退職|私は20代までに転職2回で、現在、資格を取るべく派遣社員で働いています。

私は20代の時点で転職を2回し、そして今、資格の勉強をしなが…

  • 私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、複数の資格をとるために、派遣社員として働いています。フルタイム勤務でないため、給料は安くなりました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。資格を活かしている人を見ると少し羨ましさを見えたりもします。以前までは自分と比べてしまうことが何度か劣等感を感じることもありました。今では結婚を契機に私の生活自体が大きく変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。
  • 退職|再就職の際の面接では、中堅企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

  • 再就職時の面接では、中堅企業クラスの場合、ほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外の場合もあります。具体的には、一緒に仕事をする作業部署の一番偉い人、かいつまんで言えば管理職クラスである部長や課長が当たることになるでしょう。とくに営業系や事務系の場合は、資格などという具体的なイメージはありませんので、自信をもって自分自身を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この候補者は、きちんと自己主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 退職|転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。しかしながら、忙しく働きつつ求人を調べながら応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にもきついものがありますよね。転職活動中は、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておきましょう。
  • 転職をするなら、仕事のやりがいアップも大事だけどそれにとどまら・・

  • 転職先を決めるとき、もちろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけど加えて給料が上がることも大切なので「年収比較サイト」に登録していろいろと調べています。全く同一の会社で全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅がある場合も複数あり、ぶっちゃけ面接の際質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物について誰だろうとだいたいは予想がついてるんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • この頃では、株・不動産投資の不労所得で収入を得たり、…

  • 昨今では、株式・不動産投資などといった不労所得、あるいは個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そのような世の中の変化もあるせいか、雇用されて働くことが世の習いというわけではなくなってきているようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、将来的に不安定な株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが大いに安定性にすぐれ、人生の「花形」として世の中に認知されていました。過去はありますが、現代は「成熟期」とも表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、転職を決意しました。最初はしばらくの間悩み、辛い気持ちでした。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人ばかりであると自身の転職活動のなかで理解したことで、無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。転職を経験すると徐々に体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」を考えるのが前向きに過ごせるようになりました。やはり「続けてこそ意味がある」というような転職を否定する意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職してみるも大事だと思いました。
  • 生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくてももらえると思っている人・・

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人がとても多いですが、それは誤りです。本当は、きちんと受け続けるためには、職探しを行っていることが必要で、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況を報告して本気で仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。その反対に、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、アッサリと給付を一時的に止められたり、ときにはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう注意しておきましょう。
  • 退職|このあいだ転職したばかりなのに、あっという間に辞めてしまうことを決断する・・

  • 2ヶ月まえに、転職したというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースが意外にもよく見受けられます。私の思うところは新たな気持で新しい仕事環境に飛び込んだものの、「自分自身の考えていた職場環境と堪えられほど違っていた」「職場が受け入れられなかった」ということで別の仕事を探すみたいです。こういった、転職先選びで繰り返さないために、初歩として、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、など多角的に事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 今年中に転職活動を始める際に次までの仕事にある程度期間がある方・・

  • 転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては働いている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。さらに支給される「失業手当」の金額は、最後となる月の直近の給料をもとに手当の額を算出されるので、働いている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 退職|新しく就いた職場で過去の実力を活かせられれば、即戦力として周囲から迎えら・・

  • 新たな職場で自身のこれまでの実力を活用できれば、即戦力となってじきに職場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり会社側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、そんなに難易度は高くありません。それに加えて過去の仕事内容と似たような業種であれば、転職はとても楽となります。かと言って、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系、公職については、時代に関係なく、かなりの競争率になることを肝に銘じておきましょう。
  • 転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。大多数の企業は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事なポイントになってきます。単に記入するだけでなく、記載内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き綴りましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など分かるように書いておきましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用するのも一つの手です。
  • 退職|大規模な転職エージェントに限って、たくさんの案件を抱えて・・

  • 「就職エージェント」大手には、多種多様な案件を抱えているという強みがあるといえますが、しかし、同時に転職希望するライバルも多くいることになります。それゆえ応募希望の会社があっても、あなたの担当者が無理だと判断すれば応募してくれないこともザラですし、企業から見てあなたより高く評価されるライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。大手エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い応募しがたいので、方針を変えて中小規模のエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。
  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。そのときに曖昧な表現をしていると、上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて結局、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたいということを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際ではなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。本音はちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての前の会社に対しての信頼はなくなりました。
  • 退職|このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。サイトで何の気なしに条件のよい仕事を見つけて問い合わせてみると「その仕事はもう他の人の採用が内定しています」という答えられ一瞬サイトからも仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日になれば元通りに掲載されています。これって結局は私だとよくないのっていう意味ですよね。それなら初めからプライドを傷つけない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまた偽の仕事なのでしょうか?
  • 退職|現在の職場や業務について不満の中に、「自分の持っているスキル・能…

  • 今現在の職場や業務内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。「自分のスキルや能力を真摯に評価してもらえない」ゆえに、「報酬アップもないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人が少なくありません。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、自らの持っている技量を過大評価していることもあります。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職がうまくいかないおそれがあるので、要注意です。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで転職活動で好結果を出すためには、自分のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。
  • 知人の話です。就職活動を始めて新卒の就職活動で絶対に入社したかっ・・

  • こういう転職という話は兄の友達の話です。始めに新卒時の就職でどうしても就職したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、それから後嫌々ながら違う会社に入りました。それから数年過ぎた後派遣の求人サイトをチェックする中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、どうにかしたくなり当時働いていた会社を即退職して、A社で派遣の勤務を開始、勇気がありますね。必死のパッチで頑張ってその先なんとかA社で正社員になり、現在ではやりがいを持って楽しく働いています。