退職|就職活動において、年収は大変大切な要素です。

退職|就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほとんどありえません。もし、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなる状況も考えられます。

  • この頃スマホは便利でネットで見られる世界では要する・・

  • この頃スマートフォンは便利でインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに点在しています。サイトを見て自分が求めている転職先というのを見つけたいなら、まず、情報を集めることです。このようなサイトを上手く使いこなすことで、効率的に転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用できるサイトかどうかを類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。

  • 就労であるのなら、できたら、周りの人間にバレないよう…

  • 就労中には、なるべく水面下で(私の経験談ですが)在職期間中に「転職するかも」という考えを早期に周りの人間に言ってみたことがあります。しかしながら、その後求人情報を色々と探してみたのですが、悲しいことに転職する転職するタイミングさえも何も煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。そして会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • もしも転職したいと考えているなら、あらかじめ「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もしも転職を考えているなら、転職する前に「資格」取得は考えておいて損はありません。また、在職中に資格を取ると転職の際に有利に働くので選べる企業がぐっと増えます。というワケで、在任中の時間が一番良い時期なのです。再就職を考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。それに、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に面接官に「即戦力」な人材として認められ、待遇も良くなる可能性が高いです。

  • 再就職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行する確証はありません。

  • 再就職をしようと考えていても万事順調に運ぶとは言えません。もしも転職するのなら、そのうちに転職しようと思っているならあなた自身が若いうちに行動したほうが良いです。たいていの場合、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、30代後半~40代に至ってからの転職活動全般は、だんだん厳しくなってしまいます。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職を意識していても今の会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に行動したほうが良いということです。

  • 退職|この先、労働力という観点においてどんどんシンプルな作…

  • これから今以上に考えなくてもできる作業は機械に変換されてその移り変わりによってそういう仕事をする人員はどうしても減少していきます。その理由は、シンプルな作業という観点では人の手を借りるよりも機械で進めたほうが比べられないほど分があるからです。数をカウントしたり、同じ作業を繰り返したりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って泣き言も言わず、ペースが変わらないし、不正行為をすることもないし、早いし均一にこなせます。付け加えて、報酬も発生しません。なので、労働力として生身の人間を使う意味が無いため、機械に移行していくのも無理もありません。

  • 退職|今あるスキルを活かして転職活動する際は、再就職がしやすい業界と…

  • 今あるスキルを有効活用しつつ、転職活動する場合、比較的、転職しやすい業界と難しいものとを大まかに知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系の業種がおなじみですね。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士の資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事がきついからと異業種に転職する事を考える場合、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、したがって、容易に考えないことが重要です。異業種への再就職される場合は、「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • 退職|そのうちでも転職活動を考えているのなら、今現在の職場や仕・・

  • これから転職しようと考えるのなら、今いる業務や業務の何が気に入らないのかを洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々転職しようと思われているはずです。が、「しっかりと現在の仕事の不満を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職できたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぐことができるでしょう。

  • 退職|転職とは、希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」との…

  • 転職とは、企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」との勝負といえます。面接で結果を出すためにも、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする意識で望むのも大事でしょう。更に大事なことは面接を介してまず第一にあなたの人となりをくまなく見られるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は気をつけてぜったいに控えましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を渡してきた場合…

  • 転職の面接などの場面で面接担当者が名刺を差し出してきたら、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、ほとんどは差し出す必要のないもの、と思っておきましょう。転職のための面接は仕事ではなく、就職活動の一環です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする時ではないのです。そのうえ、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人のことでそこにいるわけです。そのため、もし相手から名刺を渡さても、こちらにおいては、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる義務はないと判断できるのです。

  • 転社を度々しないための対策は至ってシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるコツはとてもたくさんあります。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を強化することができます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、刺激を受けることばかりです。ですから、帰国後変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、今までの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職直後は精神的にまいっている人も多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私自身、、食べることが趣味だったのですが、かつては、料理店に勤めていました。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまいました。ということが原因で、職場を去ることにしたのですが、その影響からか、好きだった食べることやその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌いになってしまい、似たような飲食店には現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に自分自身に問いただした上で行動するべきです。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」といった経済政策が次々に展開されています。経済政策共々日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに今までにない変化が出つつあります。それもあって民間企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が社会では大きな問題となっています。ちなみに「外国人労働者」の割合を増やして人材確保に務めていくつもりでいると安倍政権は語っています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • 求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していたのです・・

  • 求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルも驚くほど様々あってほぼ物足りないと感じるアドバイザーばっかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという欲が積もりました。そんなことがあったこともあり自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのは経済的な負担にもなりました。それに加えて資格取得のための勉強面も大変でしたが、就職活動中の人たちに担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるために頑張っています。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問とし…

  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決定しても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な気持ちを維持することが大切でしょう。引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をきちんと作成しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動で大切なポイントとなります。

  • 転職の際に外せない企業の面接に関して、勘違いしている人が多いので・・

  • 転職のための会社の面接に関して、してはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、予想に反して悪い結果を招くおそれがあります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接時は、「給与システム」など、通常であればかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に訊いておいた方が、最終的に間違いなくあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそのような質問をすることで最終的に落とされてしまうのでは?」と危惧するかもしれませんが、ところが、意外と良い結果をもたらすことは最終的には可能性が高いといいます。この手のお金・労働環境に関する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、多数の人が気を遣い不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、逆手に取って、「正直な人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。