退職|派遣で働いています。派遣法の関連で長く勤務してきた就業先…

派遣社員として働いています。労働契約法のせいで残念なこ…

派遣として就業しています。労働契約法の関連でやむを得ず、長期間働いた就業先でのお仕事を終了しなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣の就業先で直接雇用の位置を手に入れた人もいるのですがはっきり言って仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが得意な方でお引き立てがあったよう。仕事ができるかどうかよりもおじさんに媚びる能力の方が必要なのかなーと別の派遣仲間と派遣先の会社でいつも文句を言っています。

転職をする活動を行う際は、なにはともあれゼッタイに内…

転職の活動を効率的にやっていくには、なにはともあれ何よりも心がスッキリしていることをとても重要視したいものです。今の会社で働きながら転職の活動される場合は、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う場合はかなり心のうちが焦ってしまいます。その点を踏まえ、慎重に活動を続けましょう。将来、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。実際の職場と比べてみて、それらが矛盾していないか、改めて冷静に見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

転職をする時に面接でおいてほとんどの人が質問されるのは…

再就職する場合の面接でほぼ100%質問されるのは退職したのかという話ですが、このような質問が出た時には話の中心を退職した会社にしない方が無難です。辞めた経緯に焦点を当てるとどうしても面接において不利なことを取り込んだ話題になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとなぜ以前働いていた会社を辞めたかという点をこちらの会社にどうしても入りたかった理由があるといった感じの話にすべきということで、入社したい会社の方に焦点を向けていくと良いでしょう。そういった内容ならば、マイナス面を消し良い印象を与えることができる辞職の事情にすることが可能です。

転職するための期間中は、どうしても、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

転職の間は、無意識のうちに時間がある分、気が緩んでしまい、ダラダラとした生活になりやすいですよね。ですが、そうした生活を常態化させるのはキケンです。なぜなら、ダラダラとした生活が当たり前になると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困る事態となりかねません。このように、生活も仕事も悪循環になり次の勤め先をうまく見つけられなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、ダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。

楽しく過ごしつつ、再就職と向き合うことで、メンタルへの重荷を抑えられるので…

期待をもって再就職に向けての転職活動をすることができれば、精神的にも転職期間中の堕落も避けられるはずです。そのうえ精神的な部分が損なわれていない分、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。ベストな形は、ブランクを設けないで転職先を見つけることが大切です。現在の仕事をしながら、次の職場を探すのがベストだと思います。また、休職期間をなくすことで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後を踏まえて、転職活動を進めていきましょう。

退職|転職活動では、事前に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

転職を行うとき、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりして転職したい会社を調査すると思います。ですが、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、こんなはずではなかったとあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、難癖をつけながら辞めさせないように仕向けてきます。このようなブラック企業には注意が必要です。

転職したいと考えている会社の見学は、たいへん勉強になります。

転職先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。とくに、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られて楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では例外なく見学者には、日常の姿を見せてはくれません。その傾向が強いのはずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社してからでないと、本当の姿はわかりません。そのため、仕事=見学で知った内容と考えないことが良いです。また、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社すらしてない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が一切ないため、仮に、勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。

退職|新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職を考えているのならいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。中でも、転職1年目の段階では、ほとんど「試用期間」が含まれている場合がケースが多かったりもします。自分の転職では、どうにかして手にした職なのに、なんと前の職場での年間報酬と見たところイコールということがありました。それに、仕事はキツく、かなり責任を伴い最初の1年は、とても苦労しました。そういった実体験を踏まえると、1年目は、仕事を覚える年と割り切り、出来る限り転職する前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていただきたい箇所が何点かあります。派遣社員という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事をなんとなく想像する方がおそらく多いはずです。本音を言うと私もまさにそう思っていました。今、勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに電話応対と聞いていました。直接派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に仕事に就くと、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。毎回振り回されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今はとにかく、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。特許などを出すと連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を出した経験がある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思しき話をされたときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。まれにヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もありますが、その手の業者はおそらくはイカサマなので、きっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

退職|求人情報にはほとんどの場合、まともな会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。

求人関連の情報では、たいていの職場では月の収入がしっかりと記載されていますよね。この箇所を頭に入れる際は、注意深く確認する事が必要です。多い少ないだけで判断しないようにしましょう。というのは企業によっては、月収の額の内訳に「毎月20時間分の残業」が含まれているかもしれません。要するに残業代の金額を入れて金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあります。だから、そうやって「不誠実」極まりない案件は、興味を持たないほうが賢明です。

安定性を手に入れるために正規社員を目指す人は相当数いるのが現実です。

安定的な人生を求めて正規の社員として働きたいと思っている人はかなり多いと思います。ただ、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、正社員としての転職活動がうまくいかない可能性もあります。非正社員の求人募集を見たとしても、正規雇用の求人情報以外はそっちのけで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。企業のなかには、働き手の実力により、数年で契約社員から正社員への転換が図れることもあるからです。ですから面接の最後に「正社員登用」の機会の有無を尋ねておくと人生設計にも役立ちます。

退職|転職のための面接では注意する点があります。

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。人事から「転職の理由は何ですか?」と訊かれると思います。このときに、いかなる事情があったにせよ、前の仕事場での人間関係や働く環境についての不満やトラブルを絡めた内容などは、絶対に口にするのは避けましょう。仮にそういった不満を回答すると、採用される可能性を棒に振ってしまいます。ですから面接時には前向きな発言がとても大切で、とりあえず「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来形での話ぶりが好印象となります。

今まで私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」で探していました。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、やはり都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職するときには「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、求人募集をしているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域に寄り添った企業が多く、ピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「どんな求人があるかわからない」と感じている人もいるはずです。でも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、この先退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ足を運んでみてください。「転職サイト」みたく多くのお知らせやメールの心配も無用です。

派遣会社を利用して働く人が規制緩和の後、増加しています。

派遣会社を通して働く人が一昔前の規制緩和以降、多くなっていますが、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちの何割があなたに入るのかをなるたけ面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りに、手数料をもらうシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪い派遣会社では、2割だけしか労働者に還元しないケースもあるのです。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるたけ違う派遣会社を利用すべきです。

退職|働く中で精神的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら・・

仕事のせいで回復が難しいほど精神的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、職場の人に相談ではなく身内に話を聞いてもらい退職するか決めるといいでしょう。なぜならば、仕事をするということは自分の事でもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく高い給料を得たとしても、精神がボロボロになるまで延々と働くのは好ましいわけがありません。近年は、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も徐々に認知されつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、あなた自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。