって転職活動と向き合うこと・・

楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合っていけば…

  • たのしい気持ちでいながら転職活動をすることができれば、精神的な重荷が減少するので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。精神的な部分が健やかであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、ブランクを設けないで新しい職場を見付けることが大事です。今の会社を退職せずに次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いでしょう。さらに、ブランクをなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、仕事をしていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、うまく転職活動を進めていきましょう。

    転職活動の際は、はじめに、ネット上で転職関係のサイトを見たりして…

  • 転職活動をするいあたっては、はじめに、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして興味のある会社を調べるでしょう。ですが、当該会社が情報を公にする際には、、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも鵜呑みにして入社した場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は難癖をつけて、会社を辞めれないように策を練ってきます。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

    転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、非常に勉強になります。

  • 転職したい会社での見学に参加するとすごく参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学ではたいてい見学者には、いつも通りの姿を見せてはくれません。例えると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社してからでないと、本来の姿がわかりません。そのため、見学内容イコール仕事現場、と決めつけないことが無難です。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は問題がありますから良い会社とは言えません。入社すらしてない人には仮に何かあっても、それに対する保証が無いので、スタッフから勧められても丁重に断っておくようにしましょう。

    退職|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐはすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、はじめの年度は「試用期間」を含んでいる企業もケースが少なくありません。自身のケースでは、苦労して新しい職を見つけることができたのに、悲しいかな以前の職場での年収と大方同じだったことがあります。そればかりか、業務内容はきつく責任重大な立場でもあったので、二年目を迎えるまでたいへん労力を伴いました。ではどうすればいいのでしょうか。それは、1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、可能なかぎり転職前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    退職|転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意してほしいポイントが複数あります。まずはじめに派遣社員に対して、お茶出し、その他雑用等をなどの仕事をぼんやりと想像する人がおそらく少なくないでしょう。実は私自身もかつてはそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「電話対応がメインです」と派遣会社の担当者からも聞いていました。でも、いざ入社してみると、まさか「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めをやってくれと言われました。毎回振り回されますし、当初の説明とは異なる内容ばかりなので日々とても困惑しています。今はとにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

    今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。

  • 今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの連絡をもらったなら心当たりを考えてみてください。たまに、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の輩はおそらくは嘘ですから騙されないように気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

    求人関連の情報では、とうぜん多くの企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の情報を見てみると、とうぜんまともな会社では月の給料の記載に目が行きますよね。でもこの部分を頭に入れる際は、注意して確認する事が大事です。その多い少ないだけで納得しないようにしましょう。何故かというともしかすると、月収の金額の中身に月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。それは残業代を入れることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられます。また基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあったります。そうやって「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。

    退職|より安定した生活基盤を手に入れるべく正規の雇用社員になりたいと思っている人は…

  • 安定した生活を送ろうと「正社員」として働きたいと思っている人はかなり多いと思います。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員として採用されることが難しいこともあります。準社員の求人募集があっても、正社員の求人に執着しすぎて、時間を浪費している人が少なくないと言います。万一あなたが中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の募集にも目を通してみましょう。正社員を募集していない会社であっても、その人の実力によって、数年で非正規雇用から正規雇用への転身ができることもあるからです。ですので面接時に正社員として働ける可能性の有無を尋ねておけば、人生設計にも役立ちます。

    退職|転職のための面接では注意する点があります。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事担当から「転職理由は?」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。この時に、どんな訳があっても、前の仕事場での「人間関係」「労働環境」についての不満に受け止められる内容などは、出来るだけ控えましょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを逃してしまうことになります。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのが必要なので、とりあえず「新しい職場で、自身のキャリアをしっかり生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったような未来志向での返答が大切です。

    退職|今までの私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」に通っていました。

  • 前は新たな仕事を探す時はいつも「ハローワーク」で探していました。理由は、大抵の転職サイトは、構造上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職活動をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、求人募集をしている多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークを利用したことがないから不安」という先入観がある人が多いかもしれません。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので転職するべきか悩んでいる場合は、参考までにハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトのような大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

    派遣という形で働く人が最近では増えてきていますが、仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで・・

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が近時は増加する傾向にあります。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接時に質問しておくことをオススメします。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがほとんどです。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪い派遣会社では、3割だけしか労働者に還元しないケースもかなりあります。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、可能な限り異なる派遣業者で登録されることを推奨します。

    退職|働くにあたって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい、…

  • 仕事のために回復が難しいほど精神的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談をするより身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜかというと、働くのは自身のためでもあります。が、しかし家族の問題ともいえます。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、精神的にボロボロになるほど我慢しながら無理して仕事をするのは望ましいとは言えません。現在の社会では、物質的なことよりも、働きやすいことを大事にしたって良いはずです。ですから気に病むことなく、身内や、あなたの心と体を大切にしていきましょう。

    退職|派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職によって思い知らされました。私は結婚し、生活が落ちついたら、早く子供が欲しかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど現在の会社で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、正規よりも月収は少なめでしたが、それでも「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちは大多数が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣といえども、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

    転職をする際に閲覧する募集内容の情報というのは、参考程度に、アバウト・・

  • 再就職をする際に閲覧する募集事項については、参考程度に、アバウトに載せている、という可能性もあり得ます。なので、情報として書いてあることを何もかもが間違いのないものだと簡単に信頼するのはやめておいたほうがいいと思います。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?というような判断ができないことが多く、勝手な判断で理解したつもりでいると、後々そのことを悔いる事も少なからずあるでしょう。それゆえ、募集要項については、おおまかなものだと思って、そのようなたいへん重要なことは会社側に直接確認するのが好ましいでしょう。

    退職|昔は看護婦と言った看護師は働く者として歴史的背景か・・

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者として歴史的背景から女性比率がとても大きい職です。さらに、気力だけでなく体力のひどく消耗する職場ともいえます。そのために、対人関係が上手くいかなかったり、結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。なので、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職増加のスパイラルになっています。

    経験したことがない分野などに転職したいと考えている場合に・・

  • 今まで経験したことのない分野とかに転職したいと考えている場合には、前職で、自分が培ってきたスキルや経験したことを発揮できるというアピールが必要です。その業種で働いたことがない人は経験のない分だけその業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも発揮することができるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になる場合も出てきます。そんな訳で、経験が全然ない業界にチャレンジするときには、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関係を可能な限り見付けましょう。