退職|求人情報を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

退職|求人に関する情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど…

求人誌を見る場合、「デスクワークがしたい」と思っている人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と早合点していることが少なくありません。製造業の求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される職も多数あるのです。しかし、製造業の多数はオフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。そうした事には自身のこだわりを捨てることによって仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

転職するにあたり、今働いている会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです…

転職を行う際、今勤務している会社辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、仮に自分のほうから退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークのスタッフと口論していたのを以前見たことがあります。なお、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定が下ったのち直ちに失業保険を受け取ることができます。

退職|転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色に関して・・

転職の時の面接でいるスーツの色は、新卒の方が就活の際にに準じたカラーが一般的なルールとなっています。ということは、黒とか紺色のような落ち着いた色味になります。それは転職の面接においても、着用していくスーツの色合いはこういう暗めの落ち着いた色がほとんどで、そうでないカラーの人はほぼいません。それ以外だと、たまにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、一般的には黒系や紺系が大多数を占めているので、人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が当たりまえに感じます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめです。

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでもOK・・

再就職の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと書いてある場合もあるようです。しかし、なかには、クールビズで赴くのは実際は良くない印象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そのような考えを懐に抱えている方においては、企業側からクールビズで来るように言われた面接なのであれば、書かれていることを素直に聞き入れたほうが良いです。色々迷うことによってしまい、汗をかく季節にスーツをしっかりと着用すると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで行く方が好ましいのです。

退職|転職における面接に転職したい会社へ赴いたときのことで…

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。その日に限って会社内の面接に使える部屋が空いていないとのことで社外のとある場所で面接をする方と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散をし、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が一緒だったのです。結局は電車内においても面接を行った人とずっと世間話をしながらいっしょに帰宅することになり、すっかりすっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾み、それが功を奏したのか無事に採用を掴み取ることができました。

このように特に昨今の企業の労働環境の激しい変化において、社会人の中で…

このようにここ数年の雇用事情の変化に際して、若い世代が特に注目しているようです。それはたぶん、自らの将来を見据えた動きなのでしょう。働き手といった「流動化」が顕著となっているので、なおさら、この先、世代に関わらず転職についての関心度が強くなるでしょう。「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が機能したかつては、転職者は、評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうことも多くあったのです。社会の流れが変わり現在の会社に固執する意味も必要性も減少しているように感じられます。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限り給付されると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで職を探しても条件のよいところを探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった点はだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて困難になります。

退職|一昨日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。

先日転職のために人材紹介会社に登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者がどうも経験不足の社員のようで、こちら側が説明をしていることの2分の1もその社員は理解ができていない感じ。しかも「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが必要です」等、一丁前のことを横柄にしゃべるから大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそこそこ仕事を経験している人にしてほしいと思います。

退職|就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにそのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

退職|世の中は便利になったものでネットで見られる世界には今では…

とみにパソコンで調べればインターネットの世界では、要するに「転職サイト」に類するものが多すぎるくらいあったりします。その無数のサイトから自身の目的に合った転職先を見つけたいなら、最初は情報が大事ですから収集が欠かせません。「転職サイト」をしっかり利用することでスムーズな転職先探しが可能です。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。

在職中には、可能であれば、同僚に気づかれないように…

在職中には、出来るだけ社内の人間にバレないように(自身のときは)在職中に転業したいという意図だけ、早い時期に会社内でほのめかしたことがありました。けど、それから、転職サイトを必死に色々とチェックしてみたのですが、予想に反して転職先や転職するタイミングも計画も立てずに決まらずダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。一方、会社のほうは、退職に関わる手続き、私の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

退職|もし転職するのなら、資格を取得することで有利になります。

もしも転職を考えているなら、あらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、在職中に資格を取ると転職活動の際にあたって幅が広がるので、転職できる企業がグッと増えます。そういうわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においての最適です。もしあなたが未来を見据えて、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の会社を退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。また、資格を持つことによって、転職先の面接時に「即戦力」と認められ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。

仮に再就職するにもあらゆることが首尾よくいくと断言はできません。

転職しようとしても万事うまく進行するとは言い切れません。どうせするなら、支障がないなら年齢が若いうちに出来るだけ早く考えておいたほうが良いです。一般的には、20代のうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に入ると転職の場合は、だんだん厳しくなってしまいます。重要なポジションに就いているのなら、転職を意識していても現在の会社に留まることも選択項目から外さないほうが良いです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、今の会社には残ったまま慎重に行動したほうが良い、ということです。

将来的に、私たちの社会的環境においてぐんぐんとシンプルな作・・

私たちの社会的環境において、これから一段と思考を必要としない作業は機械化が進歩していきそれに伴い、そういう仕事をする稼働人口は少なからず減少していきます。簡単な労働という観点ではヒト以上に機械で作業するほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順を延々と反復したりすることは機械なら何の苦もないのです。もちろん人と違って文句も言わず、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるのも魅力です。さらには、賃金が発生しません。ですから、人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械に移行していくのも無理はありません。

今ある自分のスキルを有効活用しながら、転職したいと思っているな・・

自身のスキルを活かしつつ、転職をするつもりなら、転職がしやすい業界と、比較的、再就職が難しいジャンルがある事を知っておいてください。再就職しやすい業界は、慢性的に人材が不足している「医療・介護」系が代表的といえます。医療や介護の業種では看護師や介護士の「資格」が必須なため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって異業種へ転職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。簡単に考えない事が必要です。異業種への転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

来週からでも転職活動しようと考えるのなら、今現在の…

来週からでも転職活動しようと思うのなら、現在の業務の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満があるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて現状である業務や業務の客観的に考えた不満を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが可能なはずです。