退職|就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接では、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はほぼあり得ません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

世の中は変わっていてPCやスマホを見ればインターネットで見られる世界で・・

世の中は変わっていてスマートフォンを使えばわかるけどネットの世界では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが相当な数存在します。サイトを見て自分自身の目的に合致した転職先というのを見付けるために、なんといっても情報を集めることをする必要があります。転職サイトをきっちり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

退職|在職期間中は、状況が許す限り、周りの人間にバレないよう・・

就労期間にあるときは、なるべく同僚にバレないように(ちなみに私のときは)雇用期間中に「転業するかも」という意図のみを活動初期に同僚に知らせたことがありました。しかし、その顎、求人誌を散々探してみたのですが、悲しいことに転職する時期などすら何も進めていたので、ズルズル時間を空費する結果に。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したあとで、次の就業先を探すハメになりました。

転職を予定しているのなら、転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もしあなたが転職される場合は、事前に資格を取るのがおすすめです。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取っておくのがベストです。転職に有利に働くので新しい仕事も探しやすくなります。そんなわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっともおすすめのタイミングです。未来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。それに、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、以前の職場より待遇アップも期待できます。

退職|仮に転職しようとしても万事うまく進行するワケではありません。

仮に転職しようとしてもあらゆることがうまくいくという保証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどっちにしても転職をしなくてはならないなら極力早い時期に行動に移すべきでしょう。ほとんどの場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に入ると転職自体がたいへん難しくなります。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目に含めておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、今の会社に残った状態で、時間をかけて慎重に探すほうが後悔がないはずです。

退職|私たちの社会的環境において、将来的にぐんぐんと短絡的な仕…

これから一段と簡単な仕事は機械によって結果、人員はどうしてもカットされていきます。考えなくてもできる労働という観点ではヒト以上に機械で作業するほうが圧倒的に強いからです。例えば、数を数えたり同一の手順を延々と反復したりすることは機械には何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句も言わない、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらには、賃金も発生しません。このように、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械に置き代わるのも当然の流れなのです。

退職|あなたが持つ現在のスキルや資格を武器に就職活動を考える場合に、…

自分のスキルを有効活用しながら、再就職を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。再就職の難易度が低めの業界では、人手不足が問題視されている医療・介護業界が代表例といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士は「資格」を必要で、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、何かしらの事情によって他の業界へ転職したいと思っているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。他の業界では人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、容易に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、他の業界では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。

退職|今から転職をするのなら、直近の職場や仕事の何に不満があるのかを…

これから転職を希望しているのなら、直近の仕事の何に不満があるのかをハッキリとさせておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々不満な点にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。でも「きちんと今の仕事の問題なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぎやすく、成功することができます。

退職|転職活動で重要なことは希望している企業そのものよ・・

転職のための活動は希望している企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。希望する職種に採用してもらえるように、ゼッタイに普段通りを意識して焦らずに対応しましょう。出来ればお見合いのような気分でいる向かうと緊張がとけるかもしれません。面接係員はまず最初にあなたの内面的な部分を評価してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。また常識的な社会人らしく面接に適した綺麗な服装で望みましょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された時…

再就職の時の面接などの際に名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に差し出すべきであるのかどうかと迷った場合は、基本的には差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接は仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動内のことです。ですから一般的に考えて名刺を交換する時とは違います。そのうえ、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。それゆえ、もしも相手側から名刺を渡されても、こちら側は受け取るだけでよくて、相手側にあげることはまったくないと思われます。

転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

転社を度々しないためにすることは一つだけです。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるコツは直ぐに拾うことができます。そんな、時に転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面は強化できます。それは、海外への旅行です。外国は、日本とは異なった様々な文化があり、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかしながら、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いので元気になるまで休みましょう。

退職|好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。

大好き、を仕事にしたいと考えている人は要注意です。これは、私が体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが高じて、前に、飲食の世界で仕事をしていた時期があります。そのレストランでの業務は、そのレストランで任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが理由で、退職することにしたのですが、その影響で、大好きだった食べることやその店で扱っていた食べ物も嫌になり、類似の飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、まじめに自分自身に問いただした上で行動するべきです。

退職|転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策共々金融政策ともあいまって財界・民間企業間でも今までとは異なった変化が巻き起こりつつあります。そういった変化を受け、企業サイドでも労働人口の減少による人手不足が社会問題として拡大しています。また最近では、外国人の労働者を今以上に高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用・転職状況も変わっていくのは間違いないでしょう。

退職|仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつてはずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても驚くほどまちまちでほとんどはいまいちな方でした。こちら側は人生かかっているのにもっと熱心にに臨んでほしいという欲が積もり積もってしまいました。そんなことがあり私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格取得には支出が増えました。また勉強面に関しても大変なわけですが、仕事を探している人から頼りにされるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

退職|転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動をする上での最後の壁として、「現職の退職」があげられます。転職先の会社を決めたとしても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして慰留することも珍しくありません。もしそうなってしまったら、どうあっても退職する、という強い気持ちをもつことが重要といえます。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動において重要なポイントになってきます。

転職時の採用面接では、やめておいたほうがよいのは露骨なま…

転職候補となる会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですがあからさまな猫かぶりしていると、それがそのまま不採用となる可能性が高いです。そうならないために思い切って面接の際は「産休」などの、多数の人がかなり質問しにくい内容を思い切って訊いておくと、結果的に確実に自身のためにもなります。実際には「そんな無神経なそのような質問をすることで最終的に響くのではないか」と不安が募るかもしれません。けれども、意外なことに、良い結果をもたらすことは結果的には可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、面接応募者の多くは、大半の人が質問を躊躇しています。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「勇気のある人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。