退職|昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

日本には古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。が、「転職」が当たり前になったからといっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見計らうことです。はじめに、今現在の職場、仕事内容について、不服を強く感じていることをおよそ10個、紙にリストアップしてみましょう。この作業が、将来の転職活動に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、できるだけ素早く、今よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。

再就職しようとする場合絶対に用意する履歴書は、たいて…

再就職の際に必ず用意する履歴書などにおいては、基本、パソコンを使って作成するのが通常です。我が国においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで書くのが一般常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実は、転職の際は履歴書や職務経歴書は手書きじゃないといけないとまでは断言できません。手書きの履歴書や職務経歴書を高く評価する時もあるようですが、そうじゃないケースがだんだん増えてきますから、パソコンで書かれたものでも良いとする会社はけっこうあるのです。

今までの求人誌に必要とする人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。

何年か前までは求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、書かれているのがほとんどでした。ですが、男女雇用機会均等法の施行によって、採用時、男女の差別をないようにしないといけない事となり、応募資格の詳細に「性別」を明記できなくなりました。けれども、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。そんなわけで、実は男性必要な企業に女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が応募してくる、といった問題もひとごとではないのです。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、希望しているのは女性だと捉えておいたほうが確実です。

退職|派遣会社での仕事が決まりました。

派遣先が決まりました。仕事の初日に営業の担当者と派遣先に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、約束をした店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみたら雑誌コーナーの前に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いてみているではないですか。こんな担当の人の仕事なんて勘弁だと感じて、声をかけることもなくコンビニから出てすぐに派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

20代前半までに転職2回で、現在は資格取得のために派遣社員で働いています。

20代のうちに転職を2回経験し、そして今、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイムでの勤務ではないため、やはり給料は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、心と時間に余裕ができました。もっと学生のうちに資格を手に入れて、仕事に活かしたかったという思いもあります。身近にそういった人を見てしまうとうらやましいなと感じてしまいます。これまで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、悩みだったのですが、しかし現在では、結婚してから、生活自体が大きく変化し、明確な目標ができてまいにち充実しています。

再就職時の面接では、中堅企業クラスの場合、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが…

転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの場合大抵は「人事」が面接担当ですが、それ以外のケースもあるはずです。例を挙げるなら、今後仕事をすることになる一番偉い人、というような課長・部長などの役職の人が当たることになるでしょう。とくに営業系や事務系といった部署に転職するのなら、資格での人の評価が難しいですから、堂々と自分自身をアピールしていくことが大事です。面接担当者たちから「この男は、堂々と発言してるし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。忙しく仕事を行いつつ求人案件の応募に走ったり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもハードといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識を持つことが大切です。

転職先を探す際、当然仕事におけるやりがいアップも重要だ…

転職するなら、もちろんやりがいのある仕事をすることも重要だけどそれだけでなく手取りのアップも大きなポイントですから「年収サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。全く同じ会社でその上同一の職種、社歴であるのに人によって広い幅がある場合も数多くあり、ぶっちゃけた話面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人物について誰であるのか予測がついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

退職|近頃、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、起業で頑張っている人も増えています。

昨今では、株や不動産投資等の不労所得のほかに自営業や起業を目指す人も増えています。そういった世の中の背景もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった見解も変わってきています。高度経済成長時代の際には、先の見えない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員のほうが手堅いとされていました。そのため人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていた。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」という名が言い表されています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

退職|新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職しました。会社を辞めたときは、1人で悩みました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職を経験したことで学び、いつの間にか将来への不安が消えました。なにより転職をすると何か、気持ちが前向きになっていき、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが楽しいものになりました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」という転職に対してマイナスな意見もありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職を決断して後悔はありません。

退職|生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくてももらえると思っている人…

失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくてももらえると思っている人が少なくありませんが、それは正しくありません。本当は、もらい続けるためには、職探しを行っていることが必要で、さらに、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。一方、「この人は就職活動を本気でしていないぞ」と見なされたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、当然問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう注意してください。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、…

この前、転職したばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人が意外とよく見受けられます。何故そうかと考えてみるとたぶん気持ちも新たに、良い仕事を見つけたというのに、「考えていた職場と違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」というワケで去っていくのだとか。可能ならばこういった転職における失敗を繰り返さないためには、まずは前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。通勤に掛かる時間、給与体系、など事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある方は…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、できれば失業手当をもらうことをおススメします。これは働いている会社でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。このとき、もらえる失業手当の金額は会社で最後の勤務月の直近の給料を軸に支給する額を割り出されるのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

退職|新たな勤め先でそれまでの実力を発揮できれば、即戦力として周囲から扱わ・・

新しい仕事で、過去の実力を活かすことができれば、即戦力として見なされ、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社側もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばわけなく採用されるでしょう。しかも、かつての働いていた職場と同じような業務内容なら可能性はおおいにあります。とはいえ、それなりにスキルがあるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員の募集などは、時代に関係なく、相当な競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

退職|転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。ほとんどの企業は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事といえます。単に記入するだけにとどまらず、内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入してみましょう。また、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば売上〇%UPした等、かなり具体的に書いていきます。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのもよい転職をするための一つの手です。

退職|大手の「就職エージェント」ほど、様々な案件を持っている…

大手の就職エージェントに限って、いろんな案件を扱っているという強みがあるといえますが、他方、転職を希望する競合者も多いです。それがためにあなたが、気になる案件を見つけたとしても、担当スタッフの側が不可能だと判断すれば応募してもらえない場合もありますし、企業から見てあなたより高く評価される人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大手エージェントはサイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変えて比較的規模が小さいエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないものでしょうか?と相談すると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。