退職|転職のための採用面接にとある会社に赴きました。

退職|転職における面接にある会社に行ったときのことです。

  • 転職の採用面接を受けるためある会社に伺ったときのことです。たまたま会社の部屋が空いていないとのことで外部の会場で待ち合わせて面接をして、そのまま解散して、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。なので電車の中においても面接官とずっとお話をしながらいっしょに帰宅することとなって、結果として打ち解けて面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか何事もなく採用を掴み取ることができました。
  • このように今の時代の企業の労働背景の慌ただしい変移を…

  • 最近の雇用事情の慌ただしい変化において、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若年層ほど敏感に感じ取っているようです。自らのキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。そんなわけで、働き手の「流動化」が年々増えてきているので、より一層、この先、世代に関わらず転職の注目が増加すると考えられます。労働力の「流動化」によって会社の転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて事実、転職が難しい時代でもあったのです。ところが、時代の流れとともに現在の仕事だけに執着する必要が段々と薄れてきています。
  • 退職|失業者がもらえる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、…

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、延々と給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、知らないで失業中である限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に職を探しても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。面接担当者が馬鹿である場合を除いて「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった点は大よその想像が付く。状況によっては、面接の時にそういった質問をされるキケンもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 退職|先日新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に行きました。

  • 昨日転職先の会社を探すために人材会社へと登録に行きました。そのとき登録カウンセリングをするために現れた担当者がどうも社会人経験の少ない社員のようで、私の説明の2分の1もその社員はわかっていない様子。それなのに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みをはっきりとさせる必要があります」等、専門家のように偉そうにしゃべるのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセラーは多少は仕事の経験がある社員にしてほしいものです。
  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、もし一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、年収400万の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど場合ありえません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。
  • 最近はPCやスマホを使えばインターネットで見られる世界に・・

  • 最近はPCで調べればインターネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しています。その数限りないサイトから自分の目的にあった転職先というのを見いだすにはとりあえず情報収集です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、スムーズな転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。
  • 退職|在職中は極力バレないように(ちなみに私のときは)雇用中・・

  • 就労中には、状況が許す限り、周りの人に悟られないよう、(私の転職活動では)就労期間中に転社する考えのみ早期に周りの人に話してみました。けれど、その後転職サイトを散々見たものの、就職先や転職時期も何も煮詰まっていないままダラダラと時間だけが経過してしまいました。そしてその一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な状況になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したのち、次の就業先を探す流れになりました。
  • 退職|もしも転職するのなら、事前に資格を取るのがおすすめです。

  • もしも転職を考えているのなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておけば、転職活動の際でそれを生かせることができるので、新しい職場も探しやすくなります。そんなわけで、資格取得するなら、在職期間中にベストなタイミングです。もしあなたが将来を見据え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく次に進めます。さらには、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接のときには面接担当者に戦力として使えるとみなされ、それまでの職場より待遇アップも期待できます。
  • 退職|転職にも何もかもが首尾よくいく確証はありません。

  • 実際に、転職活動をはじめたとしてもあらゆることが順調にいくという保証はどこにもありません。可能であれば、いつか、転職しようと思っているならあなた自身が若いうちにできるだけ早く転職を試みるべきでしょう。大半の場合、20代のうちは結果が出やすいですが、30代後半~40代を迎えると転職結果は、たいへん厳しいものと理解しておくべきです。重要な役職を担当している場合、転職したいと思い立っても、今の会社に籍を置くことも選択項目から外さないほうが良いです。つまり、退社してから転職活動するよりも、今の会社には残ったまま時間をかけてじっくり探すほうが賢明といえます。
  • 退職|将来、ぐんぐんと短絡的な労働は機械化が進み、当然のことながら…

  • この先、着実に短絡的な労働は機械に変更されていき結果として、人員はどう考えても縮小していきます。そのワケは、単純労働はヒトよりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。数量を計測したり、同じ手順を延々と繰り返すことは、機械では当然何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わず、疲れ知らず、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。さらに、給与も発生しません。ですので、生身の人間を使う意味がまったく無いので機械化の流れは当然の流れなのです。
  • 退職|今の自分のスキルをふまえて就職活動する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業・・

  • 今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える際は、再就職し易い業界と比較的、再就職が難しいジャンルがある事を知っておくことは大切です。再就職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」が、代表的といえます。医療や介護では、看護師および介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、様々な事情により、異業種に再就職したいと考えているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は現業界よりも少なく、というわけで、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。
  • そのうち転職活動を希望しているのなら、今の仕事や…

  • 明日からでも転職活動を希望しているのなら、現状の仕事や業務の何に不満を感じているのかを明確にしておいた方が良いです。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不満な点があるから転職しようと思っているはずです。が、「現状である仕事・業務の客観的に考えた不満なことを明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは可能です。
  • 退職|転職活動は、企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」…

  • 転職活動で大事なことは希望している企業そのものよりも、正確には「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。其のためには、まずは普段通りを意識して冷静に、焦る気持ちににならないように、出来ればお見合いのような気分でいる望むと良いかもしれません。面接に進むとまずはあなたの人となりをチェックされてしまうので悪い印象を与える言動は気をつけてやめましょう。常識的な社会人らしく清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 退職|再就職での面接などの時に担当者に名刺を渡された場合…

  • 転職での面接などの時に名刺を渡してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ場合は、たいがいは差し出さないもの、と思っておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の延長上のことではなくて、採用活動の一環なので、ほとんどの場合は名刺を交換する場ではありません。また、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。したがって、相手から名刺を渡されたとしても、あなたのほうはもらうだけで大丈夫で、担当者に相手に渡す義務はまったくないと思います。
  • 転社を繰り返さないための対策は、シンプルです。

  • 転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。さらには、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強くすることができます。たとえばズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も生活習慣も違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。どうしても、退職後はメンタルが弱気になりやすいので、これからのために休暇も必要です。
  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私が体験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食業界(レストラン)で勤務していた時期がありました。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もなく楽しんでいたのですが、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが引き金になり、退職することになったのですが、その影響からか、大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物も苦手になり、よく似た飲食店は現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた当初、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思い、それを実現させることは素敵なことですが、ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に自分に尋ねる必要がありそうです。