退職|転職のための採用面接に希望先の会社へ赴きました。

転職の採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。

転職時の採用面接に転職したい会社へ伺いました。その会社にある部屋が空いておらず会社外部で面接官と待ち合わせで面接をして、その場で解散、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。ですから電車の中でも面接担当者と一緒に話をしながらいっしょに帰ることとなって、お互いリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのか幸運にも採用を手に入れることができました。

退職|現代の労働環境の大きな変化に際して、働きざかりの世代の中・・

現代の企業の労働背景の激しい変化に関して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層ほど関心度が高いといわれています。大方、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。従って、サラリーマンや労働者といった労働市場の「流動化」が活性化しているので、より後々これらの傾向が高まっていくはずです。労働力の「流動化」が背景にあることで、転身することは至極当然のこととなっていくでしょう。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、転職者は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職しようにもうまくいかない人も多くあったのです。しかし時代が変化し今現在やっている会社のみに執着する必要も段々と薄れてきています。

退職|失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、もらえる期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて遊び続けている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦って就職先を見つけようとしてもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。もしかすると、面接の時に何をしていたか質問されることになり、しどろもどろになると不合格となるおそれもあるので要注意です。

先週転職の準備をしておこうと人材バンクに登録をしに足を運びました。

転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当の人の雰囲気がどうも入社して間もない新入社員のようで、私の話の3分の1もわかっていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」とか、上から目線で偉そうにのたまうので非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ仕事を経験している方にしてほしいと思います。

退職|就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はまず無理です。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

退職|最近はスマホで調べればネット上では、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの・・

パソコンを使えばネット上では、要するに「転職に関するサイト」に類するものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自分が求めている転職先と思えるのを探すためにも、まずは情報が大事ですから収集です。「転職サイト」を上手く使いこなすことで、効率的に転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。

在職期間中なら、極力会社内の人に気づかれないよう・・

就労期間にあるときは、出来るだけ内密に、(私の例ですが)在職中に転社の意図のみを早いタイミングで社内の人間に言ってみたことがあります。にもかかわらず、その後に転職情報を色々と見たものの、予想に反して就職する時期など、無鉄砲に決まらないまま、時間を空費する結果に。そしてその傍ら、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。

退職|もし将来、転職したいと考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。

もしもあなたが転職される場合は、事前に資格を取るのがおすすめです。また、仕事を続けているうちに、資格を取得しておけば、転職の際にそれを有効活用できるので、新しい仕事も探しやすくなります。といったわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がベストタイミングといえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の仕事に別れを告げても悔やむことなく次に進めます。また、資格によって転職先での面接時に面接官に「即戦力」と見なされ、それまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

転職をしようと考えていても万事首尾よく運ぶという保証はありません。

転職しようとしても何もかもが首尾よくいく保証はありません。それはいずれにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに行動しておくべきです。平均としてみると、30代前半までは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職というのは難しくなるのが普通です。もしも、要職に就いているのなら、転職を意識していても今の会社に籍を置くことも選択項目に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動をするよりも、今の仕事は続けながらじっくり探すほうが良いでしょう。

近い将来、私たちの労働環境において一段と思考を必要としない労働は…

近い将来、単純労働は機械化が進歩していき結果として、労働力は減少していきます。どうしてかというと、単純作業は人より機械でやったほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業を繰り返すことは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句を言わず、ペースが変わらないし、不正行為をすることもないし、早いしそれを均一化できます。さらには、「人件費」が発生しないのも違いですね。人間を使う意味が無いため、機械化の流れは必然といえるでしょう。

退職|今ある自分のスキルを活かしつつ、就職活動を検討する場合は、…

自分のスキルが有利にはたらくように転職する場合、再就職がしやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を事前に知っておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材が不足している「医療・介護」が、最たる例です。医療や介護の業種では看護師および介護士は「資格」を必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、諸事情によって、異業種へ転職したいと思っているのなら、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、人材の流動性は決して高くはないのです。したがって、安易に考えないことが大切です。異業種への転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|そのうちでも転職しようと考えるのなら、直近の業務や・・

そのうち転職活動をするに当たっては、現在の業務や業務での不満に思う部分を洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「きちんといまある業務や仕事の不満なことを明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことができると思います。

スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」・・

最短で転職したい場合は企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として面接だからといって焦らずに対応することを心がけましょう。出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる望むと良いでしょう。面接官に対しては最も最初にあなたの内面的な部分を見られるので悪い評価になるような態度は注意しぜったいに控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した綺麗な服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

再就職の面接などにおいてもし名刺を渡された場合、あなたも名刺を相・・

転職の面接などの場面で面接担当者が名刺を手渡してきたら、あなたも同じように名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、基本的には渡す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。面接においては仕事ではなく、採用活動の一部です。ですから大体は名刺を交換する時間ではないのです。かつ、会社の人としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。要するに、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらにおいては受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげる責任はまったくないと推測できます。

退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

転職を度々しないためには、少しコツがいります。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、メンタル面を鍛えられます。それは、海外への旅行です。海外に行くと、日本とは違う様々な文化があり、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職後しばらくの間は精神的に弱くなりがちなので、心の回復のために休暇も必要です。

自分の好き、を仕事にしたいと思っている方は要注意です。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが趣味だったのですが、過去には、レストランで勤務していたことがあります。そのお店での仕事内容は、その飲食店で私が任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんでいたのですが、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが引き金になって、仕事をやめることにしたのですが、そのせいで、あんなに好きだった食べることやその店でメニューとして提供していた食べ物さえも苦手になり、同ジャンルの店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことですが、しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり尋ねる必要がありそうです。