退職|派遣として勤務しています。労働契約法のおかげで不本意ですが…

ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣で働いています。労働契約法のおかげで否応なく、ずっと働いた就業先での勤務があと数週間で終わります。派遣の仲間の中には、派遣の勤務先から正社員の位置を得た人もいるのですがそれは正直仕事がどうというのではなく派遣先上司へのあしらいが上手な人でそれで採用された模様。仕事のスキルよりも上司に媚びるスキルの方が重要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣の同僚と派遣先の会社でいつも不満をたれています。

    転職活動をしているときは、まず必ず内心が静かであるこ・・

  • 転職をするための活動を行う際は、まず必ず自分の心が落ち着いていることを心がけましょう。在職中に転職をするための活動される場合は、それほどには気にしなくても良いですが、退職をした後にする場合はどうしても焦ってしまいます。そういった点を理解し、慎重に活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想と思える職場のイメージを具体的にしてみてください。そして、希望する職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、冷静になって見極めましょう。時間を掛けて判断することで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

    再就職をする際に面接でほぼ確実に問いかけられるのが前に働いていた会社を辞職…

  • 転職で面接でほぼ必ず聞かれるのは前の職を辞職した理由ですが、この質問が出た際には話題を退職した会社にしない方が賢明です。前職を辞めた理由が話題の中心になってしまうと必然的に面接において不利なことを取り込んだ話題になってしまうので。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前職を辞めたかという点をこの職場に絶対に入りたかった理由があるといった感じの話にするべきであり、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社にスポットを当てるべきなのです。そういう内容ならば、マイナスではなく積極性を前面に押し出した退職理由に聞こえます。

    退職|転職期間では知らず知らずのうちに時間が有り余っている分・・

  • 転職期間ではどうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そうした生活を常態化させるのはキケンです。なぜなら、気の緩んだ、だれた生活を習慣化してしまうと、「心」にも悪影響があるからです。いつの間にか仕事をしようとする意欲が湧かず、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そうなると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の職場が見つからなくなります。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

    楽しく再就職と付き合っていけば、メンタルに負担を感じることもないの・・

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで、メンタル的にも転職活動の間の堕落も避けられます。しかも精神的な部分が問題がなければ、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、休職せずに新しい職場に飛び込むことです。今ある仕事をしながら、次の職場を探すのが理想といえます。ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間がなく、履歴も傷がつきません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を考えてみてください。

    転職活動を行うにあたっては、始める前に、インターネット上で求人サイトを見たりし・・

  • 転職活動を始めるとき、最初に、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するはずです。しかしながら、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種の社長の方針や社員の感想については、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

    転職候補に挙がっている会社の見学ができれば、たいへん参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、かなり参考になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、スキルを間近で見られるので楽しくなります。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、いつも通りの姿を見せてくることは少ないのです。特にその傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社しないと、実際の姿はみえないものです。ですから、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人には問題が起きたとしても、それに対する保証はありません。仕事体験ができる、と言われても丁重に断ることが大事です。

    退職|職場を変えたいと思っているのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社した初年度は、大概「試用期間」が入っている会社が多数で、私の転職では、やっと転職したのに、悲しいことに以前の会社での年収とあまり変わりませんでした。そのうえ、業務内容は多忙を極め、立場上責任を伴い、1年目をクリアするのにたいへん苦労しました。そのような現実を踏まえると、1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、極力転職以前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    退職|転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている・・

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてほしいポイントが数点あります。まずはじめに派遣というと、お茶出し、その他雑用等をなどの仕事内容をぼんやりとイメージする人が少なくないでしょう。はじめは私もかつてはそう思っていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応が主な業務」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。が、実際に業務に掛かると、抜けた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので毎日非常に困っています。とにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか…

  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を出した実績のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思しき話が出てきたなら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する会社もありますが、その手の輩はほとんどは嘘であるので騙されないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。

    求人についての情報では、大部分の場合は多くの会社で・・

  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな職場では月の収入が記載されているはずです。でもこの月収の部分を確認する時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけを見てわかってしまってはいけません。実はひょっとすると、月収の額の内訳で月15時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代の金額を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。そういうわけで、そうやって応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

    より安定した人生を手に入れるべく正社員を目指している・・

  • より安定した暮らしを願って「正社員」として働きたいと思っている人は少なくないでしょう。けど、即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員としての転職が叶えられないこともあります。準社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人に執着しすぎて、時間を浪費している人が少なくないと言います。万一中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員の求人募集にも目を通してみましょう。会社のなかには、成果によって数年で契約社員から正社員へのキャリアアップを狙える可能性もあるからです。採用面接時に、「正社員登用」の有無を聞いておくのも将来設計にも役立ちます。

    転職時の面接の時に面接担当者から「転職の理由は何ですか?」…

  • 転職時の面接では担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、ほぼ確実に訊かれるはずです。こういった場合、いかなる訳があったにせよ、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」に関しての不満ともとれる返事は、意識して口にしないようにしましょう。もしも、こういった話をしてしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがとても大切で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来志向での返答が良い成果につながります。

    以前は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。

  • 今までは、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、大手の転職サイトはシステム上、都心の求人情報だけだからです。であったので、転職するときにはいつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着型なため、とても信頼性が高いです。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている方もいるかもしれません。以外にも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、転職について不安がある方は、ハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」のような執拗な電話やメールもありません。

    直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が規制緩和以・・

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が徐々に増える傾向にあります。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでトータルのお金(または比率)、自分に入るのかを極力面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がほとんどです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、開示をしない派遣業者が多く、酷いケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合もあるのです。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、その派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

    働いていることで回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって…

  • 働くことによって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人に相談ではなく身内に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。どうしてかというと、仕事をするということは当事者であるあなた自身ですが、同時に家族の問題でもあります。どれだけ報酬が良くても精神がダメージを負ってしまうまで我慢して仕事をすることは良い状態とは言えません。今の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も認知されつつあります。あなたの身内とあなた自身の心と体を大事にしましょう。