退職|求人に関する情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

退職|求人に係る情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思っている人・・

  • 求人に係る情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人というのは、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしていることが少なくありません。実際に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に関する仕事がかなり存在します。けれども、製造業の職場はビジネス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。でも、自身のこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 転職の際に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが…

  • 転職を予定しているのなら今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もし自らが希望して退職届を書いて退社する、いわゆる「依願退職」のときは失業保険が即座にはでません。手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月待たないと受け取れないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業が認定されれば即座に失業保険が給付されます。
  • 転職の時の面接で必要となるスーツの色は、新卒の方が就活の際に…

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色味については、新卒の方が就活の時に準じた色が無難です。ですので、紺や黒といったような暗めの色合いになるわけです。再就職であっても、スーツの色味はこのような暗めの落ち着いたカラーが大多数を占めていて、黒色や紺色以外の色の転職者はあまり見ることはありません。その他の色で言えば、グレーのスーツを着ている人がいるくらいで、たいていの場合は紺や黒のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、面接を行う人事から見ても黒や紺色のスーツの方が当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という観点においてはそのようにする方が好ましいわけです。
  • 退職|転職の面接での身なりは企業側からクールビズでもOK・・

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズ可とと事前に言われる場合もあります。ですが、なかには、クールビズで面接を受けるのは失礼に当たるのでは?と思ってしまう人もいます。クールビズに関する不安を抱えている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接については書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。色々迷ってしまい、汗をかく時期にしっかりとスーツを着ると相手に不自然に思われます。ですから、会社側からクールビズでもOKと言われたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 退職|転職の面接を受けに希望先の会社へ行ったときのことです。

  • 転職時の採用面接に希望先の会社へ向かいました。その日に限って社内の会議室や応接室が空いていないということで外の場所で面接官と待ち合わせをして採用面接をし、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直接帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車の中においても面接官とずっとお話しながら帰ることになり、その結果緊張がほぐれて面接の時よりも込み入った話ができて、それがプラスになったのかなんと採用を掴むことができました。
  • 退職|ここ最近の会社や企業の労働背景が大きく変わったことに当たって、全世代の・・

  • 今現在の企業の雇用事情が大きく変化したことに当たって、若者たちが特にチェックし、気にかけているようです。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。こういった理由から労働者やサラリーマンの労働力の「流動化」が著しくなっているため、一層、今後、世代に関わらず転職についての関心は高くなるでしょう。労働力の「流動化」によって一つの会社に縛られない生き方はあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、転職者は、それだけでややネガティブに捉えられる傾向が強く、実際に転職するのが難しい時代でもあったようです。ですが、社会の流れが変わり今の会社に執着する意味も必要性も無くなってきていると言われています。
  • 退職|失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付される期間について規定があります。失業時までに勤務していた期間によって変動し、90日だったり120日だったりするのですが、この現実を理解していない人がいます。失業中である限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき急に転職活動をしてもろくなところが見つからない確率が高いです。会社の面接官も無能では無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかに関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、面接担当者から何をしていたか質問されることになり、うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 昨日新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのときカウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員で、私が伝えたいことの50%も彼は理解ができていない模様。しかも「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくべきでしょう」等、わかったように横柄にしゃべるから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当させるのは多少はカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと思います。
  • 就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。もし、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが間違いがありません。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 最近パソコンやスマホを見ればインターネットのエリアに…

  • 最近スマホは便利でインターネットで見られる世界には要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見つけるためには、何よりも情報収集が必要です。こんな転職サイトをうまく使うことで、効率的な転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。
  • 退職|在職中であるのなら、できれば悟られないよう、(私の経験談です・・

  • 在職中は可能であれば、社内の人間にバレないように(ちなみに私のときは)前職中に転業の考えを早いうちに周りの人に仄めかしたことがあります。ところが、その顎、求人誌を散々見たものの、結局就職のあても仕事を変えるタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないままダラダラと時間が過ぎてしまいました。一方の社内では業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。
  • 退職|もしあなたが近い将来、転職するのなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • もしあなたが転職を考えているのなら、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けながら資格を取っておくのがベストです。転職の際に有利に働くので選べる企業が増えることで選択肢が増えます。ですから、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストな時期といえます。もしあなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、会社を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そして、資格を取得した後では、転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際即戦力になる人材だと判断され、待遇アップも期待できるでしょう。
  • 仮に転職するにも万事順調に運ぶというわけではありません。

  • 転職するにも全部が首尾よく運ぶというわけではありません。もしも転職するのなら、どのみち転職をしなくてはならないなら出来るだけ早い時期に考えておいたほうが良いです。普通一般的には、20代のあいだは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に突入すると転職の場合は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社にとどまることも選択項目の一つには入れておくべきです。退社してから転職活動を始めるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、注意深く行動したほうが後悔することもありません。
  • 近い将来、私たちの労働環境においてますます考えなくてもできる作・・

  • これからの社会ではどんどん思考を必要としない仕事は機械に変換されて当然の結果として必要な人手はどう考えても縮小させられてしまいます。なぜかというと、思考を必要としない作業という観点ではヒトよりも機械で作業するほうが数段に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業をずっと反復したりすることは機械にとっては何も不自由もありません。もちろん人間とは違って愚痴も言わず、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。加えて、給与が発生しないのも違いですね。このように、人を使う理由が無いことが明白で、機械に置き代わるのも自然といえます。
  • あなたが持つ現在のスキルを活かして就職活動する際…

  • 今ある自分のスキルや資格を活かして転職する際は、転職しやすい業界と、そうではない業界がある事を事前に知っておきましょう。転職しやすい業界は、慢性的に人手不足である医療や介護系のジャンルが代表例といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、何かしらの事情によって異業種に転職する事を考える場合、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性は決して高くはないのです。ですから、容易に考えないことが大切です。転職される場合は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職やることに当たっては、現状の仕事や業務での納得いかない部分、不満に思う部・・

  • 転職を希望しているのなら、現在の仕事・業務での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。そもそも気に入らないことがあるから転職したい、と考えるのは分かります。が、「きちんと存在する客観的にみた不満な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は未然に防ぐことができるでしょう。