退職|現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり・・

現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして…

  • 現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公開されたりと、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には程遠いというのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票に書かれている労働条件に目を通し、不安に思う項目について堂々と質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げの姿勢に入ります。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問してみると、渋い顔をする場合が多いです。それでも食い下がると、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 転職を予定しているのなら、いろいろな会社の情報を日常的にチェックしておけ…

  • 転身したいなら、労を惜しまずに多様な企業の採用情報を定期的にチェックしておけば転業先をかなり選びやすくなります。あなたが今現在の職場に不満足だと感じているケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどんな会社でも魅力的に映ってしまいます。そのような状況下では、どの会社を選択したら良いのか迷ってしまうので選択を間違える可能性も少なくありません。雑な行動を取ると、最終的には短期間で嫌になってしまうこともあるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性ある会社は、取引している会社情報を開示していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前をチェックして、内容を確認してみてください。

  • 退職|働いていた会社でパワハラを行う上司に悩みを抱え、耐えきれずにその会社は辞め…

  • 勤務していた会社で嫌で反りが合わない上司に困惑してしまい、最後にはとてもやってられないと思いその会社を辞め、同じフィールドの別の会社に行くことにしました。その会社では会社の雰囲気がよく満足していましたが、緩やかに会社の売上が悪くなって、ある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその経営統合先の会社がなんと前働いていた会社で、加えて大嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。ここまで縁があるとは。当然新規の転職活動を始めるつもりです。

  • 退職|転職活動をしている際に、面接のときに絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接時に高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある給料に関する不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に好印象を与えるものではありません。自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、その希望が叶うのは御社しかありません、とうまく話をすり替えましょう。

  • 退職|もしあなたが、とらばーゆを決断したのであれば、徹底…

  • 一度、とらばーゆの決断したのであれば、あくまで社内の人間にはこっそりとそれを悟られないように、うまく転職活動していき、転身先が決まらないうちは、可能なだけ周りの人に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのが合理的です。現職中、その状態をキープしておくと、もし条件にあう働き先が行き詰ったとしても、転職予定を延ばしつつ、現職をそれまで通りにし続けてもトラブルにはなりません。でもつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社は、その言葉を受けた応対をします。そればかりか社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、同僚からは「あいつは退職する人」という位置づけになります。そうなると、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、立場が悪くなると感じるおそれもあります。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

  • 知っている人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど労働環境やそれから労働時間などの大切な部分を友人からの口コミだけを鵜呑みに判断してしまうとあとでトラブルになるかもしれません。というのはそういう口コミというのは、客観性に乏しいからです。友人・知人から見たら居心地の良い職場環境に映っても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、そうではない環境があります。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 再就職時の面接のときに着用していく腕時計ですが、明らかに目立・・

  • 転職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計についてですが、どう見ても目を惹く腕時計は着用をやめた方が悪い印象にはなりません。この場合の、目立つ意味はブランドの腕時計であるとか、といったことだけではなく反対に安い腕時計の印象を与えるとか、そういう真反対で目を惹くのだと頭に入れておいてください。再就職の面接の際の腕時計に関してもポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえ面接するにふさわしい適切なものを選んだ方が悪い印象にはなりません。そうはいっても、年相応であるということもとても重要で、新卒時にしていたものよりはわずかでも高価なも腕時計にした方が好ましいということははっきりといえます。

  • たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • たいてい大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。そして、郊外~地方となると転職の機会は低くなりそうです。とはいえ「製造業」系であれば、都市部でない地方の工業団地などに工場を構えていることがよくあります。そういう工場は、事業分野の拡大とともに「中途採用」をしていることが多々あるので、この好機を捉えるのです。地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての情報を把握し、公式サイトに訪問し、求人の予定がないか、しょっちゅう確認してみてください。

  • 退職|転職する活動の際に「自分はこれまでこういう価値のあ…

  • 今やっている転職する活動時、「自分は経験としてこのような内容の仕事に尽力してきました」「今までにこういった技術を手に入れました」と実績を強調しようとする人は多くいます。ところが、転職先となるその会社で「将来、こういったことに挑戦したい」「こういうような業務内容ならぜひ貢献できるはず」と未来形として自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 退職|転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメール連絡が何度も入ります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。これについて何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職させることが業務だといえるので、非常に積極的にアプローチしてきます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業からお金がもらえる仕組みといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。加えて、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出たすぐ後に、入社を強くすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように注意しなければいけません。

  • 退職|クールビズの格好をして再就職の面接会場に行こうとする際には…

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に臨むときには、いくらなんでもジャケットは着ていかなくても大丈夫だと間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが間違いありません。ネクタイの着用はなくても良いとする企業もある確率もなくはないです。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズであろうと身だしなみとしてするべきだと考えている企業がある程度あります。ですから、クールビズの恰好でもネクタイだけは着用して面接した方がベストであるということを知っておいてそんはありません。

  • 退職|もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」に・・

  • 仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んで再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。最近では転職サイトを用いれば、地方での求人情報にもいつでも容易にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人は都心のような選択肢は期待できないので、それがマイナスといえます。したがって転職サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの有無もチェックすると良いでしょう。

  • 将来転職活動をされるなら、良いと思える求人(業種)を見た際に…

  • 今後転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業種)を見付けるたびに逐一、「〇〇業、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のマイナス点は、知らせてもらえません。ネットで調べればネット検索で一発で実態を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイから人の出入りが激しい」というケースがかなり多くあります。気になる案件・業種については、注意したほうが賢明です。

  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を面接の際にチェックしておいたほうが良いです。過去に私は出産のため抜けた人の代わりに正社員として入社したのですが、土日が固定シフトで新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた人が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更の必要があり上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアしたため、担当者から面接日時を告げられました。

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日して面接の日時について先方から連絡をもらい、ですが、当日、指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待っていると、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、非常にだるそうな対応の状態のまま面接は終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこでふたたび、問い合わせたところ、「残念ですが不採用になりました」、と一方的に電話を切られてしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、本当は、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを用いて、…

  • 転職エージェントと転職サイトを通じて、転職活動される人は今では普通になってきました。さらに、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、加えて転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加することで多くの企業に関する情報を得ることができ、それだけでなく、説明員等の雰囲気から、企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、これも面接のうちだと思ってしっかりと自分をアピールしましょう。それが奏功してフェアの期間中に企業側から良い人材と見なされれば、その後応募して採用面接でかなり有利なはずです。